FC2ブログ

きっちんほっと・yr ~福島県耶麻郡猪苗代町~

猪苗代湖畔長浜で渡り鳥達に遊んで貰った帰り足、遅い昼食をどこで摂ろうかと思案しました。 17時になると洒落たCafeは勿論、食堂系のお店もほぼ閉店してしまう猪苗代町ですので、思い付くお店と言えばこちら。

きっちんほっと・yr

川桁町で夜も営業している稀少なレストラン「きっちんほっと・yr」さんが筆頭ですΨ( ̄∇ ̄)Ψ 実は昨年は1回しか潜入出来なかったのですが、夜の部で2回フラれていたんです( ̄▽ ̄i)ゝ 昼の部営業で売り尽くしとなるのはご繁昌の証ですから、何よりの事ですが、お店に明かりが灯っていた時は嬉しかった(〃∇〃)

「オムライス (800円)」 (サラダ、味噌汁、ミニデザート付き)

きっちんほっと・yr オムライス

ここの「カツレツ」があまりに美味しすぎて、それ以外を所望した事が無かったのですが、今回はお友達からの強いお薦めもあり、「オムライス」を所望してみました。

贅沢にも特製のデミグラスソースがたっぷりと掛けられた「オムライス」は、オムレツのふっくら具合が垣間見るだけでも伝わって来ます。

きっちんほっと・yr シーフードサラダ

この日のサラダは、ちょっと贅沢に「シーフードサラダ」が誂えられていました。 多分ドレッシングも自家調整かなぁ~ サラリとしながらビネガーの効きがよい美味しいドレッシングで、シーフードも楽しめました。

きっちんほっと・yr 味噌汁

共添えされるお味噌汁は、蕎麦の実アラレ入りというのもいつものスタイル。 クリーミーな溶き卵の舌触りに蕎麦アラレのコリッとした歯触りがあります。

きっちんほっと・yr オムライス

キッチンから漂って来ていたステキなケチャップ炒めの香りは、このフワフワオムレツの下に潜んでいます。

きっちんほっと・yr オムライス

デミグラスソースに生クリームも配されていて、もう隙のないオムライスじゃないですか♪

スプーンを入れて口に運べば、

きっちんほっと・yr オムライス

わわわわ?! なんじゃこりゃぁ~!((ノ)゚ω(ヾ))

と言う程のフワトロオムレツ! しっとりと滑らかに仕立てられたケチャップライスと、フワトロオムレツが瞬時に一体化し、濃醇な旨味のあるデミグラスソースが口中に広がります。

ほぼ噛む必要がないほどシルキー&ジューシーな口当たりなのですが、それでも咀嚼をしてもると、更にそれらが渾然一体となり、更には口の中で膨張するかのように膨らんで来る印象さえあります(〇o〇;)

正直なところあまりフワトロオムレツ自体を食べ慣れていいませんが、記憶に残るような食体験を致しました。 なるほどこれはお友達が推してくる訳です(o^-^o)




きっちんほっと・yr
福島県耶麻郡猪苗代町大字川桁字新屋敷3463-1
電話;0242-66-2655
営業時間;【昼の部】11:00~14:00 【夜の部】17:00~20:00
         ※事前連絡で柔軟に対応して貰えそうです
定休日;木曜日
駐車場;指定駐車場5台


 

NOODLE CAFE SAMURAI ~福島県郡山市駅前~

駅前交差点の角地で、Cafe調店舗を構えるNOODLE CAFE SAMURAI」さんを訪問しました。 駅前一等地が故に、なかなか訪問出来ないお店ですが、駅前界隈で“おいしいラーメン”を食べたくなったなら、真っ先に候補に挙げるべき優良店です(o^-^o)

麺量は普通盛でも大盛でも同額で供されています。 券売機で所望品を発券して手渡すと、麺量を聞いてくれます。 ありがたや、ありがたや(ノ´∀`*)

「シャモロック塩そば 大盛 (800円+0円)」

NOODLE CAFE SAMURAI シャモロック塩そば 大盛

Cafe調店舗の雰囲気に相応しく、洒落っ気のある白地のアサガオ型丼が使われ、彩りも良くキレイな盛りつけです。

NOODLE CAFE SAMURAI シャモロック塩そば 大盛

やはり目を惹くのは低温調理の豚肩ロースチャーシューです。 花弁巻にされているから、尚のこと視覚的なアピール度も高いです。 当然ながら柔らかさは格別。 塩味がお肉に染み渡っていますので、単独で食べても美味しいです。

NOODLE CAFE SAMURAI シャモロック塩そば 大盛

鶏胸肉のチャーシューにはハーブ鶏が使われているそうで、こちらもふっくらとした歯触りと、パサつきの全く無いしっとりとした舌触りのある豊かな味わいです。

NOODLE CAFE SAMURAI シャモロック塩そば 大盛

青森シャモロックの出汁は、チー油油膜はそんなに厚くありませんが、鶏の香り立ちは確かで、なかなか風味豊かに伝わります。 塩味のタッチに甘味があり、心もち抑え加減にチューンされた塩分濃度が、スープの後味に軽快感を感じさせます。

ベビーリーフに紫玉ネギのみじん切り、穂先メンマが載せられており、割とシンプルなスープに多様な味香を演出しています。

NOODLE CAFE SAMURAI シャモロック塩そば 大盛

ザクっとした食感の低加水細麺は富多屋生麺のもの。 張りのある歯切れの食感が最後まで続き、スープの持ち上げもなかなか良い感じです。 やや大人し目のスープと、ザクザク食感麺を交互に口に運べば、丁度良い位に最後までバランス良く頂けました。




NOODLE CAFE SAMURAI
福島県郡山市駅前1-7-9 安斎ビル1階
電話;024-953-4447
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~21:00 (LO 20:30) 【日曜日】11:00~15:00 ※スープがなくなり次第終了
定休日:第2火曜日


 

チャイニーズレストラン みかど ~福島県郡山市方八町~

昨年秋以来、久しぶりに「チャイニーズレストラン みかど」さんを訪問しました。 夕刻近くだったので、この日も厨房には初代のお姿が♪(〃∇〃) 手練れの料理人さんの味を頂けるのは、とてもありがたく感じる今日この頃でございます。

「五目そば (通常816円のところ691円)」 ※日替わりサービスメニュー

みかど 五目そば

久々に「五目そば」を頂きましたが、やっぱり期待を裏切らない美味しさでしたヽ( ̄▽ ̄)ノ 明るいアンバーがかった醤油味スープに、オイスターソースの旨味が活かされた五目餡の相乗効果で、徹頭徹尾のウマウマです。

みかど 五目そば

絹さやの青味も鮮やかなトッピングのされた五目餡には、豚肉、ハム、キャベツ、ニンジン、タケノコの水煮、キクラゲ、烏賊外足といった具材が炒め煮されていて、見栄えの良さも考えられたイカ、エビ、ウズラの卵の水煮は、餡の上に載るように配置されるきめ細かさです。

みかど 五目そば

ベーススープは汎用性が求められるので、鶏ガラベースに香味野菜が炊き込まれたもの。 旨味は柔らかく、特に野菜からのナチュラルな甘味に滋味さえ感じます。 油膜はラーメン専業店さんのスープに比べたらだいぶ少なく、醤油ダレも割と穏やかな感じです。

そこに旨味たっぷりの五目餡と具材が加算されますので、予定調和が如きに隙のない美味しさが広がりますよ( *´艸`)

みかど 五目そば

麺は典型的な多加水中麺の中華麺。 ややカンスイ多目なところも、伝統的と言うべきでしょうか。 ツルツルとした滑らかな舌触りと、噛めば弾力を伝えてくるようなコシもあり、なかなか伸び難い麺です。 そこに甘じょっぱく旨味のある五目餡がトロリと絡んでくれますので、口の中は幸せ一杯と相成りますよ♪




チャイニーズレストラン みかど
福島県郡山市方八町2-19-10
電話;024-944-8338
営業時間;11:00~21:00
     ※お得なランチタイム;11:00~15:00
定休日;木曜日
駐車場;30台


 

中華食堂 秋 ~福島県郡山市新屋敷~

インター線沿いで駐車場もたっぷりな上、お手頃で美味しい「中華食堂 秋」さんに、今年初の訪問ですΨ( ̄∇ ̄)Ψ 夜の部が17:00からというのは、ボクにとっては至極ありがたく、シーズン毎に入れ替わるメニューもお楽しみなんです。

「五目ヤキソバ (850円)」

中華食堂 秋 五目ヤキソバ

今回はレギュラーメニューから1年ぶりの「五目ヤキソバ」を選びました。 なかなかデカい丸皿に盛られるのですが、麺が全て五目餡に覆い尽くされていて見えません。

中華食堂 秋 五目ヤキソバ

餡の量が多いと言うよりも、具材のボリュームの方が際立つビジュアル。 割と多いのは醤油味の餡の方が目立つ盛り付けだと思いますが、「中華食堂 秋」さんでは、ご覧の通り餡の色映えが分からないほどww 餡と具材の下克上ですな♪(〃∇〃)

中華食堂 秋 ワカメスープ

共添えのワカメスープはカエシの色合いが濃く、中華料理店さんとしては珍しい“漆黒系ワカメスープ”ですねヾ(^▽^*

多分オリジナルメニューの「秋そば」の和風っぽいカエシで醤油の味わい豊かに表現しているのだと思います。 そこに粗挽き黒コショウの風味とホットさがアクセントに添えられていて、そのまま茹で上げ麺を泳がせても美味しいかもですね(´∀`艸)

中華食堂 秋 五目ヤキソバ

多様な具材を挙げてみれば、豚ロース肉、白菜、人参、青菜、タケノコの水煮、肉厚なキクラゲ、エビ、ウズラの卵の水煮など。 先述の通り大量の具材ですので、そこから引き出される旨味と甘味も多くなります。 餡の味付けにあまり甘味を加えなくても、野菜などからの甘味がナチュラルに広がり、サラリと効かされた醤油味とともに、それは大変美味しゅうございます(ノ´∀`*)

中華食堂 秋 五目ヤキソバ

麺は中麺タイプの多加水縮れ麺。 茹で上げてから焼き付けがされますが、割としっかりと焼き付けがされていて、カリッとするほどの部位から蓄熱して熱々の部位まで、幅広い食感が与えられています。 相対的に餡が少な目で具材が主役ですので、麺はなかなかしんなりとならずに、その食感は最後まで保たれるのも個性と言えますね(o^-^o)

麺、具材共になかなかのボリュームですので、普通盛りでも存分にハライッパイの幸せが満喫出来ちゃいますよ(#^.^#)

中華食堂 秋 海鮮卵炒め

と、春メニューのプロトタイプのお振る舞いを頂きました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ 正式なメニューの名前は聞き漏らしちゃいましたが、イカと海老の海鮮素材に青菜、タケノコの水煮、肉厚キクラゲと卵を炒め合わせ、白餡仕様で纏められています。 白コショウの少しピリリとした辛味がディテールを引き締め、素材の美味しさで口福になれるお料理でした。

冬はまだこれからが本番ですが、店主さんの目線は既にその先へと向けられているようですね。 今年も通わせて頂きますヽ( ̄▽ ̄)ノ




中華食堂 秋
福島県郡山市新屋敷2丁目131
電話;024-954-5151
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~21:00
定休日;火曜日
駐車場;養老乃瀧郡山富田店さんと供用


 

かつや 福島郡山インター店 ~福島県郡山市下亀田~

食事処やラーメン店さんの定休日が集中する“魔の水曜日”にあたり、危うくランチ・ジプシーになりかけました(;´Д`) 配達先の駐車場でしばし考える。 すぐ近所には名店と謳われるラーメン店さんもあるけれど、定休日だったり夜の部営業開始前だったりで行くに行けない(o´_`o)ハァ・・・

と、そこで思い出したのが「かつや」でした。 年末あたりだったかに新聞折込広告が入っていて、掲載されていた限定メニューを思い出したんですね。 果たして想像通りか否か、軽く勝負を掛けてみますΨ( ̄∇ ̄)Ψ

「鶏つくね味噌かつ丼+とん汁 大 (637円+172円-100円)」 ※100円お値引きクーポン利用

かつや 鶏つくね味噌かつ丼

ネギダクトッピングに少し驚きましたが、このネギがあっての味噌かつ丼でした(o^-^o) 味噌ダレは名古屋風のメリハリの効いた、パンチのある味わいを期待していたのですが、さすがにそこまでは攻めきれなかったみたいです(;^ω^)

かつや 鶏つくね味噌かつ丼

揚げ立ての鶏つくねカツが3個付け。 それらを半切りにカットして、合計6切れにポーション化しています。 ストレートに味噌ダレで煮て、溶き卵で綴じられているようです。

かつや 鶏つくね味噌かつ丼

赤味噌ベースの味噌ダレは、先述の通り名古屋タイプまでは攻めきらず、65点狙いだったのか圧倒的に味わいを牽引するってほどの甘辛さのインパクトはありません。 でもやはり味噌ダレですので、味目自体は濃くなるってもの。 そこに溶き卵での煮固めが加わるので、卵黄の濃厚さが加わり鈍重な印象に陥っています。

かつや とん汁(大)

そこを突いてと言う訳では無く、単に「かつやのとん汁を味わってみたい」だけで加えて置いた「とん汁 大」が思わぬ活躍ww とん汁自体に強烈な印象は無いのですが、少し煮詰まり気味な家庭のとん汁っぽい味わいは悪くありません(#^.^#)

かつや 鶏つくね味噌かつ丼

これ「鶏つくねカツ」の切り口なのですが、「つくね」らしく軟骨のコリッとした歯触りが伝わって来たり、ふっくらとした揚げ上がりは、至って「つくね」らしい誂えです。 ところが味噌ダレがしっかりと染み込んでしまうのが仇になり、どこを食べても味噌ダレの鈍重さが付きまといました。

刻み青ネギの爽味と「とん汁」が無かったら、半分も行かないうちにギブしていたかも(>▽<;; 差額を支払っても良いので、普通にトンカツやチキンカツに名古屋風味噌ダレって味わいを楽しませて欲しいな。