喜多方ラーメンフェスタ 2018 「福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊」

もう開催から一週間が経過しちゃいましたけど、愉しいイベントだったなぁ~(#^.^#) 行政と民間、そしてイベントを成功させようとする沢山の意志が結実した、素晴らしい催しでした。

出店社のお手伝いにはアルバイトさんの他に、中学生ボランティアが大活躍でした。 職業選択のイメージが膨らむと思いますし、地元を盛り上げることに若い内に参加のキッカケを持つのはとても良いことだと思います。 多分、中学校も何らかのカタチでボランティア募集のお手伝いを担っていたと思うのですが、普通ならなかなか協力が得られないものだと思います。 喜多方イイネ!(>▽<)b

喜多方ラーメンフェスタ2018 福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊

6店全店制覇も出来ない事は無かったのですが、もうそろそろ無理の利かないお年頃(ショロー?)になって参りましたので、慣れ親しんでいる「福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊」で〆にするとします。

「福島鶏白湯 特製盛り (600円+300円)」 ※基本価格はイベント均一価格

喜多方ラーメンフェスタ2018 福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊 「福島鶏白湯 特製盛り」

もうね、ラス一杯って決めちゃったから、後を必要無いでしょo(@^◇^@)o フィナーレは全部載せになる“特製盛りCALL”しちゃいましたよ♪

喜多方ラーメンフェスタ2018 福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊 「福島鶏白湯 特製盛り」

そしたら既に味玉が売り切れてたって事で、代わりにバラチャー盛りになっていて、これまたすんげぇ~事になったった(〃∇〃)

喜多方ラーメンフェスタ2018 福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊 「福島鶏白湯 特製盛り」

あっさり軽快な鶏白湯は、鶏出汁とチー油のフィット感も良く、サラッと滑らかクリーミーなのに、じんわりと旨味が口中に染み渡ります。

喜多方ラーメンフェスタ2018 福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊 「福島鶏白湯 特製盛り」

低加水タイプのストレート細麺は、ザクッとした歯切れの食感が伝わって来ます。 麺を手繰ればスープが絡み取られるように口の中まで運び上げられます。 だから常にスープと麺が一緒にあって、よそ事を考えることなく美味しく食べる事だけに集中出来ちゃうんです。 更に終盤には麺からのグルテンがトロミとなって、旨味の一体感にますます唸らされます。

訪問する度に恐れ入るのは、地元「喜多方老麺会」のブースです。 常に地元不利と言われるラーメンイベントにあって、招待出店社に互するどころか、上回るほどの人気と行列を作るのです。 喜多方の地元愛とラーメン愛を見せつけられます(⌒▽⌒;) 

無芸の朝スパ

昨年末あたりからのイエメシが大分溜まってきたので、私的忘却禄として記録を挙げておきます。 「無芸庵大食亭」は家族限定提供です(o^-^o)

「無芸作 タラコのクリームスパゲッティー」

無芸作 タラコのクリームスパゲッティー

生クリームではなく、牛乳とマスカルポーネチーズで、少しツユダク気味に仕立てます。 少量ながら、昆布味の出汁醤油を加えておくと、より安定の美味しさが楽しめますよ( v^-゜)♪

「無芸作 鍋焼きうどん」

無芸作 鍋焼きうどん

無芸大食倅が使っていた“お一人様用土鍋”がやってきたので、いつか使ってみようと思ってました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ 平日の朝食に鍋焼きうどんww 出汁は勿論、愛して止まない“出汁マイスター”のスペシャルから引いて頂きました。

「無芸作 角煮の煮汁で味付けしちゃった豚挽肉のスパゲッティー」

無芸作 角煮の煮汁で味付けしちゃった豚挽肉のスパゲッティ

今年も正月に作った豚角煮でしたが、肉がパサついてしまいました(´。•ㅅ•。`) その代わりと言うべきか、煮汁が旨味凝縮でメチャ美味くなっちまいましたΣ(゜▽゜;) 煮汁を作る為に豚バラ肉を炊いてしまったようなもんですわ(ノд`@)アイター

ではその肉汁&旨味を余すところ無く頂きましょうや、と言う事で、豚挽肉のスパゲッティーの味付けに( *´艸`) ドッサリと大根おろしを添えて、三つ葉と七味唐辛子で頂きました。

「無芸作 ミートボールのスパゲッティー」

無芸作 ミートボールのスパゲッティ

美味しく楽しんでいた某大手メーカーのチルド肉団子が、いよいよだいありーが切れそうになっていたので、トマトソースとケチャップ、バルサミコなどでなんちゃってイタリアン仕立てに(o^-^o)

「無芸作 牡蠣としめじのマスカルポーネ・クリーム・スパゲッティー」

無芸作 牡蠣としめじのマスカルポーネ・クリーム・スパゲッティ

昼食に作ったやつですが、何と言う事は無く、牡蠣が恐ろしく安価で売り尽くしが掛けられていたん♪(〃∇〃) いっそのこと大人買いして、「今夜はカキフパーティーでも開こうかしらん?σ( ̄、 ̄=)」って思ったほど。 たま~~に、出モノに当たると嬉しい鳩スーパー♪

「無芸作 スパゲッティー・ミートソース」

無芸作 スパゲッティ・ミートソース

たまぁ~~に正統派のミートソースも食べたくなる( *´艸`) 最近はトマトピューレのフルーティーさや酸味が活きるように、さっぱりテイストが好みです。

「無芸作 ベーコンとマッシュルームのチーズクリームスパゲッティー」

無芸作 ベーコンとマッシュルームのチーズクリームスパゲッティー

前日に鳩スーパーで、週末に山積みに展示販売されていた生マッシュルームが、遂に値崩れww 家内がラッキ~♪って買ってきたので、美味しく頂きました(* ̄∇ ̄)ノ

「無芸作 五目あんかけ焼そば」

無芸作 五目あんかけ焼そば

普段は好みの醤油味の味付けが主流ですが、珍しく塩仕立てにしてみました。 白菜もキャベツも高いねぇ~(@・艸・;)

「無芸作 回鍋肉」

無芸作 回鍋肉

白飯をガンガン食べたい時には、回鍋肉がイイ! 甜麺醤と豆板醤に辛子や砂糖などで濃ゆ~~い味加減にしますΨ( ̄∇ ̄)Ψ 肉は豚バラ必須で、脂身と回鍋肉のタレが絡み合った美味しさを満喫です。

「無芸作 ソーセージの辛いトマトソース・スパゲッティー」

無芸作 ソーセージの辛いトマトソース・スパゲッティ

愛用のトマトピューレにニンニク、鷹の爪、ドライハーブ、味の素のコンソメ、オリーヴオイルにチーズさえあれば、メインの具材は何でもOKですね(〃∇〃) ご飯と味噌汁みたいに”飽きない味”というものでしょうか。 

喜多方ラーメンフェスタ2018 「らぁ麺 やまぐち」

今年の「喜多方ラーメンフェスタ」には、会津が生んだラーメン界の巨匠「らぁ麺 やまぐち」さんが出店していました。 郡山市で開催された「福島ラーメンショー」には既に凱旋出店を果たしていましたが、本当に生まれ育った故郷・会津への凱旋出店は今回が初めてでした(o^-^o)

喜多方ラーメンフェスタ2018 らぁ麺 やまぐち

当然ながら地元の喜多方・会津の皆さんにとっては、郷土が誇る巨匠の味を満喫する素晴らしい好機ですので、こちらも終始行列が絶えることはありませんでした。

店主・山口裕史さんが世に問うた「鶏そば」で名を馳せる「らぁ麺 やまぐち」(新宿区西早稲田)に加えて、現在は麻辣愛好家のハートを射止めて止まない「らぁ麺 やまぐち 辣式」(江東区東陽)も開店し、二つの強烈な存在感を放つ名品がラーメンフリークに愛されています。

今回出品されたのは「らぁ麺 やまぐち」の原点である「鶏そば」ですΨ( ̄∇ ̄)Ψ 上京しなくても山口さんが作ってくれる「鶏そば」を頂けるなんて、嬉しさ以外の何ものでもありません(〃∇〃)

「鶏そば (600円)」 ※イベント均一価格

喜多方ラーメンフェスタ2018 らぁ麺 やまぐち 「鶏そば」

シンプルなルックスながら、スープ、醤油ダレ、麺、チャーシューなど、それぞれにきめ細かな技巧が凝らされています。

喜多方ラーメンフェスタ2018 らぁ麺 やまぐち 「鶏そば」

貴重な会津地鶏とニボシの旨味を、巧みに調整しています。 少しニボシの存在感が分かり易くビターさも演出されています。 醤油ダレの利かせ方もニクイほどの絶妙さで、風味や旨味が明瞭なだけではなく、半味のアクセントが込められています。

喜多方ラーメンフェスタ2018 らぁ麺 やまぐち 「鶏そば」

ゴリ押しな旨味ではなく、しっとりと品の良い味わいは、和食の技にも通じそうな高みを感じさせます。 チャーショーもしっとりとした食感に舌の上に旨味が感じられる仕立て上がりです。

喜多方ラーメンフェスタ2018 らぁ麺 やまぐち
【↑山口氏から撮影許可を頂いております↑】

僅か1分程度で茹で切られるストレート細麺は、軽妙な歯触りが心地好く、小麦粉の風味も伝わってくる、イベント出品作にあるまじきシロモノ(^_^;)

喜多方ラーメンフェスタ2018 らぁ麺 やまぐち 「鶏そば」

たっぷりとスープを纏って口の中がジャブジャブになるほどの持ち上げの良さ。 ザクザクと手繰れば至福の一時です(〃^ー^〃) 

地鶏ラーメン ありがとう ~福島県郡山市昭和~

前日に「喜多方ラーメンフェスタ」でラーメン三昧して来たのですが、この日もまたラーメンを食べちゃった(〃'∇'〃)ゝエヘヘ 旗日だったので仕事場一時閉店して、家内を連れて行きたかった「地鶏ラーメン ありがとう」さんへと参じました。

「塩ラーメン (650円)」 ※味玉ご馳走になっちゃいました(〃∇〃)

ありがとう 塩ラーメン

ほんの三年くらい前までは「塩ラ~の良さが良く分からないなぁ・・・o( ̄ー ̄;)ゞ」と言って憚らなかったボクが、今ではその垣根も完全に消え去り、“進んで食べたい塩ラ~”がいくつかあるようになりました。 その中の一杯がこの塩ラ~です♪

ありがとう 塩ラーメン

豚ロースチャーシューはいつも通りのクォリティー。 脂身ウマし! 肉ウマし! 程良く染み入るチャーダレウマし!と全く隙のない仕上がりです(o^-^o)

ありがとう 塩ラーメン

いつも感心してしまう美しく均一な切り幅のネギ。 辛味や臭みは控え目で、スープの風味をマスキングすることもなく、程良くスープの熱が加わってくると、柔らかさと甘味が舌の上に優しく感じられます。

ありがとう 塩ラーメン

半熟味玉は見事に黄身がトロトロ状態(*´艸`*)ァハ♪ 白身に移った醤油ダレの色から想像するような味の染み入り方はしておらず、意外にも柔らかなタッチの味付けです。

甘さをたたえた鶏出汁スープは、伊達鶏の胴ガラとモミジをメインに、昆布や貝出汁の旨味が加わっているらしいです。 スープの表層にはコラーゲン膜も見られますが、あくまでも軽快感を損なわない鶏出汁清湯スープです。

ありがとう 塩ラーメン

卵も練り込まれているという低加水タイプのストレート細麺は、心愉しい歯切れの食感と、スープをたっぷりと含んで口の中まで汲み上げてくれます。 最後まで麺の食感がユルくならないのも好印象。 昼の部の終わり際に訪問しましたが、味ブレも無く見事に調律されていましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ

「おめで鯛飯 (300円)」 ※月に一度の限定提供

ありがとう おめで鯛飯

昨年から何度か限定提供されていたスペシャルなサイドメニューに初めてありつけましたヽ( ̄▽ ̄)ノ だから敢えてのシンプルな塩ラ~を選んだのです( *´艸`)

ありがとう おめで鯛飯

程良い厚みに切り揃えられた鯛刺しが、焼きバラ海苔、小口ネギ、白ゴマの盛られた白飯の上に鎮座します。 ビジュアルもお見事ですね(o^-^o)

ありがとう おめで鯛飯

特製の塩ダレがワサビと共に添えられて来ます。 塩味のアタリが柔らかく、表層の油はもしかするとゴマ油ですかね? 焙煎香はそんなに感じられなかったですが、少量の油分はきっとマッチしますね。

ありがとう おめで鯛飯

こりゃあウマい!゚+.(ノ。’▽’)ノ*.オオォォ☆゚・:*☆

ご飯自体も美味しいですし、焼きバラ海苔の芳醇な香りも全然邪魔しないです。 それどころか食欲をソソられます! 食べ進めたところで塩ラ~のスープを足してみますと、これまた美味しさに変化が楽しめます。 これ、和食ですよヽ( ̄▽ ̄i) 罪作りだなぁ~




地鶏ラーメン ありがとう FACEBOOK
福島県郡山市昭和2-2-15
営業時間;【昼の部】 11:00~14:30 【夜の部】 17:00~20:00
定休日;月曜日
駐車場;店舗左側(4台)、店舗右側(2台 4番・6番)、福島銀行東側の指定駐車場(4台)


 

カジュアルダイニング えんび ~福島県郡山市桑野~

お馴染みの「カジュアルダイニング えんび」さんの、土曜特別営業にようやく初詣して参りましたっ!(*>∇<)ノ

カジュアルダイニング えんび

既に“えんびファン”には良く知れ渡っている通り、土曜特別営業は工藤シェフのお父さん、元・櫻喜マスターのお料理が頂けるスペシャル・ディです( *´艸`)

この日を特別な日として来店する“櫻喜ファン”も多いです。 厨房の中に二人の工藤シェフが立つ姿は胸アツ( ´Д⊂ヽ 親子競演と言うだけでなく、お二人のファンにとっては、まさにドリーム・チームでもありますヽ( ̄▽ ̄)ノ

「ま~ぼ~麺+半ライス (900円+100円)」

えんび ま~ぼ~麺

約一年半ぶりの再会が果たせました。 あの不朽の名作・櫻喜のマーボーメンが、櫻喜マスターの手により再び頂ける事の喜び(ノ´∀`*) 味の記憶ってのはこんなにも深い意義があるのですね!

えんび ま~ぼ~麺

例によって“血の池地獄”が如きラー油の大海に、香り高く、威風堂々と鎮座する櫻喜マスターの麻婆豆腐。 熱々の素ラーメンの上にドッと掛け盛りされた麻婆豆腐は、ラーメンの熱さでホットさがより一層引き立てられます。

まだ麻婆豆腐がスープでユルくならないうちに、早速マストな相棒半ライスに、伝家の宝刀・櫻喜の麻婆豆腐を・・・

オン・ザ・ライスぅ~~~!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

えんび 麻婆・オン・ザ・ライス

そりゃあもう、旨いのは保証付きな訳で、なにを望むかと言えば、散々楽しませて貰ってきた“櫻喜の味の記憶”との摺り合わせ(#^.^#)

えんび 麻婆・オン・ザ・ライス

熱々のスープの張られたラーメンの上にある時よりも、白飯の上に載せ替えされると俄然マイルドな味わいです。 でもちゃんとキリッと要所を締めた豆豉の塩味や、フルフルと瑞々しいお豆腐、「麻」よりも「辣」にアクセントあるシャープなホットさのある麻婆餡はいささかも輝きが薄れることはありません。

えんび ま~ぼ~麺

中華麺は多加水熟成タイプのストレート中麺。 これがまた、しっかりとした噛み心地を伝えてくるコシのある食感。 ここにシャープなホットさのある麻婆餡が絡んできます。 油断して啜ると、一発カウンターパンチを喰らって咽せる事もありますから、最初は逸るキモチを抑えつつ、ソロ~~リソロリと頂く事をお薦めしますv(o ̄∇ ̄o)♪




カジュアルダイニング えんび <FACEBOOK>
福島県郡山市桑野1-13-25
電話;024-925-6767
営業時間;【昼の部・月~金】10:30~15:00 (LO 14:30) 【夜の部】17:00~24:00 (LO 23:15)
定休日;日曜日
駐車場;店舗敷地内に5台分ほど