FC2ブログ

梅林寺の春

先週の事ですが、いわき市に少し早めの春を探しに謂った折に立ち回った「梅林寺」です。 こちらでは紅梅の方が先に咲いてましたが、紅梅でも早咲きの品種らしいです。

梅林寺の春 #1
[2019/3/10 梅林寺の春 #1]  <↑ Clickで拡大>

到着した時には既にだいぶ陽も傾いていて、もう観梅に訪れる人も居ませんでした。 お寺の駐車場に車をデポしてドアを開けた刹那に、フワリと鼻腔に梅の花の香りが届きました。

梅林寺の春 #2
[2019/3/10 梅林寺の春 #2]  <↑ Clickで拡大>

ここは初めての訪問でしたので、望外と言っては失礼かも知れませんが、120本と言われる梅の樹はなかなか見事な景観です。 またとても手入れの行き届いた印象で、墓所の道筋も綺麗に清掃が行き届いておりました。

梅林寺の春 #3
[2019/3/10 梅林寺の春 #3]  <↑ Clickで拡大>

敷地内をくまなく歩き回れるほどの時間はありませんでしたが、いくつかの見所は直ぐに見当が付きます。 初めて訪問する場所は、本当に時間を忘れるような楽しさです(o^-^o)

梅林寺の春 #4
[2019/3/10 梅林寺の春 #4]  <↑ Clickで拡大>

折良くご住職様が外に出てこられたのでご挨拶したら、とても親切にお話を聞かせて下さりました。 この節は、プロアマ問わず、カメラマンの他、テレビ局の取材もあるなど、日々ご対応に忙しい事でしょうに(;^ω^)

梅林寺の春 #5
[2019/3/10 梅林寺の春 #5]  <↑ Clickで拡大>

白梅と紅梅の後ろにある特異な枝振りの樹は、サルスベリの樹なのだそうです。 結構な樹齢になっているとの事ですが、ご住職様が少年時代に良くこの樹に登っていたのだとかw( ̄▽ ̄;)w でも少年時代に感じていた幹の太さと、およそ半世紀の時を経た今も、幹の太さは変わっていないようだと笑っていました。

梅林寺の春 #6
[2019/3/10 梅林寺の春 #6]  <↑ Clickで拡大>

先述の通り、120本ほどの梅の樹が植樹されていますが、その手入れから敷地内の清掃まで、ほぼご住職様が行われているのだとか(;゚д゚)

「歳を取って来たので、なかなか手入れが行き届かなくてね」

なんて仰りましたが、いえいえそんなとんでもない! 素晴らしいお寺様でした(o^-^o) 

らぁ麺 おかむら ~福島県郡山市西ノ内~

「らぁ麺 おかむら」さんの恒例ウイークリー・スペシャル企画「水木なにしよう」に、ずっとありつけないままになっていた「家慶ら~めん」が上がりましたので、この機を逃さずにと夜の部へGo!ですo(*^^*)o

お店に着いたら17時のオンタイムで入店する先客さま。 スバラシイ! 時間までピッタリで暖簾を潜るとはリピーターさまですね(o^-^o) 早速後ろに接続♪(#^.^#)

したら、なんと家慶ら~めん完売っ!Σ(lliд゚ノ)ノ ンヵ゙ぁッ!!!

大人気なくショゲそうになりましたけど、前日の売れ行きから売り切れを予想して、店主・岡村さんが早朝からリリーフ・メニューを用意していたのでした!゚+.(ノ。’▽’)ノ*.オオォォ☆゚・:*☆

「とりとんぎょ (880円)」 ※「水木なにしよう」スペシャル限定

らぁ麺 おかむら とりとんぎょ

当日の朝から速達で仕込む関係上、豚ゲンコツではなく、豚の背ガラをモミジと共にガンガン炊いて、自慢の濃厚鶏白湯、そしてカツオ節とニボシの節粉を合わせて“鶏・豚・魚”の三大素材で作られました。

らぁ麺 おかむら とりとんぎょ

その濃度たるや豊富なコラーゲン分で、唇が接着されてしまいそうなほどの超粘性!(;゚д゚) 一口スープを含もうと、レンゲで掬おうとしたらスープがまるでソースのよう(゚A゚;)ゴクリ 仕上げの節粉が効いているとは言え、乳化した豚骨スープと鶏白湯スープの素性がハンパない。

らぁ麺 おかむら とりとんぎょ

この分厚い旨味に拮抗するように、少しエッジの立つように合わせられる醤油ダレもまた印象的です。 そのドロッドロなスープを和らげてくれるのがホウレン草のおひたしの瑞々しさと大振りな拍子切りメンマの甘味です。

らぁ麺 おかむら とりとんぎょ

バラ巻きチャーシューは3枚付けとされており、なんか贅沢させて貰っている感じ(〃∇〃) スープはファーストインパクトにニボシがガツンと来ました。 カツオ節との配分比率では、ニボシはそんなに強くしていないらしいのですが、グイ~~っと伸びのある旨味が長く口の中で尾を曳きます。

動物系の素材からはまさに底力を感じさせるようなどっしりとした旨味が。 華のある節粉のパンチ力と相まって、三位一体の非常にインパクトのある味わいです。

らぁ麺 おかむら とりとんぎょ

麺は全粒粉ブレンドの多加水中太麺。 全粒粉ブレンドながらゴリゴリとするような食感は無く、コシの強さとモチッとするような弾力があり、これだけ濃醇で極味に富んだスープでも、アッサリと引き受けてしまえるポテンシャルがありました。 しかもその食感は最後までへたる事はありませんでした(*>∇<)ノ




らぁ麺 おかむら
福島県郡山市西ノ内2-10-12
電話;024-927-0334
営業時間;【昼の部】11:30~15:00 【夜の部】17:00~21:00 【土日祝日】11:30~21:00 ※売り切れにて閉店
定休日;月曜日
駐車場;店舗東側に指定駐車場3台分


 

【ご案内】 2019 青砥照男写真展 「花 粲・粲」

後進の指導や作品の審査、クラブのオブザーブなど、多方面で地元のカメラマンを牽引している青砥照男先生の個展が開催されます。 花をテーマに青砥先生の作品がご覧頂ける好機です。

謹んでご案内申し上げます。

2019 青砥照男写真展
             ↑ Clickで拡大 ↑

2019 青砥照男写真展  「花 粲・粲」
会期;2019年3月20日(水)~3月24日(日)
公開時間;10:00~17:00 ※最終日は16:00まで
会場;アトリエかしわ (柏屋開成店2F) 【入場無料】
     福島県郡山市朝日1-13-5
     電話;024-922-5533
駐車場;会場敷地内にあり



 

皐月亭 ~福島県郡山市喜久田町~

つい一週間ほど前に訪問したばかりの「皐月亭」さんでしたが、またもやSNSメンバー限定告知にまんまと釣られました( ̄▽ ̄i)ゝ

「スパイシー担々麺 (790円)」 ※SNSメンバー限定告知・現在は提供終了

皐月亭 スパイシー担々麺

定番メニューに据えられている「至福の担々麺」をベースに、数種類の香辛料を追加して、やや万人向けから一転、食べ手を選ぶエッジの利いた担々麺に仕立てたそうです。

皐月亭 スパイシー担々麺

人を寄せ付けないような“血の池地獄”が如きラー油油膜こそありませんが、油膜層の下に沈む濃厚ゴマスープには、舌先に塩味を感じるようなシビレが!ヾ(*゚A`)ノうひゃ・゚・

刺激的な辣の辛味はさほど強化されていないので、口中の粘膜が収斂するような感覚を味わいながら、持ち前の濃厚ゴマテイストとの競演をじっくりと味わえます。

皐月亭 スパイシー担々麺

麺は贅沢に京都棣鄂のストレート細麺があしらわれ、ツルツルとした滑らかな啜り心地に、たっぷりと絡んで来る坦々スープと共に美味しく頂けますよ(ノ´∀`*)

皐月亭 スパイシー担々麺 追い飯

最初から「追い飯」が標準で付けられてくるあたりは、さすがの店主様です(〃∇〃)

皐月亭 スパイシー担々麺

この贅沢な坦々スープを最後まで一滴も逃さず、美味しく頂きました( *´艸`)




皐月亭
福島県郡山市喜久田町四十坦8-25
電話;024-925-6321
営業時間;11:30~22:00 (L.O.21:30) ※金曜日は15:00閉店
定休日;元旦他、臨時休業あり
駐車場;テナント敷地内に供用10台分ほど


 

21世紀の森公園の河津桜

投稿記事が少々時系列を乱しますが、時節を逃すと間抜けな記事挙げとなりますので、繰り上げアップを致します。

県内で最も早く桜が開花するいわき市ですが、特に早咲きの河津桜は一足早く開花します。 少し早めの春を求めて、いわき市の「21世紀の森公園」を訪問してみました。

21世紀の森公園の河津桜 #1
[2019/3/10 21世紀の森公園の河津桜 #1]  <↑ Clickで拡大>

実は初めての訪問でしたので、どこに植樹されているのか調べて行きました。 駐車場下の斜面を巧く利用して、アリーナ状の観桜エリアが作られていました。

21世紀の森公園の河津桜 #2
[2019/3/10 21世紀の森公園の河津桜 #2]  <↑ Clickで拡大>

まだ開花のピーク前でこの日は三分咲き位でした。 お天気も到着した夕方近くにはすっかり曇り空になってしまいましたので、鮮やかな発色で知られる河津桜も今一つコントラストが冴えません。 ホワイトバランスは「くもり」に設定して、それらしい色合いを引き出しました。

多分、夕方ということもあってかと思いますが、犬の散歩が多かったですね。 こりゃあ丁度良いお散歩コースになりますね(o^-^o)

21世紀の森公園の河津桜 #3
[2019/3/10 21世紀の森公園の河津桜 #3]  <↑ Clickで拡大>

いわき市のお天気の経過次第ですが、今週末から来週半ば以降あたりが見頃になりそうです。 まだ幼木の河津桜ですが、もっと植密度が高いと色映えも良くなるのですけどね。 気楽に立ち回れる場所ですので、お薦めスポットとしてご紹介致しました。