FC2ブログ

掲載感謝 Monmo初夏号

2ヶ月前に発売された、前号にあたる「Monmo 春号 No61」に続き、本日発売「Monmo 初夏号 No62」にも拙作の写真をご採用頂きました。 二号連続のご採用を頂き、写真撮影を趣味とする者として、大変光栄に存知ます。

モンモ 2016年初夏号 No62

今回は第1テーマとなっている「森と高原の花園へ」の中で「那須フラワーワールド」さんの紹介記事のページに下記の2点をご掲載頂きました。

ポピーの丘 #3
[2015/6/7 ポピーの丘 #3]  <↑ Clickで拡大>

毎年6月にはこのような花園が見られます(o^-^o) 毎年植栽する位置なども見直されたりしていますので、何度撮影に行っても違った魅力を堪能出来ます。

麗しのルピナス
[2015/6/7 麗しのルピナス]  <↑ Clickで拡大>

実はこのルピナスの撮影に没頭するあまり、うっかりスマートフォンを落としてしまってました。 気が付いたのは別な場所に立ち回っている最中で、既に閉園時間も過ぎていました。 すがる思いで電話を掛けてみたら、電話で応対して頂けまして、拾得物としてお預かり頂けておりました。

しかもわざわざ白河ICの出口までお届け頂き、無事手許に戻って来たという、ありがたいご恩がございました。 そんな曰く付きの撮影でしたので、このようなカタチで恩返しが出来た事はボクにとっては奇跡的としか言いようがありません。

また、同じコラムの2ページ抜きの扉写真は、私の先輩カメラマン・山岡 哲氏の作です(^^) 昨年の「郡山市民展」の写真の部で大賞も受賞されている、私のリスペクトするカメラマンであり、心から敬愛する先輩です。

「Monmo 初夏号」は本日[2016年5月10日]発売です。 奇数月の10日に発売される年6回のマガジンです。 Amazonでもご購入出来ますし、地元ではコンビニエンスストアーでも取り揃えられる人気の情報誌です。 宜しければ、まずはどうぞ手に取ってご覧下さい。 

掲載感謝 Monmo春号

4年ぶり2回目となります。 地元・福島県をステージに「福島再発見」を目指すマガジン「Monmo (モンモ)」さんに、拙作の写真をお取り立て頂きました。

ボクがデジタル一眼レフカメラを手に入れる前から続くマガジンですが、この誌面で紹介された風景を求めて足を運んだり、それまで気付かなかった郷土の素晴らしさをたくさん教えてくれました。 その誌面に自分の作品を掲載して頂ける事は、喜びに堪えません。

モンモ 2016年春号 No61

今回は「春号」と言う事で、例年恒例となっている、ボクらの郷土・福島県が世に誇る「さくら」の記事が大きく取り上げられています。 その誌面上に今回はありがたいことに3作も掲載して頂きました!(>▽<)b

黎明の飛翔
[黎明の飛翔] <↑ Clickで拡大>

こちらは名桜・紅枝垂れ地蔵桜と星景です。 昨年の初参加の写真クラブ展にも、全紙サイズにて額装展示致しました。 その折に「黎明の飛翔」というタイトルを付けた作品です。

あさひ公園の桜 #4
[あさひ公園のさくら #4] <↑ Clickで拡大>

こちらは石川郡石川町の町中心部を流れる北須川の河原に整備された「あさひ公園」で行われる、ライトアップの期間中に撮影した作品です。 多色光源によるライトアップですので、配色バランスの良い場所選びも考えながら撮影しました。 満開のタイミングだったのは幸運でした(o^-^o)

千年女王の袖の下
[千年女王の袖の下] <↑ Clickで拡大>

こちらはお馴染みの「三春滝桜」です。 朝陽が射し込んで来た早朝に、滝桜に観に来た観桜客が続々とやっ来ては、その優美さにすっかり魅入られる様子を切り取りました。

「Monmo 春号」は本日[2016年3月10日]発売です。 奇数月の10日に発売される年6回のマガジンです。 Amazonでもご購入出来ますし、地元ではコンビニエンスストアーでも取り揃えられる人気の情報誌です。 宜しければ、まずはどうぞ手に取ってご覧下さい。
 

「猪苗代町の秋のフォトコンテスト」入選しました

昨年秋に応募した「猪苗代観光協会」さん主催の「猪苗代町の秋のフォトコンテスト」で、拙作の「土津の雨傘」が佳作に入選致しました。 フォトコンへの出品は、これが二回目だったのですが、ビギナーズ・ラックとは言え大変励みになります(>▽<)b

しかも猪苗代町の美味しいお米「天のつぶ 10kg」を賞品として授与して頂きました(o^-^o) 県外で就学中の長男にも分けて送りましょう。 ご評価を頂き、誠にありがとうございました。

猪苗代町の秋 フォトコンテスト 入選賞品

またこのフォトコンテストの入賞作品は、2016年2月1日より29日まで、「猪苗代町体験交流館」(学びいな) (URL)にて展示されているそうです。 近くには黒鳥飛来で話題の「長浜」もございます。 天神浜には「しぶき氷」。 そしておいしいお蕎麦とソースカツ丼の「ラネージュ」さん、ソースカツ丼のラーメンの美味しい「まるいち食堂」さん、間違いなく美味しいケーキの「ふくすべるく」さんと、「ビルゴ洋菓子店」さん。

あぁ、やっぱり写真の撮影地と美味しい食べ物屋さんばかりが思い浮かびます( ̄▽ ̄i)ゝ ともあれ、お近くに立ち回られまして、「学びいな」を思い出されましたら、ちょいとお立ち回りになってみて下さい(o^-^o) 上位入賞の作品は、さすがでございます。
 

採用感謝 ザ!鉄腕!DASH!!

本日[2015/07/12]、日本テレビ系の人気バラエティー番組『ザ!鉄腕!DASH!!』『0円食堂』のコーナーで、拙写の写真をお取り立て頂きました。 福島県の蕎麦を紹介するシーンでお使いになりたいとの旨でオッファーを頂き誠に嬉しく存知ます。

今回お目に止めて頂いたのは、南会津の「会津高原たかつえ」の蕎麦畑で撮影した作品です。 満開の蕎麦の花咲く広大な畑に、朝霧のヴェールが幻想的な風景を楽しませてくれた日でした(o^-^o)

朝霧の蕎麦畑
[2010/09/05 会津高原たかつえの蕎麦畑] <↑ Clickで拡大表示します>

美しい私達の郷土の風景、そして多彩な美味食材、旨い食いものと飲み物の宝庫でもある福島県です。 観光ってカタチで大歓迎ですから、足を運んで頂き自分の目で確かめ、自分の味覚で味わい、「福島ってこんなだったよ」とメセナになって頂ける方が一人でも増えて頂ければ願っています。

こうして写真がお取り立て頂けたのも、日頃よりご訪問頂いている皆様のお力添えの賜物です。 誠にありがたく感謝申し上げます。
 

monmo カメラマンデビュー

タイトルの通り、不肖・無芸大食。 この度地元の人気マガジン「monmo」さんに、写真を取り立てて頂きました(*^_^*) 3月10日発売の、ふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo モンモ No.37[2012年春号]の特集今、想いを新に愛でる ふるさとの桜」のコラムの中で取り上げて頂きました(^^)

monmo No37

編集部のご担当様から、写真掲載のオッファーを頂いた時は、正直に申しまして耳を疑いましたよ(@・艸・;) 徐々に事情が飲み込めてきたところで、ジワッと嬉しさが湧いて参りました。 このマガジンは創刊号から落手し続けていて、掲載されている写真の質の高さから、毎号楽しみにしつつ、大切な福島県の記録としてもストックしております(^^)

以前は読者参加型の季節の写真コーナーがございまして、「行雲流水~サインポールの向こう側2~」 (URL) のAuthor・盟友horikoshiさんの作品が掲載された事もありました。 腕を磨いて、いつかはボクも投稿カメラマンの仲間入りを・・・と思っていたところが、紙面のリニューアルの際にコーナーが消滅してしまいました( ̄▽ ̄∥)

そんな経緯があっただけに、素直に嬉しく思えた訳ですww で、編集部のご担当様からのご所望写真は、二本松市の樹齢400年以上の古木「長沢のサクラ」でした。 正直なところ、かなりマイナーな個人宅の桜なのですが、どうやらそのマイナーさ故に、ご提携のプロカメラマンさんの作品が見つからなかったようですw( ̄▽ ̄i)w そんでもって、ネットの大海の中から拙作に目を止めて頂いたと言う次第ですわ。

Blogというチャンネルで発信し続けていたからこそ、お目に止めて頂けたって事ですね(〃∇〃)ゞ 大飯喰らいだけのBlogでは無かったと言う事でヨロシいでしょうかね?ww

さて、発売日のほんの少し前に、編集部様がお送り下さった紙面を辿ってみますと、ワハハこれが大笑いなのですが、自分の写真に気が付かないままに、そのページを華麗にスルーしてしまいました♪(* ̄∇ ̄*)ゞ

あっ、あれぇ~?(;^◇^;)ゝ と思って、もう一度見直してみたら、ああ、あったあったww

monmo No37

うむむ・・・o(- -;*)ゞ どうやら拙作は、ほとんど存在証明みたいな使い所だったようですね。 桜自体の樹勢も衰えが顕著に見えますので、アマチュアカメラマンのチカラでは荘厳な雰囲気を醸し出すのは難しすぎですわww でもネームまで入れて頂き、アマチュアカメラマンとしては、とても嬉しく存知ますよ(^^)

長沢のサクラ
[2011/4/17 長沢のサクラ] <↑ Clickで拡大>

これが掲載して頂いた作品です。 満開まであと一歩の八分咲きでした。 もっとも満開になっても、溢れんばかりの花芽で覆い尽くされる事はありません。 木の幹は空洞化していますし、デング病に罹っている枝も見受けられました。

本文中の解説によると、昨年末にようやく保存会が発足したとの事です。 周辺環境の整備もさることながら、この樹自体の樹勢回復に直接乗り出さないとならないレベルに近づいています。 是非とも樹勢の盛り返しに期待したいところです(^^)

長沢のサクラ
[2011/4/17 長沢のサクラ] <↑ Clickで拡大>

個人的にはコチラの写真が「肥盛(ひもり)サクラ」の名に相応しかったと思います。 桜の咲く頃に畑に肥やしを撒くというものですね。 まさしく農婦が畑に肥料を撒いていたその時を捉えました。 ハハハ、でもサクラの全体像が分からないわなww やっぱり編集部のチョイスは正しいんですね(^▽^;)ゞ

またのお声がけを頂けるように、今年もイイのを撮りたいですね♪(*^_^*) って事で、旧友C君とサッチンさんが、毎週躰が空くことを事に期待♪