ふくしまラーメンショー2016 「中華蕎麦 とみ田」

一時代を作ったと言っても過言では無い「中華蕎麦 とみ田」さんが、「ふくしまラーメンショー」に単独出店してくれたってだけでも嬉しい出来事でした(o^-^o)

多忙を圧して、店主・富田 治さんが、今日は会場入りをされているハズですので、ラーメン・フリークはKing富田の姿を探してみるのも一興かも知れません。

「濃厚豚骨魚介中華そば (中華蕎麦 とみ田)」

中華蕎麦 とみ田

すごい! やっぱり強粘性スープが迫力満点です! サバ節とニボシがゴリゴリに利かされていますが、そのパワーをガッチリと受け止める濃厚豚骨の底力は、まさに力が漲っているかの如しです。

中華蕎麦 とみ田

全粒粉ブレンドの太麺は、普通なら茹で時間の長さを鑑みて回避しそうなものですが、「中華蕎麦 とみ田」のブランドがそうはさせません(o^-^o) 少しゴリッとするほどの噛み応えと、凝縮度の高いお店レベルのスープは、この一杯を所望して良かったなぁ~と思わせるに充分です。

高品位のバラ肉チャーシューも立派ですし、柚子皮の爽やかさは濃厚スープの後味を和らげてくれています。 「中華蕎麦 とみ田」さん、ガチで来ています! 

ふくしまラーメンショー2016 「京都祇園 らぁ~めん京」

エキストラ・トッピング要らずの完成度の高いらーめんを提供している「京都祇園 らぁ~めん京(みやこ)」さんも、頂いて参りました♪

「ぎおん鶏白湯 鶏そば (京都祇園 らぁ~めん京)」

京都祇園 らぁ~めん京

非乳化タイプの鶏白湯ですが、そのスッキリとした後味の良さと、じんわりと舌の上に広がる旨味で、支持率の高さも益々上昇中です。 鶏チャーシューに甘じょっぱく味付けされた筍、九条葱といったアイテムに加えて、半熟味玉のハーフカットまでデフォ盛りとされています。

加水率低めの中細ストレート麺ですが、イマドキのバキバキに張りのあるタイプでは無く、程良くしなやかさを併せ持つタイプがあしらわれています。 お陰でスープの絡みも良好で、バランス良く美味しいスープを口に運び上げてくれます。 充実した内容は納得の一杯。 男女問わず人気があり、提供のピッチもなかなか素早く、イベント出店に手慣れているなぁ~と思いました。 

ふくしまラーメンショー2016 「鯛塩そば 灯花」

会期も残すところあと2日となった「ふくしまラーメンショー2016」ですが、ようやく再訪致しました。 会場入りしたのが、残り1時間という際どい時間でしたので、提供待ち時間のあまり掛からない、仕事の早い出店社だけを回りました。

「愛媛宇和島 鯛塩そば (鯛塩そば 灯花)」

ふくしまラーメンショー2016 灯花

相変わらず美しい盛り付けで、これを所望するお客様の女子率は高いですね。 見た目から既に味わいを楽しむ儀式は始まっています。 先に頂いた時よりも、画期的に軽快になっていました。 これなら生魚の苦手な方でもすんなりと受け入れられるのではないでしょうか?

するすると舌の上を滑るようなストレート細麺。 旨味のある塩味は、すっきりとした後味のキレの良さが感じられました。 かなりの人気を博していますが、提供が早いのでさほど待たされることなく頂けますよ(o^-^o) 

ふくしまラーメンショー2016 [とみ田・札幌みその・しながわ]

「ふくしまラーメンショー2016」の最後のレビューです。 一気に10軒分のレビュー挙げは初体験です( ̄▽ ̄i)ゝ しかもメモ無しだから、記憶が曖昧になる前に走りきらねばww

中華蕎麦 とみ田 (千葉県松戸市)

ふくしまラーメンショー2016 中華蕎麦 とみ田

押しも押されぬBIG NAMEの登場です! 「とみ田」さんが単独でイベント出店されるのは、極めて稀な事です。 現在は店頭予約システムが導入された同店ですが、それ以前は長蛇の列で長時間の入店待ち必至と言われたお店です。 それがさほどの待ち時間なしで頂けるとは!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

「濃厚豚骨魚介中華そば」

中華蕎麦 とみ田 濃厚豚骨魚介中華そば

ウワサには聞いてたいましたが、本当にお店出しレベルのクォリティーで提供されていましたw( ̄▽ ̄;)w ドロリと粘性の高いスープは、大量の豚骨、ニボシ、サバ節を長時間炊いて作られるそうです。 その濃度の高さときたら、中華そばのスープと言うよりも、つけ麺の漬け汁に匹敵するほどのものです。

麺はお店スペックよりも若干茹で時間の短縮出来る麺線とされているようですが、充実したコシの強さとモチモチとした食感は、お店スペックを充分に彷彿とさせるモノでした。 かなりボディのあるスープですので、催事サイズとは言え食べ応えも充分でした(>▽<)b

札幌みその 手稲本店 (北海道札幌市)

ふくしまラーメンショー2016 札幌みその 手稲本店

こちらのご店主様のシャツには「けいすけ」のロゴが入っていたので、「けいすけ」さんとはどんなご関係なのかと思ったら、修業先だったことが分かりました。 現在はお台場のAQUA CITYにも出店しているらしく、その名は徐々に広く知られるようになって来ています。

「札幌味噌らーめん」

札幌みその 手稲本店 札幌味噌らーめん

鶏ガラと香味野菜をベースに昆布の旨味を合わせたスープに、自家調整味噌で味噌スープを仕立てるそうです。 トッピングとしておろし生姜、七味、山椒が添えられています。 濃厚な味噌テイストながら、躊躇無く飲み干せる軽快さがありました。

麺はクチナシ色素と卵が加えられた中太麺。 定石通りに力強い歯応えがあり、自慢の味噌スープが程良く絡むようにチューンされていました。 個人的にはキクラゲが添えてあったのも嬉しいポイントです(〃∇〃)

中華そば しながわ

ふくしまラーメンショー2016 中華そば しながわ

初日一番の長蛇の列を作っていたのは、多分「中華そば しながわ」さんだったと思います。

「中華そば」

中華そば しながわ 中華そば

見た目もスタンダード。 肩ロースチャーシューと葉ネギ、メンマに海苔と潔い載せモノ達。 油膜はそこそこ厚みがあるけど、食べてみると全然油分の存在感を意識させられません。 かなりスッキリとした味わいで、ちょっと抑え目の味わいに感じたのは、もしかするとそれ以前に口にし続けた品々のせいかも知れません。

個人的には最も楽しみにしていたのが「中華そば しながわ」さんですので、日を改めて再びじっくりと楽しませて頂き、記事を再掲したいと思います(*'ー'*) 

ふくしまラーメンショー2016 [らぁ~めん京・灯花・福島ラーメン組っ!]

前記事に引き続き「ふくしまラーメンショー2016」のレビューです。

京都祇園 らぁ~めん京 (みやこ) (京都府東山区)

ふくしまラーメンショー2016 京都祇園 らぁ~めん京

意外とこってり系の多い京都から、こってりだけど後味に諄さの無い鶏白湯を携えて出店して来た「らぁ~めん 京」さんです。 京都の本店の他に、兵庫県や奈良県にも店舗を持ち、7軒体制のグループ店です。

「ぎおん鶏白湯 鶏そば」

京都祇園 らぁ~めん京 ぎおん鶏白湯 鶏そば

徳島県のブランド鶏「阿波尾鶏」の鶏ガラをベースに、玉ネギやニンジンなどと共にじっくりと炊いた白湯スープです。 スープは非乳化タイプで、すっきりとした軽快感の中にも、鶏ガラや野菜の旨味成分か甘味と共に表現されています。 載せモノには鶏チャーがあしらわれておれり、こちらは柔らかくふっくらとした食感です。

ローカル色の現れる九条ネギや焼き筍があしらわれており、熟成細麺のコキッとした歯触りの良さと、スープの絡みの良さで口中にスープが満たされてきます。 ビジュアルの良さもかなりのもので、こちらも早々に行列が出来ていました。

鯛塩そば 灯花 (東京都新宿区)

ふくしまラーメンショー2016 鯛塩そば 灯花

「塩つけ麺 灯花」として2012年に旗揚げされたお店は、2015年4月、ちょうど一年前に「鯛塩そば 灯花」へと名実共に進化しました。 ボクらにとってちょっと身近な話題で掘り起こせば、昨年「東洋水産(マルちゃん) 第7回最強の次世代ラーメン決定戦」で、「福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊」の前代表「麺処 若武者(二本松市)」と最後までデッドヒートを繰り広げ、逃げ切りで優勝を納めたライバルとしても記憶に新しいところです。

「愛媛宇和島 鯛塩そば」

鯛塩そば 灯花 愛媛宇和島 鯛塩そば

愛媛県宇和島から毎日生のままで送られてくる真鯛と水だけで出汁を引いているそうです。 実際の処、かなり濃い出汁が引けています。 鯛の皮目に感じられるコラーゲンが伝わって来るような、大変に手の込んだスープです。

張りのあるストレート細麺が合わせられており、たっぷりとスープを含んで口に運び上げてきます。 鰹節や煮干しなどの乾物系素材とは異なる、生魚から引かれる出汁ですので、一風変わったテイストが楽しめます。

「福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊」

ふくしまラーメンショー2016 福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊

地元から出店となります。 今年は味噌味仕立ての「福島鶏白湯」の初お披露目となりました。 味噌自体もメンバー自ら福島県産大豆で製造してしまうという入れ込みようです。 今日の開催寸前に最終的な味決めを行ったそうですが、果たしてその味わいは?

「熟成味噌肉盛 福島鶏白湯」

福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊  熟成味噌肉盛 福島鶏白湯

これはっ!Σ(゜▽゜;) なんて美味しいんでしょ! 自分達で味噌作りまでやった甲斐がありましたね(>▽<)b 味噌が活かされています。 ベースの鶏白湯は微乳化でクリーミーな舌ざわり。 そこに味わい豊かな味噌がしっかりとマッチしています。

熟成太縮れ麺もスープのチカラに負けない逞しさ。 贅を尽くして載せられた三枚の豚バラチャーシューが、また良いお味を楽しませてくれました。 味噌の味わいで鶏白湯の風味がマスキングされていなかったのも素晴らしいですね(o^-^o) 素晴らしき寸止めの技でした。