峠の古道

今年初の細野の撮れ高は残念ながらさほどでは無かったので、桧原集落を経て蘭峠へと転進。

霧氷の古道
[2018/1/14 霧氷の古道]  <↑ Clickで拡大>

やはりここだけは別格の寒さと見えて、木々は霧氷に被われていた。 この時期としてはかなり雪が多く、道路沿いは2m超の雪の壁。 なかなか立ち位置を取るのも容易では無かった(`・ω´・ ;)

雪の舞う峠にて
[2018/1/14 雪の舞う峠にて]  <↑ Clickで拡大>

この日は妙にカラマツが綺麗に感じられ、しばし楽しませて貰いました。 雪はずっと降り続いていて、開きかけている青空も、雪のヴェールと雪雲に阻まれ、なかなかその色を見せてはくれませんでした

春にこの峠を通る事は無いので、今までその存在にさえ気付いていなかったのですが、「関所の桜」と名付けられた桜の樹があります。

厳冬の舞
[2018/1/14 厳冬の舞]  <↑ Clickで拡大>

峠の関所跡と言う事ですが、桜の樹齢はそんなに古いとは思えません。 枝振りから察するに、エドヒガンっぽい気がします。 今は雪の華を纏ってますが、5月頃には咲きますかね?

音無しの雪
[2018/1/14 音無しの雪]  <↑ Clickで拡大>

この日の蘭峠は、不思議なくらいに静まりかえっていた。 風音も雪が積もる音も、小鳥の声や羽音、木の枝から落雪する音も。

ただひたすら無音で、重力のままに空から降り下りてくる雪と、ジリジリと動く雪雲だけが目に映る動くものだった。 

雪降る細野

先週、ようやく今年の初撮りに出掛けました。 予報では陽の出頃には雲が切れるって話だったのですが、雲が切れるどころか雪が降りっぱなしでした<(|||´Д`|||)> まあ、降ったら降ったで、何か駄賃を探し出すしか無い訳でして・・・

雪の湖上
[2018/1/14 雪の湖上]  <↑ Clickで拡大>

日の出時刻になっても、杳として陽の光が射し込む隙も無し。

雪雲伝う
[2018/1/14 雪雲伝う]  <↑ Clickで拡大>

日の出時刻からだいぶ過ぎると、徐々に頭上の空から雲が切れ出しましたけど、地を這うように流れて来る雪雲に阻まれて、根気比べみたいな撮影になっちゃいました(^◇^;) 

雄国の山裾

飯豊山の冠雪が、会津の冬の始まりを告げる。 会津盆地を見下ろす、雄国山の山裾を駆け巡りながら、晩秋の余韻と初冬の足音を探りました。

圃場の片隅
[2017/12/3 圃場の片隅]  <↑ Clickで拡大>

裏磐梯から喜多方へと山を駆け下って来ると、初冬の名物・会津盆地を包み込む朝靄に覆われていました。 この日は晴天になるのが約束されていたので、朝靄と晴れ渡る青空はセットになっています。

朝靄
[2017/12/3 朝靄]  <↑ Clickで拡大>

ほんの少し標高を下げただけで、乳白の朝靄の中に取り込まれてしまいます。 農村集落が朝靄に包まれ、なかなか幻想的な風景です。

ヌコたん
[2017/12/3 ヌコたん]  <↑ Clickで拡大>

朝靄に包まれた集落の入り口に、立派なモミジがまだ残っていました。

えぇ~?! 12月なのに“まだ見れる”じゃん!w( ̄▽ ̄;)w

と、撮りどころを模索していたら、田んぼの畦にヌコたん発見(〃∇〃)

暫くじっとしていたのですが、てっきりコチラの様子を窺っているのかと思っていたら、帰宅後に写真を確認したら、畦の片隅に何羽かの鳥達が居ました。 どうもその鳥達を気にして監視していたっぽいです。

初冬のみぎり
[2017/12/3 初冬のみぎり]  <↑ Clickで拡大>

ちょっと足を止めて撮影したり、撮影ポイントを模索している内に、折角の朝靄は淡くなり、飯豊連峰の頂きにも雲が掛かってしまいました・・・(・∀・i)タラー・・・

でもまあ、コレも初冬ならではの風景ですかね。

麗美秀峰
[2017/12/3 麗美秀峰]  <↑ Clickで拡大>

随分前の事ですが、雄国山麓の圃場の片隅に、とても気に入った柿の木と出会えたのですが、

「この辺だったはず・・・( ̄  ̄;) うーん」

と、散々探しても、なぜか再会することが出来ませんでした。

そうこうしている内に、会津盆地を包み込んでいた朝靄は引いてしまい、気持ちは焦るばかりΣ(゜▽゜;)

で、再会を諦めて新しい柿の木を見つけました。 まずまずの枝振り。 柿の実も程良く付いていて、これで盆地が朝靄に包まれていたならもっと良かったなぁ~
 

初冬の細野

今期の裏磐梯の冬景色撮影は、先週の朝撮りからスタートしました。 一週間前はかなりの降雪になっていて、とても11月末とは思えない雪景色でしたが、その後一週間、まとまった降雪は無かったそうで、路面に圧雪などは見られませんでした。

初冬の細野 #1
[2017/12/3 初冬の細野 #1]  <↑ Clickで拡大>

細野に行ってみると、既にカメラマンが集まっていましたが、ほぼ同時にお宿の案内ハイエース、その後マイクロバスが1台と、なかなかの賑わいになりました。

初冬の細野 #2
[2017/12/3 初冬の細野 #2]  <↑ Clickで拡大>

ってか、賑わいどころじゃ無い位でしたね(;゚д゚) ざっと40人以上は居たと思います。 自在に撮影ポジションを移動するのも難しかったのですが、何よりも残念な事に低い位置に雲が掛かってしまい、劇的な色映えは見せて貰えませんでした(つД`)・゚・゚。゚。

初冬の細野 #3
[2017/12/3 初冬の細野 #3]  <↑ Clickで拡大>

一週間前は60cm超の降雪で、湖面さえも雪が被っていたそうです。 まだ湖面自体が氷結していないので、水際を見誤ると“つっぺぐる”キケンもあるります(←経験者(T_T))

初冬の細野 #4
[2017/12/3 初冬の細野 #4]  <↑ Clickで拡大>

約一週間の間は、際立つ積雪は無かったそうで、フカフカだった雪面は引き締まって、地表の凹凸を表すような、複雑な模様へと変わって来ていました。 もっと朝の強い光や色合いが射していたら、きっと格別の景色になっていたでしょうね。

初冬の細野 #5
[2017/12/3 初冬の細野 #5]  <↑ Clickで拡大>

いつまでも陽の光が遮られたままで、ちょっと諦め掛けていたところに、うっすらと湖面に朝靄が立ち始め、淡い朝陽の色合いが、乳白をほのかに染めました。

意外なことに、まだカラマツの葉は落葉していなくて、微妙に赤みがかった枯れ色を呈しています。

初冬の細野 #6
[2017/12/3 初冬の細野 #6]  <↑ Clickで拡大>

お盆の頃に紅色に咲き誇っていたエゾミソハギが、枯れてなお湖畔に立つ細野の初冬。

初冬の細野 #7

陽の出時刻から大分経って、ようやく雲間から陽射しが差し込みました。 湖面に朝靄が立っていたので、少しだけ色気を楽しめました(o^-^o) 

【ご案内】 第16回 安積野写真クラブ作品展

只今開催中の「安積野写真クラブ作品展」をご案内します。 ボクは過去に一度だけしか参上したことがありませんが、よく練られた作品の数々が印象的でした。

安積野写真クラブ作品展
             ↑ Clickで拡大 ↑

第16回 安積野写真クラブ写真展
会期;2017年12月6日(水)~12月11日(月) 【入場無料】
公開時間;9:00~17:00 ※最終日12月11日(月)は15時まで。
会場;モーニング菜根本店2F ギャラリーモーニングテラス
   郡山市菜根5-12-10 TEL;024-938-0762
駐車場;モーニング菜根本店お客様駐車場並びに、北隣の「焼肉八兆」の駐車場が17時まで利用可能