郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

お盆前頃には、何時に通りかかっても大盛況を呈していた「郡山大勝軒」さんも、夕刻前は少し落ち着いてきたようですので、例によって定期巡回して来ました(o^-^o)

郡山大勝軒

「つけ麺 並盛 (750円)」 ※いろいろと載せモノをご馳走になっちゃいました( ̄▽ ̄i)ゝ

郡山大勝軒 つけ麺 並盛

漬け汁からは芳醇な魚介系の出汁の香り。 カツオ節やサバ節由来と思われる香りは、脳幹直撃モノの魅惑に溢れたものです(o^-^o)

豚骨や鶏ガラ、モミジなどの動物系素材からのコラーゲン分や底支えの効いた旨味に、甘やかな魚介系素材のパンチの効いた旨味が、シャープに効かされた醤油ダレにリンゴ酢の爽やかな酸味と砂糖の甘味で甘酸っぱくコートされています。 辛味も効かされていることで、漬け汁の味わいは更にバランス良く御されています。

郡山大勝軒 つけ麺 並盛

チャーシューは角切りのバラ肉チャーシューにバラ巻きチャーシュー、そしてご本尊から直伝のモモ肉チャーシューが散りばめられています。 バラ肉チャーシューは、ここでお店を開店した折に、店主・阿部くんが「地元の皆さんに、よりご愛顧頂けるように」と、ご本尊には無かったのを敢えて取り入れました。

郡山大勝軒 つけ麺 並盛

自家製ストレート太麺は、噛んだ刹那に小麦粉の香りが鼻腔に満ちて来るもの。 コシのある噛み応えと、麺肌のツルッと滑らかな舌触りで、麺の存在感が押し出されています。

郡山大勝軒 つけ麺 並盛

これを漬け汁に潜らせて口に運べば、甘辛酸っぱく旨味の広がる漬け汁と共に、噛むほどに美味しさが口の中で拡張してきます。 好み次第ですが、ボクは卓上配置の酢とラー油を少し足して楽しみます。 デフォよりもメリハリがついて、ディテールアップされた漬け汁が、より一層パンチを増して来ますよ( *´艸`)

最後にスープ割りをお願いして、スープ自体の美味しさをもう一度満喫♪ このスープ割りを頂く為に、麺量を抑えておくのも一興ですよv(o ̄∇ ̄o)♪




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4 台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


 

中華飯店 はやま ~福島県郡山市麓山~

ようやく陽射しが戻りかけた今夕、まだ涼しい空気に誘われて“自然派空調”「中華飯店 はやま」さんの暖簾を潜りました。 交差点角のお店ですが、入り口から窓まで全開!(*^▽^*) 気持ち良い涼風が入ってきて、とても居心地が好いです。

例によってシニアの常連様方の集っており、まあそれは賑やかでございますが、これも“はやまスタイル”と受け入れてしまえば、またソレも楽しですよ(o^-^o)

「あんかけ焼きそば (630円)」

はやま あんかけ焼きそば

久しぶりに「あんかけ焼きそば」を頂きました。 楕円形の平皿に、醤油味の五目餡がたっぷりと掛けられていて、麺が全く見えないほどの充実ぶりです。

はやま あんかけ焼きそば

豚バラ肉、にんじん、椎茸、キャベツ、ピーマンといった具材が、しっかりと芯まで火の通されていて、しんなりとした食感になっているところに、食材の程良い旨味の活かされた醤油餡で纏められています。

味はやや濃い目ですが、しょっぱいと言う程ではありません。 甘味は控え目で、醤油味が割とハッキリと主張しています。 でもって、味付けには毎回ブレがあります(^◇^;) でもその辺の大らかさが楽しかったりするんですよね(〃∇〃)

はやま あんかけ焼きそば

麺は中細タイプで、所々に香ばしさを漂わせる程度の焼き付けがされています。 油切れは悪い方ではないと思います。 どちらかと言うとしっとりとした麺は、醤油味の餡が良く絡んで、美味しく手繰っていけますよ。 麺量も思ったよりもありますので、成人男性なら程良く満腹になれると思います。

「餃子 (8個・350円)」

はやま 餃子

もうここを訪問する理由の一つになっている“ヤミツキ餃子”です(ノ´∀`*) イマドキの洗練された餃子とはちょっと趣を異にした、食堂ならではの餃子かな?

この日の餃子はナゼか絶妙でしたw( ̄▽ ̄;)w 焼き加減上々、皮はちゃんと全部閉じてあるww そんでもって、皮が癒着していなくて、簡単にばらけましたヽ( ̄▽ ̄)ノ

はやま 餃子

柔らか目の皮は焼き上がりは半透明の乳白色。 透けて見えるのはニラの緑でしょうか。 適度にニンニクが効いていて、下味はマイルド。 細挽きの餡はニュルンとするような滑らかな舌触りで、口に運ぶ度にその食感を楽しめますよ(o^-^o)




中華飯店 はやま
福島県郡山市麓山2-8-4
電話;024-932-3083
営業時間;11:00~19:00
定休日;日曜・祝日
駐車場;店舗前に2台分ほど


 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

盆休み明け最初のランチは、やっぱり「みたか食堂」さんからスタートです(*>∇<)ノ まるで梅雨に逆戻りしているような陽気ですので、冷たい麺料理でなくてもOKでしょうΨ( ̄∇ ̄)Ψ

「半かつ丼 (850円)」

みたか食堂 半かつ丼

お久しぶりのカツ丼♪(〃∇〃) 最近覚えたご飯減量バージョンの「半かつ丼」を所望しました。

のですが・・・(;゚д゚)ポカーン

えぇ~~っと( ゚д゚) ・・・ (つд⊂)ゴシゴシ (;゚д゚) ・・・

みたか食堂 半かつ丼

なんだか相変わらずの“ハミ丼”なのね?Σ(゜▽゜;)

見事に蓋が浮きまくっていて、視覚的に“減量感”が全く感じられないww これもまたインスタ映えってヤツですか?ヽ( ̄▽ ̄i)

オ~プン・ザ・蓋ぁ~~~!!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

みたか食堂 半かつ丼

丼の大きさをナメてますねww 相変わらず卵とじにされたアタマが、蓋のカタチに整形されているし。 でも確かにその標高は低くなっています。

ごはんは減量されていると言っても、並大抵の食堂かつ丼を、軽々と凌駕するボリュームなのは想像に難くないでしょう。 アタマの大きさは普通盛りと同じですので、アタマのバランスが一段と冴えています(>▽<)b

みたか食堂 半かつ丼

カツオ節の出汁の旨味に、甘味にアクセントのある美味しいカエシの効いた丼ツユで、アメ色っぽく煮込まれた玉ネギと、衣までしっかりと染み入った美味しさは格別です。 またしっかり火入れの溶き卵にも、丼ツユの美味しさが染み入っていて、頬張るほどに口福を味わえますよ(((*≧艸≦)

みたか食堂 半かつ丼

やや濃い目の丼ツユに少し飽きたら、ラーメンスープをベースにしたワカメスープや、みたか農場産のキュウリの浅漬けなんぞで口直し。 あんなに山盛りだったカツ丼ですが、確かにご飯の量が抑えられているので、終盤に

「も、も、も、もう食えねぇ~かも・・・ヽ(´Д`;)ノ」

って切迫したところに至る前に、美味しく完食し切れますよ(o^-^o)




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


 

支那そば 墨家 ~福島県郡山市安積町日出山~

家内を連れて日曜日は通し営業になっている「支那そば 墨家」さんへ参りました。 家内はここの冷や中が好きでしてね。 ここに誘ってNOと言う事はまずありません(o^-^o)

「W餃子 (10個・500円)」

墨家 W餃子

家内が一緒なので、迷わず所望しました。 5個・280円が一人前ですが、二人前となる「W餃子」は60円もお得になります♪(〃∇〃)

羽根付きや焼き餃子ですが、勿論自家製です( *´艸`) 一口で頂けるサイズで、滑らかな餡はニンニクの香り穏やかで、野菜の風味がしっかりと伝わって来ます。 下味も適度に付いていますが、タレを作って頂く方が合うと思います。

「和風ぶっかけ (650円)」

墨家 和風ぶっかけ

“夏メニュー”として季節限定で提供中の「和風ぶっかけ」を頂いてみました。 これがまたなかなかのHITで、伝家の宝刀・自家製細麺がベラボウに美味しく頂けちゃいました!(*>∇<)ノ

墨家 和風ぶっかけ

載せモノはシンプルに薬味系で纏められています。 揚げ玉と刻みネギ、そしてオクラと刻み海苔が麺の上に散りばめられています。

墨家 和風ぶっかけ

掛け汁は完全に蕎麦用の和風仕立てで、動物系脂質の油膜もありません。 カツオ節の出汁に二年醸造醤油を使ったカエシが合わせられており、カツオ節の豊かな旨味にやや甘めながら醤油の風味が印象的なカエシが見事にマッチしています。

墨家 和風ぶっかけ

別皿で供されるワサビとトロロを巧く使いながら、お蕎麦チックに楽しめる趣向です。 大旦那は経験豊かな料理人で、昔うどん店も経営していたことがあるくらいですので、まさに出汁やカエシはお手の物なのですねヽ(*’-^*)。

墨家 和風ぶっかけ

麺は冷や中にも使われている、ストレート細麺があしらわれており、茹で前の麺量で180gとなかなかのボリュームです。 キリッと冷水締めされた麺は、プツプツッとした軽快な歯切れの食感と共に、鼻腔に小麦粉の香りも伝えて来ます。

細麺ならではのスープの絡みの良さで、麺を手繰る毎に美味しい和風出汁の効いたスープで口中が満たされます(>▽<)b シンプルだけど、これは美味しい! 蕎麦では感じ得ない、小麦粉ならではの確かなコシを感じさせる麺の底力も魅力的ですね。

真夏の暑さにヤラれて、食欲が湧かない時には是非とも思い出してみて下さいヾ(^▽^*




支那そば 墨家
福島県郡山市安積町日出山2-16
電話;024-907-2072
営業時間;【昼の部】11:00~16:00 【夜の部】17:30~20:00 【日曜日】11:00~20:00
      ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日 ※月曜日が祭日の場合は火曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど


 

紅焔酒家 光華 ~福島県郡山市朝日~

台風5号が思い切り長居をしていた頃の事です。 何とも蒸し暑い中の立秋を迎えました。  そんな夕刻、配達帰りに遅いランチをどこで摂ろうかと考えていたら、

(そうだ! 旨辛麻婆丼が食べたくなったΨ( ̄∇ ̄)Ψ)

と、言う事で「紅焔酒家 光華」さんに立ち回る事にしました。

「麻婆丼・四川 (840円)」

光華 麻婆丼・四川

例によって、カプサイシン満点の辛ぁ~い煙を立てながら、手際よく調理された麻婆丼です( *´艸`) あぁ、これはボクにとってはヤミツキ麻婆丼なんだな♪

光華 麻婆丼・四川

適度にラー油浮きしていますが、花椒もバラッと散らされていて、旨口タイプながら麻辣テイストも華やかなメリハリのある味わいです。

光華 麻婆丼・四川

旨味と甘味、麻辣テイストにプルンと滑らかなお豆腐が、強めのとろみで纏められています。 勿論ご飯にバッチリ纏わり付いて、そりゃあもう美味しいのなんのって♪(〃∇〃)

光華 麻婆丼・四川

共添えのプレーンなスープを時折口に含んで、味覚をリセットしながら頂くと、無限に美味しさのループが楽しめそうです(ノ´∀`*)

光華 麻婆丼・四川

お駄賃に杏仁豆腐をご馳走になりました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ 優しいシロップの甘味で、旨辛麻婆豆腐の後味をスッキリとさせて頂きましたよ(>▽<)b ご馳走様でした!




紅焔酒家 光華 (こうえんしゅか こうか)
福島県郡山市朝日1-20-30ロンパイスビル1F
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】18:00~22:00
定休日;日曜日
駐車場;ビルの共用スペースに3台分、ビルの北側に共用スペース2台分