麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

なかなか潜入が難しくなっている「麺屋 信成」さんですが、この日は巧い具合に「信成」さんの方面への遠距離配達があり、帰り足にようやく今年の初詣をする事が出来ましたヽ( ̄▽ ̄)ノ

「黒しょうゆらーめん (800円)」

麺屋 信成 黒しょうゆらーめん

やっぱりコレを補給ですよ( *´艸`) 濃厚な濃口醤油の香り立ちに、心の揺さぶられる名品です! たっぷりと盛られた刻みネギはその切り方まで工夫が凝らされていて、シャクシャクとした歯触りとネギの風味や辛味が濃厚漆黒スープとのマッチングがはかられています。

麺屋 信成 黒しょうゆらーめん

チャーシューは大振りな豚肩ロースと豚モモ肉の合い盛り。 やや薄目にカットされているので、スープの熱をチャーシューに素早く取り込む共に、スープがぬるくならないのです。 お肉の美味しさや脂身のプルプル、そしてしっとりとした食感と歯切れの良さ。 どれをとっても惚れ惚れします(#^.^#)

麺屋 信成 黒しょうゆらーめん

漆黒スープは濃口醤油をメインとした醤油ダレの押しの強い風味が活かされています。 少し酸味もあって、その風味と旨味の強い醤油ダレは、インパクトの割りには塩味は少し控え目に感じられるほどです。 ベーススープは丸鶏と豚ゲンコツ出汁から引かれていて、魚介系素材を使わずに直球勝負の豪腕です(>▽<)b

最初から振り掛けられる挽き立ての粗挽き黒コショウが、甘くスパイシーな香りと、ピリリとした辛味で芳醇な美味しいスープのディテールを鮮やかに浮き立たせます。

麺屋 信成 黒しょうゆらーめん

加水率低めのストレート細麺は、最初はリズミカルなザクザクとした歯切れの食感があり、程なく漆黒スープの色が染み入るに従い、麺自体にスープの美味しさもしっかりと内包されます。 もうあとは一気呵成に麺を手繰るだけで、一口毎に幸せな美味しさで口中が満たされます(*´Д`*) 仕事場へ引き上げる最中も、味覚に刻まれた味の余韻が尾を曳きました。

『麺屋 信成』 大つけ麺博出店のお知らせ

2017年4月13日(木)~16日(日) 東京都町田市の「町田シバヒロ」で開催される「最強ラーメンFes.」の第3陣に、「麺屋 信成」が初出店致します。
出品作はズバリ「郡山ブラック」ヽ( ̄▽ ̄)ノ 福島三大地鶏とエゴマ豚のダブルスープに、8年熟成国産丸大豆醤油をフィーチャー!関東圏の皆様、どうぞ宜しくお願いします!







麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~最長20:00
     ※売り切れ次第閉店ですが、最近は15時位で暖簾落ちしています
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に供用10台程度


より大きな地図で 麺屋 信成 を表示

 

御食事処 不二家 ~福島県郡山市堂前~

久しぶりに老舗食堂の「御食事処 不二家」さんを訪問しました。 お店は、これまた郡山市きっての伝統校・金透小学校のほぼ真ん前。 七日堂参りで県内屈指の参拝客の集まる如宝寺さんも並ぶ、通称・一心坂へと通じる、旧市内の要所にあります。

「ソースかつ丼 (800円)」

不二家 ソースかつ丼

これはまだ未食のままでしたので、ジリジリとフルコンプを目指して頂いてみましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ オーダーを受けてから肉を叩いている音が聞こえてきました。 文字通り一点仕上げの出来たてです。

望外と言っては失礼ですが、揚げ立てトンカツはカットされる前に、揚げ立ての内にソースに潜らせてありました(*^▽^*) ご飯との間に千切りキャベツが挟まれるのもお約束ですが、ここは更に進化していて、彩り良くニンジンの千切りやキュウリもミックスされた上に、レタスも添えられていました。

不二家 ソースかつ丼

輪切りレモンの半切りに加え、溶きカラシが添えられています。 チューブ入りとは異なり、サラッとソースを纏った衣に塗り付け出来るのが良いです。

不二家 ソースかつ丼

とんかつはそんなに大きな肉ではなく、多分120g程度かと思われますが、下処理も怠りなく筋っぽさなどは全くありません。 衣は細挽きのパン粉で、薄付きながら衣剥がれも無く、文句無しの出来映えです。

不二家 ソースかつ丼

共添えされるお味噌汁は、いつもながらしっかり美味しいヽ( ̄▽ ̄)ノ 香物も自家製で、こういったところに家族経営のキラリと光る良さが感じられます。

不二家 ソースかつ丼

前述の通り、揚げ立てトンカツをソースに潜らせてあるのですが、このソースも自家調整が行われており、ちょっと甘めでスパイシーさは抑え加減です。 白飯にはソースはさほど染みてませんが、テーブル配置の「ソース壺」から竹柄杓でソースを汲んでお好み調整が出来ます。 尚、このテーブル配置の自家調整ソースは、ソースかつ丼用と味筋は変わらないのですが、ドロリとした粘度があり、やや濃い目の味になっています。 

不二家 ソースかつ丼

ごはんの大盛は無料で振る舞ってくれますが、普通盛りで丁度バランスしてますし、成人男性でも程良くお腹を満たしてくれると思います。




御食事処 不二家
福島県郡山市堂前町14-1
電話;024-922-1150
営業時間;【昼の部】10:00~14:00 【夜の部】17:00~20:00 ※諸説あり確定はとれていません。
定休日;日曜日
駐車場;指定駐車場2台分あり


大きな地図で見る
 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

先週の訪問ですが、 定期巡回先の「郡山大勝軒」です。 ここに向かう前に、信号待ちで軽トラを止めたところに、福島県沖を震源とする地震が発生し[福島県沖 M5.6 最大震度5弱]、軽トラは大揺れでビックラこきましたヽ(@ω@;)ノ 風に吹かれて揺れている割りには、随分と大胆な揺れ方だなぁ~と思って、電線を見てみたら、まるで縄跳びのようにブンブンと振れていました(;゚д゚) それで「地震だぁ~(゚д゚lll)」と確証を持った次第です。 毎年3月11日が近づいて来ると、まるで記念行事のように大きな地震が起きている気がします。

「つけ麺 並盛 (750円)」 ※載せモノを色々とご馳走になっちゃいました( ̄▽ ̄i)ゝ

郡山大勝軒 つけ麺

もう券売機にもすっかり慣れました。 そして、ここの麺量も並盛(250g)で落ち着く事になりました。 もう中盛(400g)はキツくなりましたよ(;^ω^) 並盛で充分に満足出来るようになったって事ですが、依然として「郡山大勝軒」の魅力が削がれた訳ではありません。

郡山大勝軒 つけ麺

この日の漬け汁はサバ節のインパクトが前面に出てきて、ラード油膜もやや厚めで迫力もなかなかでした。 りんご酢の甘酢も良い感じに効いていて、とても食べ易くなってました。

郡山大勝軒 つけ麺

自家製ストレート麺は、やっぱり以前よりも細くなっているのが気になります。 茹で時間は短縮できるけど、ムチッとするほどの食感を再び取り戻してくれると嬉しいところです。 それでも小麦粉の香りは相変わらず健在で、素のままで手繰る楽しみは残されています。

郡山大勝軒 つけ麺

漬け汁のカエシは例によってやや強め。 麺の表面がつねルツルなので、これが漬け汁の絡み具合を薄くしてくれて、ちゃんと良い落とし所へと導いてくれます。

この日はカエシもやや強く感じたので、卓上配置の酢とラー油を、こころもち多目に加えたのですが、これがちょっと失敗しまして、漬け汁のバランスを崩してしまいました(反省) ともあれ、全量美味しく完食させて頂きましたよ(>▽<)b




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4 台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


大きな地図で見る
 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

お馴染み、みんなの大衆食堂「みたか食堂」さんへ詣でて参りました。 さて、今日は何を頂きましょうかねぇ~♪Ψ( ̄∇ ̄)Ψと、一応メニューボードを眺める素振りをしたら、女将さんから

「ご飯はあと5分! 今、蒸らし中だから、もうすぐ炊き掛けが出せっからね(*^-^)」

と、言う事で、自動的にご飯物に傾きましたよww

「半中華丼 (700円)」

みたか食堂 半中華丼

普通に「中華丼 (っ*^ ∇^*c)」ってお願いしたら、

「普通盛でいい?(-∀-)」

って聞き直されて、慌てて”半量CALL”にしました。w( ̄▽ ̄;)w ヤバかった! うっかり忘れていました。

「みたか食堂」さんの「中華丼」は、半量でも普通のお店の並盛りを凌駕するモリモリ具合なんです。 “半量CALL”しても、おっきな丼から溢れる寸前って盛り加減Σ(゜▽゜;) そもそもここで普通盛りの「中華丼」って何も知らないで初めて頂いた時しかお目に掛かっていなかったハズです。

みたか食堂 半中華丼

トレードマークの双子卵のゆで卵がセンターにオン! しかも切り口は見た目にも楽しい波目にされています。 そして目にも鮮やかな紅生姜が、モサッと盛られていますが、これが辛味と酸味で「中華丼」を美味しくサポートしてくれます。

みたか食堂 半中華丼

具材は白菜、モヤシ、玉ネギ、人参、ピーマン、豚肉、キクラゲ、カマボコと、十二分の多様ぶりです。 それらを炒め合わせて、ベーススープで煮、塩味仕立ての白餡スタイルとしています。

みたか食堂 半中華丼

お客様の中には、大量に酢をかけて楽しむって方も居るそうですが、ボクは卓上配置の自家製ラー油を時折タラリとやりながら頂きます。

みたか食堂 半中華丼

共添えスープはいつものワカメスープ。 白餡仕立ての「中華丼」ですので、醤油味のワカメスープは味覚のリフレッシュにももってこいです。

みたか食堂 半中華丼

“半量CALL”でも驚きの盛りっぷりでしたが、これでもごはんは確かに半量らしてんです( ̄▽ ̄i)ゝ うむむ、確かに・・・ でも白餡仕立ての具が、丼の上半分くらいの嵩になってます! 食べても食べても減らないような感覚に陥ること請け合いの中華丼は、半量でもハライッパイです(>▽<;;




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00 ※売り切れにより閉店あり
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る
 

そばの神田 ~福島県郡山市駅前~

ヨドバシカメラに買い物に行ったので、「そばの神田」さんで“昼のおやつ”「カレーそば」を頂いて来ました( *´艸`) 昼時に暖簾を潜ることは滅多に無いのですが、女将さんが一人でカウンター内に立ってました。

「カレーそば (390円)」

そばの神田 カレーそば

ご主人さんとは違って、湯がいたそばを丼に移したら、三分目ほどそばつゆを張って、更に“伝家の宝刀”カレー餡が上掛けされます。

「ネギは入れますか?」

と尋ねられたので、この際入れて貰う事にします。

そばの神田 カレーそば

店内にブワッと香るカレーの薫りに、宗田節の濃い目で深ぁ~~い味わい、豚バラ肉&玉ネギの甘味と旨味が、程良くスパイシーなカレーの味と渾然一体となって、ちょっと至福の立ちそばタイムです♪




そばの神田
郡山市駅前1-9-6
TEL;024-932-2039
営業時間;7:30~19:30 (※日曜日はお昼の時間帯に限り営業の模様)
定休日;無休


大きな地図で見る