郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

いつもよりもちょっと早めに昼食が摂れそうだったので、「郡山大勝軒」に行ってみました。 アイドルタイムの最中でも、相変わらず客足が途絶える事は無く、人気は上々ですね。

「スパイシーカレーつけめん 中盛 (830円+0円)」

郡山大勝軒 スパイシーカレーつけめん 中盛

デビュー以来気に入っている「スパイシーカレーつけめん」をまた頂きました。 今回は久しぶりにちょっと欲を出して“中盛”ボタンを“あつもり”でポチりました。 配食の折にホール係のおねぇ~さんが、ペーパーエプロンを薦めてくれたのは嬉しかったな(o^-^o) いくら気をつけて食べても、ほぼ毎回漬け汁が被弾するんです( ̄▽ ̄i)ゝ

郡山大勝軒 スパイシーカレーつけめん 中盛

いつも多様な載せモノ、ご馳走様です♪ヾ(^Д^*)ノ カレーのスパイス香に、ベーススープの魚介系のフレーヴァーが混じり合い、なかなか印象的な漬け汁です。 初期の提供作よりも、更にホットさが控え目にになり、マイルドな印象になった気もしますが、どなたにも受け入れて頂ける落とし所を模索しての事でしょうか。

郡山大勝軒 スパイシーカレーつけめん 中盛

麺は“あつもり”にしたので、最近少々気になっていた、強めの張りが押し出された食感が、やや穏やかに感じられます。 個人的にはもっとしなやかな食感と、程良きモッチリとした噛み応えが好みです。

郡山大勝軒 スパイシーカレーつけめん 中盛

醤油ダレの力強さと豚骨や鶏ガラ、魚介系素材から引き出されたスープに、甘酢とカレーテイストが混和した漬けダレは、複雑な素材からの旨味と特徴が巧く混じり合っています。 そこに躍動的な載せモノからの旨味や味わいが加わり、美味しく食べさせる方程式がが出来上がっていますね。

郡山大勝軒 スパイシーカレーつけめん 中盛

ちょっと濃い目の漬け汁ですが、麺肌はツルッとしていて、過分に漬け汁を絡めないので、意外とスルスルと頂けちゃいます。 中盛は茹で前で300gで、以前ならすんなりと完食していたものですが、久しぶりに“胃力チェック”と思って頂いてみたら、結構ヤバかったですΣ(゜▽゜;) これじゃあ半ライスの追加も楽しめなくなるから、「スパイシーカレーつけめん」の時には、並盛り固定に自制しなくっちゃ(; ・`ω・´)




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4 台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


 

麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

半年ぶりに訪問出来ました(>▽<)b ボクの漆黒系のベンチマークであり、最も厚い信頼を置いているお店「麺屋 信成」さんです。

麺屋 信成

この日は午前中から信成さんの近くに立ち回る事が出来たので、禁断症状どころか寝言も言い始めたので、アレの補給に参りました。

「黒しょうゆらーめん (800円)」 ※半熟味玉ごちそうになっちゃいました(〃∇〃)

信成 黒しょうゆらーめん

配食されると同時に、濃密な濃口醤油の香り立ちに、すっかり心踊らされます。 若干アンバーがかった漆黒スープは、ボクにとってあまりにも魅力的過ぎます。

信成 黒しょうゆらーめん

澄んだスープは丸鶏と豚ゲンコツから引かれていて、出汁ガラにはもう何の旨味も残らないってほどに、持てるエキス分が引き出されています。 スープはあくまでも軽快感を失う事はありませんが、極味と感じられるような完熟した旨味が伝わって来ます。

醤油ダレは甘味と塩味、酸味が巧妙に調和していて、先述のスープの持ち味を打ち消すことなく、素晴らしく美味しいスープにしています。

信成 黒しょうゆらーめん

拍子切りタイプの大振りなメンマは、歯切れの食感をしっかりと伝えつつ、簡単に噛み切れます。 タップリと盛られるネギは、シャクシャクとした食感の削ぎ切りや、青首の小口切り、白髪ネギ、紫玉ネギと多彩な組合せ。 更には水菜の少しばかりホロリとしたほろ苦さも加わり、濃醇な漆黒スープを後味も爽やかにしてくれます。

信成 黒しょうゆらーめん

大判チャーシューは、モモ肉と肩ロースの二種盛り。 この二枚で丼の表層の半分ほどが隠れてしまうほど(〃∇〃) 柔らかさは勿論、しっとりとした肉質の良さと、旨味が存分に楽しめますよ。

信成 黒しょうゆらーめん

麺は低加水タイプのストレート細麺。 ちょっと張りのある歯触りと、弾力とコシのある歯応えと共にザクッと歯切れます。 瞬く間に漆黒スープの色合いが移ってきますけど、食感はそう簡単に失われることはありません。

相変わらず秀逸だなぁ~と脱帽させられるのは、お店を離れて帰途に就いた後も、ずっと美味しい味わいの余韻が口中に残っている事。 その余韻を噛み締めるようにお店を後にする。 それがいつもの“信成詣で”です(o^-^o)




麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~最長20:00
     ※売り切れ次第閉店ですが、最近は15時位で暖簾落ちしています
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に供用10台程度


 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

そろそろ腹が空いてきた夕刻のこと、配達の道すがら、みんなの大衆食堂「みたか食堂」さんの前を通りかかったら、まるで奇蹟のようにお店の前に店主さんが立っていて、ボクに気付いて笑顔を差し向けてくれました。

はい、すんなりとスクーターはお店の前へと吸い寄せられるように横付けです( ̄▽ ̄i)ゝ お陰で幸せな昼食にありついて参りました(ノ´∀`*)

「もりそば+半カレー (600円+350円)」 ※特別ご奉仕セット価格

みたか食堂 もりそば+半カレー

この組合せもすっかり「みたか食堂」さんの夏の定番です。 たっぷりと炭水化物を摂りたい方には、間違いなく喜ばれるテッパンの組合せですよ。

みたか食堂 もりそば+半カレー

そばは製麺所への委託製麺ですが、蕎麦の甘い香りはちゃんとありますし、ツルツルとした滑らかな麺肌に、中太な平断面のそばは、出前にも耐えうるコシの強さも申し分無しです。

みたか食堂 もりそば

薬味の加わる揚げ玉は、店主さんが市販品では飽きたらず、そばの為だけに自家製で作られます。 瑞々しいキュウリの浅漬けは、「みたか農園」謹製のキュウリを自家製にしています。 ネギも自家製で晒しネギにして、臭みと辛味は抑えられ、シャクシャクとした鮮味感が活きています。 ワサビは蕎麦つゆにサラッと溶け馴染むタイプ。 文句無しのお供です。

みたか食堂 もりそば

久々の「もりそば」を蕎麦つゆにドップリと潜らせて手繰れば、味わい豊かな蕎麦つゆの美味しさに満たされますw( ̄▽ ̄;)w 華やかなカツオ節と底力と旨味の宗田節が、甘めで風味豊かなカエシで活き活きとしています。

この蕎麦つゆ、ストレート瓶詰め品にして売ってくれないかなぁ~ そしたら宅食で出汁を引いたりカエシを寝かしておいたりしているよりも、ずっと美味しく頂けるんだけどなぁ~♪(〃∇〃)

みたか食堂 半カレー

「半カレー」は例によって“半カレーにあらざるボリューム”です(;゚д゚) スパイシーな香り立ちのカレー・ルーは、粘性が高くて味目も濃ゆいもの。 具材は豚バラ肉と玉ネギだけというシンプルさながら、玉ネギの甘味と豚バラ肉の旨味が存分に活かされていて、一口頬張れば口福は間違い無しです( *´艸`)

みたか食堂 半カレー

色鮮やかな真っ赤な福神漬けは、口直しと言うよりも濃ゆい味わいを更に増幅させているかもww

みたか食堂 半カレー

甘味と旨味が怒涛の如くに広がり、後からスパイシーさとカイエンペッパーのホットさが追い掛けてくる“Sweet,Hot & Spicy”な味わいに、この日も完全にヤラれちゃいました(*>∇<)ノ




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


 

チャイニーズレストラン みかど ~福島県郡山市方八町~

この日も晴天でカラリと気持ちの良い暑さでした。 そんでもって夕方になるとちょっとヒンヤリと涼しくなるので、とても過ごし易い一日でした(o^-^o) 郡山市の東部幹線沿い方八町地内にある「チャイニーズレストラン みかど」さんで、冷や中がスタートしていると言う事で、コチラの冷や中を久しぶりに頂いて参りましたよo(*^^*)o

「冷やし中華 大盛 (853円+108円)」

みかど 冷やし中華 大盛

さすがは中国料理専門店です! 載せモノもタップですし、刻みチャーシューや錦糸卵など、ちょっとゴージャス感が漂っています。 キンと冷やされたガラス皿が用いられてるあたりも、なかなかオシャレじゃありませんか(>▽<)b

みかど 冷やし中華 大盛

キュウリは千切りと言うよりもやや大きめのカットですが、瑞々しさやシャクシャクとした食感など、これはかえって新鮮な驚きでした。 レタスが布かれた上にキリッと冷水締めされた麺が盛られて、その麺がほぼ隠れてしまうほどの載せモノが覆い尽くしています。

みかど 冷やし中華 大盛

この刻みチャーシューの柔らかく美味しいこと♪( *´艸`) 脂身は巧妙に避けられていて、柔らかく、そして程良くチャーダレの味が染み入った肉の旨味が伝わって来ます。 ちょっと余所ではあまり見られない載せモノが、椎茸の甘煮ですね。 程良い甘じょっぱさが味幅を広げてくれます。

みかど 冷やし中華 大盛

レタスや櫛切りトマトなど、ちょっとサラダ仕立てのように配されていますが、“非マヨ”であるあたりも、当地では逆に個性的と見られるかも知れません。 でも冷や中スープに摺り白ゴマが多目に仕込まれていて、程良くナッティーさが感じられますので、マヨラーにとっても物足りなさは感じないでしょう。

冷や中スープは程良く甘酸っぱさが利かされていて、ベーススープの旨味もちゃんと伝わって来ます。 醤油ダレもバランス良く、そのまま飲んでしまう事だって出来る味加減です。

みかど 冷やし中華 大盛

麺はしなやかさとムッチリとした噛み応えがあります。 麺線としては中麺タイプですが、氷水でキリリと締められていても、ツルツル感を失わず、美味しい冷や中かスープをたっぷりと口の中まで運び上げてくれる含みの良さも上々です。

“大盛CALL”はしましたが、成人男性ならこれくらいの麺量でハライッパイを堪能して欲しいもの。 飽くことなく最後まで美味しく頂ける、そんでもってちょっと豪華版な冷や中でした(*>∇<)ノ




チャイニーズレストラン みかど
福島県郡山市方八町2-19-10
電話;024-944-8338
営業時間;11:00~21:00
     ※お得なランチタイム;11:00~15:00
定休日;木曜日
駐車場;30台

 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

GWを挟んでいたこともあり、とても久しぶりの訪問となってしまった「みたか食堂」さんです。 この日はいつもよりも少し早めに潜入出来たのですが、ナント店内はほぼ満席(;゚д゚) 女将さんがVIP席を勧めてくれました。

実は無芸、「みたか食堂」さんのVIP席はこれが初体験( ̄▽ ̄i)ゝ そう、いつも比較的空いている時間に訪問しているので、その必要がなかった訳でして・・・ まさか奥の間があんなに広いとはこの時まで知らなかったのであります(恥) でも畳布きのお座敷ですので、そこはまさに“デブ殺し”とも言える処刑場(;´Д`) 出来ればいつものテーブル席希望です。

「冷やし中華 (800円)」

みたか食堂 冷やし中華

冷や中には微妙な気温だったけど、“伝家の宝刀・みたかの冷や中”が提供開始になっているとあらば、やっぱりコレ一択でしょうo(*^^*)o

先ずは冷や中スープをちょいと啜ってみれば、今年も変わらぬ安定の美味しさ(〃∇〃) 全く期待通りと言うか、

(あぁ、コレだよコレ♪ヽ(。>▽<。)ノ)

と心底嬉しくなる。 惚れ込んだアノ味わいが、記憶の味と寸分違わず口中を満たしてくれるシアワセ( *´艸`)

みたか食堂 冷やし中華

美しい錦糸卵としっかりごん太なコリッコリの中華クラゲ。 素早く冷や中スープに溶け馴染む溶きカラシもいつもの通りです。

みたか食堂 冷やし中華

ほぐしカニカマに大量の紅ショウガ、ジャクジャク歯触りの瑞々しいキュウリの千切りに脂身の少ない大判チャーシューが添えられます。 麺が見えないほど盛り込まれた具材は、彩り良く食感も豊かで目にも美しいです。

みたか食堂 冷やし中華

卓上配置のマヨネーズはお好み次第の掛け放題(>▽<)b マヨラ~ならずとも、我らが郷土の冷や中には、マヨネーズは必須アイテムであります。

みたか食堂 冷やし中華

麺は中太多加水熟成麺。 しっかりと茹で上げた上で、丁寧に洗い締めされた麺は、ツルっとした舌触りと、噛めばシコシコとしたコシのある食感。

程良くゴマ油の香りが漂う、まるでりんご酢のようなフルーティーな酸味と、濃厚な濃口醤油の風味も漂う、ちょっと甘めでメリハリのある冷や中スープとも相性バッチリです。

そこにマヨネーズのコッテリとした旨味と、溶き辛子の辛味が加わると、美味しさに更なる拍車が掛かって、冷や中スープさえも飲み干してしまいそうになりますよ(o^-^o)




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分