みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

この日は朝から陽射しが強く、日中は遂に30℃越えをしました。 そんな蒸し暑い夕刻、ボクを体の芯から元気づけてくれるのが、みんなの大衆食堂「みたか食堂」さんですヽ( ̄▽ ̄)ノ ついつい足が向いてしまうんだなぁ~( ̄▽ ̄i)ゝ

「冷やし中華 (800円)」

みたか食堂 冷やし中華

やっぱり冷や中! 並盛りでも充分なモリモリ具合が嬉しいところ。 みたか農園で採れたキュウリの千切りがワシッと一掴みほど( *´艸`)

みたか食堂 冷やし中華
太目の中華クラゲは、甘酸っぱい味の染み入り方も上々で、コリコリとした食感も涼やかです。

みたか食堂 冷やし中華

脂身の少ないモモ肉チャーシューは、短冊切りにするまでもなく、柔らかく歯切れます。

みたか食堂 冷やし中華

この錦糸卵には参ります(>▽<;; 自作でマネしようにも、中華鍋でないと出来ないし、また鍋肌の温度も制御が難しい。 ほとんどの具材が自家製です。

みたか食堂 冷やし中華

卓上配置のマヨネーズは、セルフでカケホでマヨラー感涙ものww 甘めの冷や中スープに、マヨネーズの酸味とコッテリとした旨味は、最初から計算尽くですよね?って位に良くマッチします。

みたか食堂 冷やし中華

委託製麺の多加水ストレート中太麺は、しっかりと湯がかれた後に冷水で洗い締めされます。 ツルツルとした舌触りの良さと、程良くコシのある歯応えも冷や中向き。 麺量も豊富ですので、その口福が長く楽しめて嬉しい限りです♪

冷や中スープの濃度も、完飲出来る位ですので、ついついクピクピと飲んでしまうんだなヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘ 今日も大変美味しゅうございました(*>∇<)ノ




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

かれこれ30年近くのお付き合いを頂いているお客様が、無芸の仕事場を訪問された後に、「みたか食堂」さんに立ち回るのを楽しみにしているそうです。 しかもご婦人なのですが、しこたま美味い食べ物とワインを嗜んできた方でして、そんな彼女が楽しみにリピしているってのは、ボクとしてはとても嬉しいところです(o^-^o)

唯一彼女の心配事と言えば、名物とも言えるあのモリモリ具合にヤラれないかどうか(`・ω´・ ;) まあ無理もないです。 並盛りでも最近はボクも危ういくらいの盛りっぷりですからね。

そんな彼女が「半サイズなら大丈夫でした!(>▽<)b」と言いますので、試しに“ハミ丼”が“並丼”になるかを試してみる事にしましたo(*^^*)o

「半かつ丼 (850円)」

みたか食堂 半かつ丼

うえっ?Σ(oДolll)ノノ 何だかやっぱり蓋が浮いてません?(@・艸・;)

みたか食堂 半かつ丼

これで半サイズって・・・

何が半分なのかナゾいなぁ~ ( ̄  ̄;) うーん

取りあえず実態確認の為に

オープン・ザ・蓋ぁ~~!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

みたか食堂 半かつ丼

やっぱり丼の縁を上回る盛りっぷりじゃないっスか!(*>∇<)ノ (←変な安心感ww)

でも良く観察してみると、確かにご飯は大分減らされているみたいです。 煮込みカツのアタマの丁度中央部がやや平たいww いつもなら蓋で押さえられて蓋の内側のカタチに整形されて来るもんね(((*≧艸≦)

みたか食堂 半かつ丼

煮込みカツのアタマは並盛りと同じで、ご飯だけが減量されているって事で、ある意味贅沢仕様とも言えるかも。 丼ツユはいつも通り、カツオ節とサバ節の香りと旨味、少しだけ濃い目のカエシの調子で、やや甘さが際立つ甘じょっぱい味わい! 例によって双子卵の溶き卵でとじられているので、卵黄多目の濃厚テイスト。

ロースカツは柔らかく、脂身まで美味しく、たっぷりと丼ツユの染み込んだ衣がまた一段と美味しい♪ 手前からホジホジしながら食べ進んで行くと、確かにご飯の分量は少なくされてました。 普段なら半分まで行くと、もう満腹サインが出るのですが、この調子なら快調にイケますね(〃∇〃) ツユダクの一歩手前の“ツユやや多目”って加減も最高ですね。

みたか食堂 半かつ丼

共添えのワカメスープとキュウリのお漬け物が、ちょいと甘めのかつ丼を飽きさせることなくサポートしてくれます。 うぅ~~ん、これはイイかも知れない。 これにミニサイズの冷やしぶっかけそばがセットされていたら、無敵のかつ丼セットになりそうだ。 あぁ、圧倒的な胃力が欲しい・・・

この甘めの丼ツユは、みたか食堂さんの秀でた特徴ですが、卓上配置の七味唐辛子なんぞを振りますと、甘いタイプが苦手な方でもイケるでしょう。 試してみたいのは喜多方かつ丼の如くに、ウスターソースを掛けてみたい.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。  多分、喜多方かつ丼が好きな方にはイメージして頂けると思います。




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る
 

支那そば 墨家 ~福島県郡山市安積町日出山~

一時の4月並の気温から、ようやく平年に近づきつつある今日この頃、日中の陽射しの下では、もう夏の暑さが感じられます。 足踏み気味だった“冷や中熱”もプラスに振れ始めました( *´艸`)

「サラダ風冷やし中華 (800円)」

墨家 サラダ風冷やし中華

実は“マヨ増しCALL”しちゃったん♪(((*≧艸≦) ありがてぇ~ことに、デフォの4倍くらい載せてもらっちゃっいました♪ なんだべね、このワクワク感は(>▽<)b マヨ好きさんは、少し勇気を持ってお願いしてみて下さいな。

墨家 サラダ風冷やし中華

千切りキュウリに櫛切りトマト、レタスの間にはワカメもあって、マヨの下には千切りキャベツがありますよ。 流石は“サラダ風”と銘打つだけのことはあります。

墨家 サラダ風冷やし中華

お店自慢の柔らかチャーシューは、脂身の部位を巧く交わしながら短冊状に切り揃えられています。 常温よりもやや冷たい状態でも、いつもの柔らかさは健在です(o^-^o)

墨家 サラダ風冷やし中華

冷や中スープは甘酸っぱさとカエシの効かせ具合が絶妙で、どちらかと言えばやや甘めです。 この日は冷や中スープの仕込みたてだったのか、生姜の味香がハッキリと伝わって来ました。 今まではソレと気付かされた事がなかったので、今更ながら少し驚きです。

墨家 サラダ風冷やし中華

自家製ストレート細麺は、ややオーバーボイル気味にされているのか、冷水締めにされてもしなやかな舌触りが損なわれることはありません。 それどころか、この細麺の魅力ときたら、もう堪らん美味しさです。

美味しい冷や中スープをタップリと口の中まで運び上げてくれて、麺を手繰る楽しみをより一層ステキなモノにしています。 麺量は茹で前で180gとされているようで、世間一般の普通盛りよりは間違いなく多目です。 よって“大盛CALL”をしなくても、結構良い案配に満腹になれる事請け合いです(*>∇<)ノ




支那そば 墨家
福島県郡山市安積町日出山2-16
電話;024-907-2072
営業時間;【昼の部】11:00~16:00 【夜の部】17:30~20:00 【日曜日】11:00~20:00
      ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日 ※月曜日が祭日の場合は火曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど


 

チャイニーズレストラン みかど ~福島県郡山市方八町~

ちょっと久しぶりの「チャイニーズレストラン みかど」さんです。 通し営業でボリュームと味も上々で、とても親しみ易い老舗の中華料理店さんです(o^-^o)

この日は17時を過ぎてからの訪問になったのですが、平日のそんな時間にもかかわらず、既に夕食を摂りに来ているお客様が結構居ました。 駐車場にはそんなに車は駐まっていなかったし、お酒を嗜みながらのお客様も見られましたから、徒歩圏内の常連さんが多かったみたいです。

「五目飯 (通常816円のところ691円)」 ※日替わりサービス

みかど 中華丼

年明けから価格の見直しが行われたとは言え、相変わらずの良心価格は嬉しいところ。 グランドメニューも相当使い込まれていたのですが、最近更新されたばかりのようで、ピッカピカで気持ち良いです。

みかど 中華丼

何時もと変わらないモリモリ具合の中華丼に、香物とスープが添えられます。 いつも同じスープなのですが、溶き卵の流されたプレーンなものですが、三つ葉の良い香りが清々しいんです。

みかど 中華丼

具材は豚肉、エビ、ハム、ウズラの卵、タケノコの水煮、キャベツ、キクラゲ、人参、絹さやといったところ。

みかど 中華丼

これを醤油味仕立ての中華餡は、少し甘めでみたらしっぽいバランスながら、味付けは濃すぎることなく、旨味調味料も出過ぎることなく、トロミの掛け方も絶妙です。

みかど 中華丼

この美味しい餡が白飯にしっかりと絡んで、そりゃあ旨いのなんのって♪ やや甘口仕立てですので、お好み次第で卓上配置のラー油で締めるのもお薦めですよ♪(゚▽^*)ノ⌒☆




チャイニーズレストラン みかど
福島県郡山市方八町2-19-10
電話;024-944-8338
営業時間;11:00~21:00
     ※お得なランチタイム;11:00~15:00
定休日;木曜日
駐車場;30台


大きな地図で見る
 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

2年ぶりに夏メニューの冷や中が復活したと言う事で、夏の暑さが戻ってきたタイミングを見計らって「郡山大勝軒」に潜入してきました(o^-^o)

「ゴマダレ冷やし中華 中盛 (800円+0円)」

郡山大勝軒 ゴマダレ冷やし中華 中盛

ぐわっ?!(;゚д゚) な、な、な、なんですか! このモリモリはっ!((ノ)゚ω(ヾ))

確か券売機では「中盛 300g」って表示されていたハズなんだけど、どう見ても茹で前麺量300gとは思えないですよ(゚A゚;)ゴクリ

思わずカウンター越しに、茹場の担当さんに聞いちゃいましたよ。

「ねえ、これって本当に中盛? 本当に300gなの?( ̄ω ̄;)」

「あっハイ! 中盛ですけど、郡山店は350gです(*>∇<)ノ」

どうも、仙台店は300gらしいけど、郡山店は独自の中盛らしいです( ̄▼ ̄|||) オーダーしちまったから、意地でも残せねぇ~なぁ~( ̄  ̄;)

ってな事で、初っぱなから“麺量テロ”で慌てさせられましたけど、載せモノのバリエーションとタップリ加減は、ちょいと見所ですよ。

郡山大勝軒 ゴマダレ冷やし中華 中盛

櫛切りレモンは何気に嬉しいナ 基本的にはこの冷や中の為だけに用意された食材は、プチトマトとキュウリ、あとマヨネーズだけですね。

郡山大勝軒 ゴマダレ冷やし中華 中盛

メンマもドサッと載っていて、辛味ネギにマヨネーズが寄せ盛りされているのは良い発想です。 バラ巻きチャーシュが1枚、ドン載せされて来ますが、やはり脂身が固化しますので、出来れば極薄切りにしたモモ肉チャーシューの方がマッチしそうな気がします。

郡山大勝軒 ゴマダレ冷やし中華 中盛

ゴマダレ仕立ての冷や中スープは、やや甘めに振られていて、ゴマ濃度は丁度良い位です。 味はちょっと濃い目ですけど、自家製太麺が合わされているので、絡み過ぎることもなくバランスしています。 辛味や酸味はやや控え目に感じましたが、テーブル配置のラー油や酢で、お好みチューンも思いのままですΨ( ̄∇ ̄)Ψ

郡山大勝軒 ゴマダレ冷やし中華 中盛

自家製太麺は、洗い締めされた上に、冷たい冷や中スープに漬されていますので、その食感は恐ろしいほどの力強さです(゚д゚lll) 言わばワシワシと噛み砕くように食べ進むもので、ツルツルと啜る事は不可能です(>▽<;;

確かに冷や中スタイルではありますが、どこかしら油そばとも通じる食べ方になると思います。 麺を噛んでいる内に、満腹中枢がシグナルを出すかと思ったのですが、何とかキレイに完食に持ち込めました( ̄▽ ̄i)ゝ

2年ぶりの再会メニューでしたけど、これは確かに個性的な冷や中です。 当然ながら大盛もありますので、ガッツリと行きたい方は、是非とも挑戦を!




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4 台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


大きな地図で見る