喜多方ラーメンフェスタ2018 「らぁ麺 やまぐち」

今年の「喜多方ラーメンフェスタ」には、会津が生んだラーメン界の巨匠「らぁ麺 やまぐち」さんが出店していました。 郡山市で開催された「福島ラーメンショー」には既に凱旋出店を果たしていましたが、本当に生まれ育った故郷・会津への凱旋出店は今回が初めてでした(o^-^o)

喜多方ラーメンフェスタ2018 らぁ麺 やまぐち

当然ながら地元の喜多方・会津の皆さんにとっては、郷土が誇る巨匠の味を満喫する素晴らしい好機ですので、こちらも終始行列が絶えることはありませんでした。

店主・山口裕史さんが世に問うた「鶏そば」で名を馳せる「らぁ麺 やまぐち」(新宿区西早稲田)に加えて、現在は麻辣愛好家のハートを射止めて止まない「らぁ麺 やまぐち 辣式」(江東区東陽)も開店し、二つの強烈な存在感を放つ名品がラーメンフリークに愛されています。

今回出品されたのは「らぁ麺 やまぐち」の原点である「鶏そば」ですΨ( ̄∇ ̄)Ψ 上京しなくても山口さんが作ってくれる「鶏そば」を頂けるなんて、嬉しさ以外の何ものでもありません(〃∇〃)

「鶏そば (600円)」 ※イベント均一価格

喜多方ラーメンフェスタ2018 らぁ麺 やまぐち 「鶏そば」

シンプルなルックスながら、スープ、醤油ダレ、麺、チャーシューなど、それぞれにきめ細かな技巧が凝らされています。

喜多方ラーメンフェスタ2018 らぁ麺 やまぐち 「鶏そば」

貴重な会津地鶏とニボシの旨味を、巧みに調整しています。 少しニボシの存在感が分かり易くビターさも演出されています。 醤油ダレの利かせ方もニクイほどの絶妙さで、風味や旨味が明瞭なだけではなく、半味のアクセントが込められています。

喜多方ラーメンフェスタ2018 らぁ麺 やまぐち 「鶏そば」

ゴリ押しな旨味ではなく、しっとりと品の良い味わいは、和食の技にも通じそうな高みを感じさせます。 チャーショーもしっとりとした食感に舌の上に旨味が感じられる仕立て上がりです。

喜多方ラーメンフェスタ2018 らぁ麺 やまぐち
【↑山口氏から撮影許可を頂いております↑】

僅か1分程度で茹で切られるストレート細麺は、軽妙な歯触りが心地好く、小麦粉の風味も伝わってくる、イベント出品作にあるまじきシロモノ(^_^;)

喜多方ラーメンフェスタ2018 らぁ麺 やまぐち 「鶏そば」

たっぷりとスープを纏って口の中がジャブジャブになるほどの持ち上げの良さ。 ザクザクと手繰れば至福の一時です(〃^ー^〃) 

地鶏ラーメン ありがとう ~福島県郡山市昭和~

前日に「喜多方ラーメンフェスタ」でラーメン三昧して来たのですが、この日もまたラーメンを食べちゃった(〃'∇'〃)ゝエヘヘ 旗日だったので仕事場一時閉店して、家内を連れて行きたかった「地鶏ラーメン ありがとう」さんへと参じました。

「塩ラーメン (650円)」 ※味玉ご馳走になっちゃいました(〃∇〃)

ありがとう 塩ラーメン

ほんの三年くらい前までは「塩ラ~の良さが良く分からないなぁ・・・o( ̄ー ̄;)ゞ」と言って憚らなかったボクが、今ではその垣根も完全に消え去り、“進んで食べたい塩ラ~”がいくつかあるようになりました。 その中の一杯がこの塩ラ~です♪

ありがとう 塩ラーメン

豚ロースチャーシューはいつも通りのクォリティー。 脂身ウマし! 肉ウマし! 程良く染み入るチャーダレウマし!と全く隙のない仕上がりです(o^-^o)

ありがとう 塩ラーメン

いつも感心してしまう美しく均一な切り幅のネギ。 辛味や臭みは控え目で、スープの風味をマスキングすることもなく、程良くスープの熱が加わってくると、柔らかさと甘味が舌の上に優しく感じられます。

ありがとう 塩ラーメン

半熟味玉は見事に黄身がトロトロ状態(*´艸`*)ァハ♪ 白身に移った醤油ダレの色から想像するような味の染み入り方はしておらず、意外にも柔らかなタッチの味付けです。

甘さをたたえた鶏出汁スープは、伊達鶏の胴ガラとモミジをメインに、昆布や貝出汁の旨味が加わっているらしいです。 スープの表層にはコラーゲン膜も見られますが、あくまでも軽快感を損なわない鶏出汁清湯スープです。

ありがとう 塩ラーメン

卵も練り込まれているという低加水タイプのストレート細麺は、心愉しい歯切れの食感と、スープをたっぷりと含んで口の中まで汲み上げてくれます。 最後まで麺の食感がユルくならないのも好印象。 昼の部の終わり際に訪問しましたが、味ブレも無く見事に調律されていましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ

「おめで鯛飯 (300円)」 ※月に一度の限定提供

ありがとう おめで鯛飯

昨年から何度か限定提供されていたスペシャルなサイドメニューに初めてありつけましたヽ( ̄▽ ̄)ノ だから敢えてのシンプルな塩ラ~を選んだのです( *´艸`)

ありがとう おめで鯛飯

程良い厚みに切り揃えられた鯛刺しが、焼きバラ海苔、小口ネギ、白ゴマの盛られた白飯の上に鎮座します。 ビジュアルもお見事ですね(o^-^o)

ありがとう おめで鯛飯

特製の塩ダレがワサビと共に添えられて来ます。 塩味のアタリが柔らかく、表層の油はもしかするとゴマ油ですかね? 焙煎香はそんなに感じられなかったですが、少量の油分はきっとマッチしますね。

ありがとう おめで鯛飯

こりゃあウマい!゚+.(ノ。’▽’)ノ*.オオォォ☆゚・:*☆

ご飯自体も美味しいですし、焼きバラ海苔の芳醇な香りも全然邪魔しないです。 それどころか食欲をソソられます! 食べ進めたところで塩ラ~のスープを足してみますと、これまた美味しさに変化が楽しめます。 これ、和食ですよヽ( ̄▽ ̄i) 罪作りだなぁ~




地鶏ラーメン ありがとう FACEBOOK
福島県郡山市昭和2-2-15
営業時間;【昼の部】 11:00~14:30 【夜の部】 17:00~20:00
定休日;月曜日
駐車場;店舗左側(4台)、店舗右側(2台 4番・6番)、福島銀行東側の指定駐車場(4台)


 

喜多方ラーメンフェスタ 2018 「俺のラーメン こうた」

引き続き「喜多方ラーメンフェスタ」のエントリーです。 札幌市から出店の「俺のラーメン こうた」さんは、今回がイベント初出店だったそうですが、会期中行列が途絶える事は無く、最多売上げ杯数となる1,848杯でデビュー・ウィンを飾ったそうですヽ( ̄▽ ̄)ノ おめでとうございました!

喜多方ラーメンフェスタ 「俺のラーメン こうた」

麺の茹で時間が長く掛かるにも関わらず、最速160杯/時でブン回したそうですから、オペレーションもなかなかのものです(o^-^o) 出店に先駆けて札幌の実店舗での先行仕込みを行いながら、ファサードの作成やPOP作製、ブツ撮りのデータ提出など、本当に目が回るような準備だったと思います。 そのガンバリは来場のお客様からの支持というカタチで報われましたね(o^-^o) 今後のご活躍が楽しみです。

「濃厚札幌味噌ラーメン (600円)」 ※イベント均一価格

喜多方ラーメンフェスタ 「俺のラーメン こうた」 濃厚札幌味噌ラーメン

今回の出店社の中で最もゴージャスな仕立てだったかも知れません。 豚バラチャーシューが2枚に加えて、味玉までデフォとされていて、かなりの大サービスぶりでした。

喜多方ラーメンフェスタ 「俺のラーメン こうた」 濃厚札幌味噌ラーメン

お味はと言えば、サッポロらしくラード油膜はお約束だけど、オイリーな感じはしませんでした。 どうも魚粉が仕込まれているらしいのですが、青っぽさを意識させられることは無いと思います。 明瞭に伝わる生姜テイスト。 野菜炒め炙りとは異なる、スマートな味噌の味わいが豊かに広がります。

喜多方ラーメンフェスタ 「俺のラーメン こうた」 濃厚札幌味噌ラーメン

少し甘味があって、濃ゅ~~い味噌テイストの塩辛さを、巧く円やかに感じさせます。 仄かに香る白ゴマと辛味は仕込まれていないのか、かなり控え目なのか、お陰でお子様でも安心して頂けます。

喜多方ラーメンフェスタ 「俺のラーメン こうた」 濃厚札幌味噌ラーメン

麺はクチナシ色素入りの黄色中太縮れ麺。 ゴリゴリでななく、程よくコシのある噛み応え。 躰の芯から温まりそうな、雪国ならではの充実の味わいでしたΨ( ̄∇ ̄)Ψ 

唐揚げ専門店 ずーから ~福島県郡山市朝日~

ボクとしてはちょっと珍しいのですが、テイクアウトのお弁当屋さんをご紹介します。 こちらは明日[2018/02/15]にグランドオープンを迎える「唐揚げ専門店 ずーから」さんです。 先月からプレオープン営業をしていて、ちょっと気になる文言のキャッチに引き寄せられて訪問してみました。

唐揚げ専門店 ずーから

場所は東部幹線沿いの朝日地内。 かなり交通量の多い幹線道路沿いですが、「菜々家 朝日店」の150mほど北隣で、道路を挟んだ真向かいには「タビックスジャパン 郡山支店」があります。 小さいながらも懸命に目立つように黄色い建物が見えてきます。 お店の南隣には3台分の駐車場がありますが、多分お店の営業車と思われる軽1BOXで1台塞がっていますので、都合2台分とか確保されていません。

“福島県食べログ1位のソースカツ丼”ってところに引っかかっていたのですが、

それって「牛乳屋食堂」さんのソースですかね?σ( ̄、 ̄=)

って尋ねてみたところ、これが全く望外のハナシが聞けました。

ナント、南会津町田島の「ラーメンまりちゃん」のソースだと言うのです!((ノ)゚ω(ヾ))

確かに「ラーメンまりちゃん」「食べログ」で福島県のソースかつ丼部門第1位にランキングされていたと言うのは事実ですし、自分も詣でた事がありました(訪問記)。 あの美味しかったソースカツ丼が郡山でも頂けるのかぁ~(〃∇〃)

ずーから メニュー
           ↑↑ Clickで拡大 ↑↑

と、ところが残念ながら、この日は待望の「ソースカツ丼」は完売となっていて、またのお楽しみって事になっちゃいました( ̄▽ ̄i)ゝ でも自慢の唐揚げにまりちゃんソース味があると言う事で、こちらを頂いて参りましたよ♪Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

「唐揚げ弁当・中 (490円)」 ※各種オプション込み

ずーから 唐揚げ弁当(中)

唐揚げ4個のメイングレードになりそうなのを選んでみました。 唐揚げは標準セレクトの塩味と醤油味の他に、今回選んだソース味をはじめとする数種類があります。 希望の味付けを選ぶと、1個あたり10円のエクストラコストが加算されることになりますが、非常にきめ細やかなことに、味付けは一個ずつ別々に指定することも出来ると言います。

ずーから 唐揚げ弁当(中)

ボクは普段はそんなに鶏唐揚げは進んで頂く方ではありませんが、鶏胸肉が軟らかく、甘めのまりちゃんソース味は、とても美味しく頂けました(〃∇〃)

ずーから 唐揚げ弁当(中)

更には「ラーメンまりちゃん」のソースのソースカツ丼の共添えされる「キムチ唐辛子」まで引かれていました( *´艸`) こちらも50円増しですが、単なる会津辛味噌とは一線を画する複雑で柔らな甘味もあるオリジナルの味わいです。

自慢の唐揚げ3個とハーフサイズのとんかつを盛り合わせたメニュー「ずーから弁当」も人気のようですが、ここはやはり「大ソースカツ丼」を頂いてみたいところです!v(≧∇≦)v




唐揚げ専門店 ずーから
福島県郡山市朝日1-5-14
電話;024-927-5567
営業時間;11:00~19:00
定休日;日曜日


 

喜多方ラーメンフェスタ 2018 「Bum Bun Blau Cafe」

正式なイベントのお題目は「第18回 蔵のまち喜多方冬まつり 全国ラーメンフェスタ」と長いので、略称として「喜多方ラーメンフェスタ」が通り名になっております。 今年は2018年10日(土)・11日(日)の両日開催されました。

今年は「福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊」が会津エリア初参加と言う事で、仮に吹雪となろうとも参上するつもりでおりました(o^-^o) このイベントのエントリーは、既にイベント自体が終了していますので、手が空いた時にボチボチ挙げて行く事にします。

喜多方ラーメンフェスタ

昼時のピークタイムが一段落し掛かったタイミングに到着したので、巧い具合に会場敷地内の駐車スペースに空きを見つけてデポ出来ました。 この日はイベントの総仕上げとなる最終日でもあり、開催会場の大ホールでのイベントも重なり、最高潮の賑わいとなっていたようです(o^-^o)

さて、「喜多方ラーメンフェスタ」の会場はと言いますと、メイン会場脇の屋外に誂えられたテント村(;^ω^) 毎度のことですが、真冬にテント村での開催ってのは、出店社の皆様に多大なダメージを見舞わせます。 でも焚き物の湯気や換気、排水問題の解決も含めると、天候事案を除けば
非常に理想的な選択ではあります。

この日は昼過ぎからジリジリと天候が悪化の一途で、雪が降り出し気温も急降下と、まさにラーメン喰いのハートに火を点けるが如き演出ではありませんかっ!(`・ω´・ ;) さすれば6店の出店社から、最初に選択したのはコチラ。

喜多方ラーメンフェスタ 「Bum Bun Blau Cafe」

ミシュランのビブ・グルマンとして掲載されている「Bum Bun Blau Cafe (ブン・ブン・ブラウ・カフェ)さんから行ってみよう!o(@^◇^@)o

「醤油らーめん (600円)」 ※イベント均一価格

喜多方ラーメンフェスタ 「Bum Bun Blau Cafe」 醤油らーめん

事前にサーベイしてなかったので、お店の前に立ってから自家製の翡翠麺仕様である事を知りました( ̄▽ ̄i)ゝ スピルリナという藻を麺に練り込んでいるそうで、お店のコンセプトである“カラダに良くて美味しい”のテーマに沿ったものだそうです。

喜多方ラーメンフェスタ 「Bum Bun Blau Cafe」 醤油らーめん

味わい良く醤油ダレの利かされたスープは、青森シャモロックなどを中心に引かれた豊かな鶏出汁の旨味と、合わせスープとしてニボシの旨味も柔らかくフィットしています。

喜多方ラーメンフェスタ 「Bum Bun Blau Cafe」 醤油らーめん

チャーシューはバラ肉とモモ肉の二種類の合い盛りで、しっとりとした柔らかな食感や、ジワッと伝わって来る肉の旨味がお店クォリティーのまんまです。 穂先メンマも柔らかく、やや甘めの味付けが心地佳く感じられました。

喜多方ラーメンフェスタ 「Bum Bun Blau Cafe」 醤油らーめん

先述の翡翠麺は口にした印象では加水率が低めな感じで、少し硬質感を伴うザクッとした歯触りが伝わって来ます。 美しい緑色が冴えていて、スルスルッと舌の上を滑るように頂けました。 後味に微妙に苦味が感じられましたが、ガッチリと引き出されていた鶏出汁の旨味の余韻を、程良くリセットしてくれるかの如くで、ほぼ味残りはしませんでした。

この濃厚な鶏出汁には、独自の製水機の活用が無関係では無さそうに思われましたσ( ̄、 ̄=) 最初からいきなり高得点ラーメンにヤラれましたね!(*>∇<)ノ 東京都品川区籏の台にお店はあるそうですので、巧い具合に上京のチャンスに恵まれたら、一度訪問してみたいと思いました。