FC2ブログ

夏祭りの準備

子供達が夏休みに入るとすぐ、近所の阿邪可根・総産土神社(うぶすなじんじゃ)の夏祭りがあります。 この神社は、郡山で最も古い歴史を刻む神社で、禰宜様の名字が宗形さんと言うので、子供達は「宗形神社」なんて呼んでます。

総産土神社


なんでも今から三代前の禰宜様が、道路の拡張で敷地を供出して欲しいとの申し入れに、「地域の為になるのなら…」とそれに応えたと言います。

総産土神社


普通、神社・仏閣は「聖地」とされますので、そのような形で土地が削られる事は無いのですが、総産土神社の禰宜様は敢えてその申し入れを飲んだようです。

総産土神社のご神木


このご神木はケヤキの樹ですが、相当な樹齢を重ねています。 誠に残念なことに、30年ほど前に落雷を受けて出火。 樹の芯が空洞化してしまっております。

山車の組み立て


さて、その総産土神社の夏祭りに際し、地元の子供会では、毎年祭りの山車を運行します。 日曜日はその組み立てが行われ、早朝6:30から子供達の保護者が集まって参りました。

山車の組み立て


山車は分解されて、本堂の床下に収納されています。 お父さん達が力を込めて引っ張り出し、分解図もないパーツを組み付けして行きます。

山車の組み立て


そんなに複雑怪奇と言う訳ではないので、毎年組み立てに参加していれば、うろ覚えながらも組み付けは何とかなるものです。

山車の組み立て


ご覧の通り、女性陣が大勢を占め、やはり男性陣の人材不足は深刻になりつつあります。 来る人は毎年ほぼ同じ顔ぶれ… どこでも同じなのでしょうか。

山車の組み立て


山車の組み立てが終わると、いよいよ女性陣の出番です。 良く搾ったぞうきんで、山車に積もった一年間の垢を落とします。

山車の組み立て


これで完成! あとは週末の出番まで、蔵置場所に留め置かれます。 子供達は今日から、山車の太鼓の練習。 年々子供の数が減り続けていましたが、ここに来てマンションの新造などで微増となってきました。

ほんの10年前までは、ちゃんと子供御輿も上がっていたんですけどねぇ。 また子供御輿が上がる事を期待しましょう。  

コメント

どこの地区も夏祭りの準備で大変ですね。
この山車がどのように飾り付けされるのか楽しみです。
お祭りはいつですか?
当地も、例年 同じような顔ぶれでの準備になるようでして
役員さん達としては もっとみんなが積極的に参加できるよう
新風を吹き込むべく方策を考えているようです。
その一つに“よさこいソーラン”のグループが初参加します。
親の願いは子供達によい思い出を・・・なのですよね。
子供達には、その地が“ふるさと”になるわけですからね。
2006/ 07/ 17( 月) 16: 09: 25| URL| 千葉の華ちゃん# -[ 編集 ]
 
千葉の華ちゃんさん
山車の飾り付けと言っても、ほとんど装飾は施しません。 精々、太鼓が乗っかって、引き綱が取り付けられる程度です。 そう言う意味では、もっと賑やかなデコレートがあっても良いのかも知れませんね。 今週末の山車曳航にも、男性保護者の協力が必須です。

この山車は子供会の管理となっていますので、我が家が関わりを持つのは、無芸大食娘が小学校を卒業するまでのあと三年間です。 その間に先輩保護者の皆様も次々に役を終えられますので、今後の継承が最大の課題と言えます。

週末の早朝の時間を割いて力添えをして下さる、新人保護者さん達には、「もうこんな事に関わるのはゴメン」と思われぬように、極力厚いコンタクトを取るように心掛けております。 最も最初は、先様をちゃんとお名前でお呼びする事から。i-179

子供達と違って「名札」は付けていませんから、この際はママさん達のご協力が必須です。 私は撮影した写真を無芸大食妻に見せながら、「矢沢永吉を優しそうにしたこの方は?」とか、「ビビル大木に似たこの方は?」などと聞きながら覚えています。i-229 お子様やママさん達は判りますが、お父さん同士はなかなかお目に掛かる機会が少ないのが現実です。

> 親の願いは子供達によい思い出を・・・なのですよね。

全くその通りです。i-179 私も楽しい思い出を沢山頂きましたので、そんな思い出を子供達にも沢山残してあげたいものです。 しいては地域住民の繋がりの強化や、30年後の協力者育成になれば、更に良いことだと思います。

余談ですが、持ち家居住者を対象とした「町内会」と、マンションに住まう方々の「自治会」は別組織となっており、「町内会」はどうも「自治会」に属する皆様を同じ鞘に受け入れる事を拒絶する事が多いようです。 これは我が町内会だけに限った話ではありません。

古い習慣に呪縛されているうちに、地域人口の過半数が「自治会」に属する方々になってしまい、町内会活動にも大きな転機が来ているように思えます。 「町内会」は都合の良いときだけ「自治会」に協力を要請するのは止めにしないと、地域住民のネットワークは健全に育む事が出来ないと思います。

「町内会」の重鎮と言われる方々に、もっと柔軟な姿勢を取って頂くか、自然淘汰を待たなければならないか…i-230 若手住民達の苦悩は続きます。
2006/ 07/ 17( 月) 17: 20: 17| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
山車の準備お疲れ様でした。もうすぐ、夏祭りなんですね、、
太鼓の響き、笛の音が聞こえてきそうです。

どこでも子供達の減少で、伝統行事の継続は、むずかしくなってきて
おります。当地でも獅子祭りを小学校の男子だけでやってたのが、いまでは中学まで伸び、そして女子まで加わるようになりました。

昔は何十人もいて、誰が獅子を振るのか、警護を誰がするのか、、
発表まで、どきどきしながら待っていたもんです。祭りのあと、公民館に子供達だけで寝泊りし、母親が作ってくれた弁当とスイカやもらった
お菓子を並べてみんなで食べましたよ。楽しかったなあ^^^。

あと、3年間しか、参加できないわけですね、、無芸さんのところは。
精一杯、子供達に地域の伝統を理解してもらえるように頑張ってもらいたいですね。。



2006/ 07/ 17( 月) 19: 51: 45| URL| ララオ0181# -[ 編集 ]
 
ララオ0181様
今日、無芸大食倅が、午前中に太鼓の練習に行って参りました。 参加者は5,6年生だけでが対象ですが、僅か10名しか集まりませんでした。i-230

フルに全員集まれば20余名になるハズなのに… 世の中は三連休とかで、家族単位でのお出掛けがあったり、小学校をベースとした種々のスポーツ団体の練習もありましょうけど… ちょっと残念に思えます。

無芸大食妻が立ち会いで出向いていましたが、小太鼓のリズムを知る人が誰もおらず、慌てて先輩ママに救援を求めたそうな…i-229 やはり継承には、人の手が必要です。

昔は山車と言えば、低学年の児童と女の子の為にあり、中学年以上の男児は子供御輿と決まっておりました。 少子化と中心市街地の空洞化の為、10年前ほどから子供御輿は出番無し。 「男の子なのに山車かよ…i-182」と思わざるを得ませんが、子供達なりに楽しんでいるのですから、勿論禁句です。

> 祭りのあと、公民館に子供達だけで寝泊りし、母親が作ってくれた弁当とスイカやもらった

それはとても素晴らしい思い出ですね。 きっと楽しい記憶としてずっと残りますね。i-179 個の尊重も結構ですが、集団の中で育まれる規律や思いやりにも、目を向けて貰いたいものです。
2006/ 07/ 17( 月) 20: 46: 39| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
本当に色々と、お疲れ様です。
確かに最近の地域行事は、一人ひとりの負担が増えていますよね。
その負担が人離れを起こし、そして祭りが無くなっていく・・・。

東京では、育った場所に居を構えることも少なくなっており、
その中で自治会や町内会が主体で、それぞれが催しを行っていますが、
子供も減少し、そして親同士の繋がりも薄い。
結局はいつも同じ人が役員をして仕切る・・また負担が増える。
そんな現象が起きています。経済的な負担も同様です。

小学校の校庭にテントを張って、キャンプファイヤーをする・・・。
そんな行事もありましたが、それさえも、世相を反映して無くなりつつあります。
子供達が自分の住む町内に、「伝え残すもの」を感じる事が出来ないのは哀しいですね。大人も子供も忙しすぎるんですかね、個人個人の生活で。(反省)

少し前は、個人が頑張り過ぎなくてもいいように、近所のネットワークがあったように思います。そういえば、醤油借りたり、味噌借りたり・・・なんて事は無いんでしょうね。東京では、回覧板すらありません(自治体が個人個人に発信しますが)。

そういえば、俺が子供の頃は、学校の運動会のほかに、町内対抗運動会なんてのがありましたが・・・(笑) 二度楽しかったなぁ。
2006/ 07/ 17( 月) 23: 21: 06| URL| 下町ダンディ# -[ 編集 ]
 
下町ダンディさん
地方都市ですら、前述の状況ですから、東京では更に加速しているでしょうね。 と、言うか、私達の地域での20年後の縮図が東京かも知れません。

義務教育の現場では「ゆとり教育」の方針を示して久しいですが、ようやく結果が出る前に「このままでは子供達が諸外国から後れを取る」と、又もやタカ派の教育方針が示唆されました。

こんな事で国の教育の指針がコロコロ変わるようでは、有能な国家後継者達が育つ訳もないです。 諸外国を真似よとは言いませんが、国情にあった教育をちゃんと見据えて、50年単位で見直すくらいの長期展望が示せない国家が、世界のリーダーたり得るのでしょうか?

一番可哀相なのは、一方的にその指針に振り回される教育現場と子供達だと思うのですが…i-182 熱心に教育指導に当たる先生方は、本当に大変です。 自らの家庭を顧みる暇さえ無いほどです。 てっぺんで紙上の空論を論ずる人達には、用意された現場では無く、本当の現場を体験して欲しいものです。

> 俺が子供の頃は、学校の運動会のほかに、町内対抗運動会なんてのがありましたが・・・

あるよ…i-229 その他、PTAによる学年対抗競技大会まで目白押しです。 ただ、選手の人材が薄くなり、PTAの役員はフル出場を余儀なくされ、一体誰の為の交流会か意図不明になりつつあります。i-182

町内会は対抗戦の時だけ、都合良く自治会のメンバーに頼る。 そのくせに町内会の利権に関しては何も与えない。 こんなことが一般常識として通用する訳もありません。 ここらへんが、イヤになっちゃう理由なんですよねぇ。i-182
2006/ 07/ 18( 火) 14: 21: 37| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/97-a9fa9bf9