FC2ブログ

2009年桜巡り 『愛蔵寺の護摩桜』 ~福島県二本松市戸沢~

愛蔵寺の護摩桜

4月12日(日)の続きに戻ります。 『秋山の駒ザクラ』の次に、後述予定の『常泉寺の枝垂れ桜』に詣で、車中でウトウトしていると、どこかに到着。

「んっ? どこだココ?(^^;) あれ、何か見覚えのある駐車場だな…」

と思ったら『愛蔵寺の護摩桜』に辿り着いたようです。(^^)

愛蔵寺の護摩桜
<↑ Clickで拡大表示します>

事前のサーベイでも、まだ三分咲きと聞いておりましたが、やはり少し早かったようです。 三分咲きどころか、開花したてですね。 去年もタイミングが早すぎて、満開を見ることは出来ませんでした。

愛蔵寺の護摩桜
<↑ Clickで拡大表示します>

度重なる火事や落雷の災難に遭いながらも、生き存えてきた名桜です。 まるで和蝋燭のように、根付きよりも上に行くに従って幹は太くなっています。

推定樹齢800年と言われる、紅ヒガンザクラの古木は、落雷により頭頂部が損壊してしまったそうで、樹高は9.8mだそうです。

愛蔵寺の護摩桜
<↑ Clickで拡大表示します>

ここは花を愛でると言うよりも、ダイナミックな木の幹の造型見惚れると言うべきでしょうか… 永き年月の果てに、こんなにも特異な樹形に進化して事が、ある意味素晴らしいと思えます。

愛蔵寺
<↑ Clickで拡大表示します>

満開を迎える頃になると、神主様をはじめ氏子の皆様方が、来訪する人々にお茶を振る舞ってくださります。 名にし負う名桜を擁する愛蔵寺ですが、たった一張りの出店も無く、吸い込まれるような静寂に、時折聞こえてくる鳥たちのさえずりに包まれる風情は、神々しくもあります。  

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/908-71408ab5