FC2ブログ

ニャオの近況

暫く、飼い猫・ニャオがご無沙汰になっておりました。 ここ最近、

「ニャオはどうした?」

「変わらずに元気なの?」

「ニャオ、見せてよぉ~」


といった、直訴メールが何件か寄せられておりました。

ニャオ

実は、先週某日の事、お出掛けニャンニャンしたきり、都合18時間ほど帰って来ませんで、家族共々心配していましたら、躰のあちこちに傷を負って、後ろ足をちょっと引きずって、嗄れた声で啼きながら帰ってきました。

一体何事があったのかと思いつつも、怪我の状態がとても気がかりでした。 幸いにして3日ほどで随分と回復しまして、今では以前と変わらず駆け回れるようになりました。

鼻先の向かって左側に、一部体毛が抜け落ちた傷跡が残っているのが分かりましょうか? その他にも右の前手、右の後足にも傷を負っておりました。

もしかすると、塀の上にでも張り巡らされていた有刺鉄線で傷を負ったのかとも考えましたが、無芸大食妻が周辺をサーベイしてみても、有刺鉄線のある場所は見つかりませんでした。

そんな事で、謎に包まれていたニャオの怪我でしたが、今週の日曜日に謎が解けました。 目撃していた方がおられて、心配して声を掛けて下さりました。

自宅前の道路を横断した時に、通りかかった自動車と接触してしまったらしいのです。 目撃した方は、思わず心臓が早鳴るほど驚いたそうですが、ニャオはそのまま向かい側に駆け抜けたそうです。

多分、動物の本能で、どこか外敵に襲われそうもない場所を探して、傷が癒えるのを待っていたのでしょうね。 まさに九死に一生を得たってところでしょう。

出入り自由にして飼っている限り、このような事態はある程度覚悟はしていたものの、やはり辛いものです。 以前書いたことがありましたが、ニャオは外の世界を知ってしまってから、無芸家に居着いた猫ですから、室内飼いをするには時既に遅しでした。

家の中と言う世界しか知らないままなら、手厚く家飼いする事も良かったのですが、前述の通りニャオは既に外の世界に縄張りを持っていました。 もしそれが自分だったら、外界から隔離されて生き抜く事は出来るだろうか?

丁度同じ頃合いに、親戚宅で飼っていた猫が、家族の事情で一週間自宅を空けざるを得ず、動物病院で預かって貰ったら、ストレス死してしまったって事件があったばかりでした。

いろいろと悩んだ挙げ句に、リスクは承知の上で、猫の自由をとりました。 いろいろと異論もある事でしょうけど、どうか許して下さいね。

そんなこんなで、今日は長々と書き綴ってしまいましたが、もうすっかり元気になっています。 僕の膝には乗ってこないのは、今までと変わりません(笑)

ニャオ

新しいレンズでぐっと寄って撮ったら、魚眼猫っぽくなって、なかなかチャーミング(笑)   

コメント

読んでて怖かった!
実家の猫が過去2匹、車の接触で死んでるんです。
今いる子は臆病だから、道路を渡る事もしないし、祖母が一緒じゃないと外にも出ないようです。
うちの2匹は、スクリーンになってるプールの場所だけ。
裏は高速も走ってるので、怖くて外になんて出せません。
2009/ 02/ 28( 土) 01: 12: 06| URL| ree# -[ 編集 ]
 
reeさん
イヤな事を思い出させちゃいましたかね? ごめんなさいね。 本当は街場で交通量も多い環境だからこそ、室内飼いにするべきだとは思うんですけどね。 一度外の世界を知ってしまったからには、どうにも自由を取り上げる事が出来ませんでした。

皆様に可愛がって頂き、私達も、そしてきっとニャオも幸せです。 当家に現れたときは、何度追い出しても、自分から忍び込んで居場所を造っちゃった猫です。

拾われた猫では無く、やって来た猫なんですね。 そんなニャオには、一方ならぬ「意思」といったものを感じざるを得ませんでした。
2009/ 02/ 28( 土) 10: 08: 26| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
ニャオちゃん、怪我しちゃったけど、無事に帰ってこられてよかったです。
私も田舎にいたときニャンコを飼っていたのですが、あるときいなくなり、もう帰ってこないのかな~と諦めかけたとき、帰ってきたんです。
ねずみ取りのようなものにはさまれたのか、足を怪我してました。
そんな酷い状態でも帰ってきてくれたときは、涙が出るほど嬉しかったです。
そんな恐い思いをしても、ニャオちゃん同様、外の世界を知っていたので、相変わらず出かけていました。

ニャオちゃんが外出時は、事故や怪我がないようにお祈りしていますね。
2009/ 02/ 28( 土) 17: 12: 37| URL| オードリー# -[ 編集 ]
 
オードリーさん
こんにちは。(^^) オードリーさんも同じような経験をなさっていたのですね。 今では猫を室内飼いするのは、半ば常識と言っても過言では無くなりましたけど、ほんの一昔前までは自由にお散歩している飼い猫は、全然珍しくなかったんですよね。

猫飼いとしては、飼い猫が事故に遭う事を、当然誰一人望んではいません。 お出掛けする姿を見送りながら、いつも無事に帰ってきてくれることを願っているんですけどね。

外界を知ってしまった猫だけは、どうにも止めようがありません。
2009/ 02/ 28( 土) 17: 57: 40| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
外の世界を知ってしまっている猫を安全に飼うことって凄く難しいですよね。無芸さんちの前の道は交通量多いですものね、ニャオ姐さんおとなしく言う事聞いてくれればいいんですが。
うちのQもそうしたいんですがまだ若いしね、絶対無理でしょうね。
本人、狩とかをして楽しいんだろうな~と言うか野生の血かな。
2009/ 02/ 28( 土) 18: 09: 33| URL| フォワード# -[ 編集 ]
 
フォワードさん
説得に応じてくれる飼い猫を探す方が難しいっしょ(笑) 強引に隔離する以外に手段はありませんよね。 お互いに無理っぽいですけど…
2009/ 02/ 28( 土) 18: 59: 12| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
痛々しい。。ニャオちゃん。。

うちも外に出しているから帰ってこないと心配ですよ。
とは言っても私は離れて暮らしているんで、後になってから聞くんですけどね。。
仕方は無いですが、長時間帰ってこないと不安になりますよね。
2009/ 02/ 28( 土) 19: 42: 22| URL| にゃん # -[ 編集 ]
 
にゃんさん
そうそう、さくらちゃんもお散歩するんですよね。 (^^;) 出入り自由にしているとは言え、普段は宅内で夜を過ごすはずの飼い猫が、いつまでも帰ってこないのは心配ですよね。
2009/ 02/ 28( 土) 21: 01: 14| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
そろそろ恋の季節ですから、無理に遠出もしちゃうんでしょうかね。
でも、自力で帰ってこられてよかった・・・。
実は、今のはるの前に飼っていたしゅうた様(♂)も、半野良で飼ってました。
でも、やはり数日帰ってこなかったあと、事故で大怪我して帰ってきました。(右足の付け根の粉砕骨折)
目撃談だと自転車とぶつかったそうです。

ニャオ姐さん、今回のことでちょっと懲りて道路の横断は遠慮してくれるといいんですけどね。
2009/ 02/ 28( 土) 21: 37: 11| URL| 和# Xqd.HNrY[ 編集 ]
 
人間界に住む猫たちの宿命なのでしょうかね(>_<)
ボクも猫が大好きで過去に6匹ほど共に暮らしましたが…天寿を全うしたのは2匹だけです(T_T)

家に閉じこめておくとかわいそうで、でもそう思ってるのは人間だけなのかなーとジレンマだったり。

何はともあれ、帰ってきて良かったです(^_^) あとは怪我が早く治りますように!
2009/ 03/ 01( 日) 01: 43: 03| URL| ZZT231改# -[ 編集 ]
 
和さん
避妊手術済みのニャオに、「恋の季節」がやって来るかは分かりませんけど、とにかく毎日のようにパトロールには出ますね。(^^;)

自動車どころか、自転車だってニャンコにとっては脅威そのものですね。 ハル君みたいに、最初から室内飼いだったら、ひとまずは安心なのですけどね…
2009/ 03/ 02( 月) 20: 52: 19| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
ZZT231改さん
やっぱりそうですか…(-_-;) 致し方ないと言っては何ですが、猫の幸せは猫にしか分かりませんもんね。

お陰様で、ニャオはとっくに元気になりました。(^^) 子供達に飛び掛かって襲うこともしばしば…
2009/ 03/ 02( 月) 20: 54: 57| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
ニャオちゃん、無事に帰ってきたものの、そんなことあったんですか?いやあ、、ほんと道路脇ですから
いつなんどき、巻き込まれるか心配です。

はやく怪我が治るといいですね^^。
2009/ 03/ 02( 月) 21: 39: 33| URL| ララオ# -[ 編集 ]
 
ララオさん
後から知って、怪我を納得すると共に、その幸運に感謝しました。 今更室内飼いにする事も出来ないし…

お陰様で、怪我は全快し、今まで通りに元気になりました。
2009/ 03/ 03( 火) 12: 53: 34| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/867-8bf1a2d7