FC2ブログ

2009年冬景色 裏磐梯檜原湖畔 細野

猪苗代湖畔・長浜での日の出撮影が終わったら、次ぎに向かうは檜原湖畔。 先週に続いて、こちらは連チャンです。 先週は明け方でさえ氷点下にならなかった、記録的に暖かい夜明けでしたが、今週はさすがにチト違う。(笑)

何せ午前4時の檜原のアメダス気温では、-12.6℃ですもんね(^^;) その数日前から、少し冬らしく雪も降っていました。 見上げる空は、雲一つ無い紺碧。 そして足下は所々凍結した雪道。 運転手にとっては、まさに“天国と地獄”です。

R121で猪苗代町を抜けて、いよいよ裏磐梯への道へと県道に入った時、マジに恐怖で凍り付くような出来事が…

前を走っていた関東圏ナンバーのAudi A6 Avantが、交差路に進入したとたん、いきなりスピン!

どわぁぁぁぁぁぁ!Σ( ̄ロ ̄lll)

こちらもある程度車間距離は取ってはいたものの、既に交差路に進入していたので、凍り付いている路面で回避せざるを得なく… しかもこのAudiときたら、進路をまるっきり塞ぐ形で真横になって止まってます! ビビリながらブレーキに軽く足を載せると、案の定コチラもハーフ・スピン状態に陥ります。

幸いにして対向車は近づいてはいたものの、何とかコチラが通り抜けるだけのスペースはあったので、懸命に車を立て直しながら対向車線からパス!

いやぁ~、ビビった、ヒビった(((^^;)(;^^) ))

多分このドライバーさん、進入路でいきなりズルッと前輪が滑って、慌ててアクセルを離しちゃったんでしょうね。 物理の法則で重心が前に掛かったので、相対的に軽くなった後輪が外側に流れちゃったんでしょう。 Audiと言えば4WDってのがこの辺では多いのですが、あの挙動は多分FFでしたね。

遠く関東圏から夜を徹して当地までやってきて、高速のICを降りて目的地まであと僅か。 そんな気の弛みや安心感が招いた、思わぬ落とし穴ですね。 真冬に雪国を訪れる皆様、普段とは全く違った運転環境ですから、どうか気をつけて楽しんで行って下さいネ。

雪道
<↑ Clickで拡大表示します>

徐々に山を登り、件の檜原エリアに入る頃には、路面の雪も圧雪となり、安定して走り易くなりました。 明け方に除雪車を走らせ、路面の轍も慣らされていたようで、それこそ昔山岳暴走族をしていた頃なら、嬉々としてアクセルを踏んでいたでしょう。 あ、今はそんな事はしませんヨ。(^^)

雪まとい
<↑ Clickで拡大表示します>

道路脇の木々にも雪が付いて、青空とのコントラストが美しい。(^^) 何て気持ち良いドライブだろう。 途中で思わず車を駐めて、カメラを取り出しちゃいました。

檜原湖の周回道路は、細野地区から先は冬季閉鎖。 主に穴釣りを楽しむ来訪者で賑わいを見せています。 檜原湖へと通じる道筋近辺以外で人の姿を見かけると、大抵は写真を取りに来ている方々ばかり。

私も車をデポして、ちょいと雪原へと踏み入ることにしましょう。(^^)

朝の光芒
<↑ Clickで拡大表示します>

やっぱりデジタルカメラは、新しいほどイイです。(^^) かなり厳しい逆光でも、ちゃんと描写力が残されています。 今までなら、こんな写真は最初から諦めていました。

霧氷の正体
<↑ Clickで拡大表示します>

日陰になっていた場所の木々には、霧氷が出来ていましたヨ。(^^) 真っ白になっている木々の枝も、良く観察してみると、こんな氷の結晶が集まって出来ているんですね。 自分でもこんなにしっかりと見たのは初めてでした。

檜原湖の穴釣りテント

檜原湖の氷結した湖面では、穴釣り客が色とりどりのテントの花が咲いています。 今年は穴釣りが難しいほど氷が薄いと言われていましたが、場所によっては例年と変わらない活況を呈しておりました。

朝の光芒
<↑ Clickで拡大表示します>  

コメント

ここから見える磐梯山もいいですね^^。
ワカサギ釣りのテント、カラフルで、冬の風物詩ですね。
氷晶の絵、、いままでは撮らないものまで絵にして
うむ、D80いいねえ^^^。正直な絵です。
2009/ 02/ 24( 火) 21: 31: 13| URL| ララオ# -[ 編集 ]
 
数年前ですが四万温泉に泊まりに行き、時間があったので温泉街奥にある薬師堂にお参りして引き返したとき。
対向の横浜ナンバーのワンボックスが橋の上でスピンして私達の車の鼻先をかすめて止まりました。
いや~ビックリしました。
路面は圧雪でしたが橋の所だけ凍っていたのでしょうね。
こちらも徐行していたので難を逃れました。
雪に慣れていないと橋の上や吹きさらしの場所が凍っているってわからないのかもしれません。
助手席の人がすまなさそうに何度も頭を下げていましたがお互い大事にならずに良かったです。
2009/ 02/ 24( 火) 21: 59: 54| URL| nana# -[ 編集 ]
 
枝についた氷の結晶がきれーv-398
こんぺいとうみたいだぁv-344
細かいトコまでちゃんと撮れるんですね。デヂイチだから当たり前かぁ・・・
いや やっぱり腕とセンスですよね。


なんか出るかなぁv-362別荘買うかなぁv-362v-391
2009/ 02/ 24( 火) 22: 15: 12| URL| おかみっちょん# -[ 編集 ]
 
天気が悪いときには仕方がなくそういう気持ちで撮りますがやはり天気がいいのがいいですね。

最高の天気でうらやましいです。
2009/ 02/ 24( 火) 22: 27: 12| URL| marunouchi# 0esaa46Q[ 編集 ]
 
写真がきれ~~い!!
雪景色って本当に美しい!!

ヒョエーー!怖いですね。
大事に至らなくて本当に幸いしましたね。
私は雪国以外の人の運転する人の雪道の運転、信用してないですもん。
絶対乗りたくない。
2009/ 02/ 24( 火) 23: 15: 16| URL| ree# -[ 編集 ]
 
ララオさん
次のエントリーに、なかなか良いロケーションの裏磐梯が登場します。(^^)

私は等倍マクロ・レンズまでは手が伸びていませんが、SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACROなら、テレ端でレンズ前2cmくらいまで寄れますから、こんな絵も手に入るようになりました。
2009/ 02/ 25( 水) 10: 14: 02| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
nanaさん
それは危機一髪でしたねぇ(^^;) その時のドキドキ感なんて、相当なモノだった事でしょう。 万一事故に発展していたら、互いに不幸な事でしたよね。

橋の上やトンネルの出入り口は、特に気をつけなければイケませんね。 危険を察したら、とにかくスピードダウンで。 ムチャは禁物の雪国道路事情です。

四万温泉、行ってみたいなぁ~♪ 山口館が特に(笑)
2009/ 02/ 25( 水) 10: 21: 40| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
おかみっちょんさん
霧氷って言って、極低温になると、大気中の水分が木々の枝に氷結する現象なんですよ。 私もこんな風にじっくりと見たのは初めてでした。

この手の写真を撮るのなら、実はコンデジの方が得意なんですヨ。 チューリップマークが表示される「マクロ」ってのを選ぶと、レンズの真ん前までピントが合うんです。

デジイチの場合は、レンズ自体の性能や特性で決まっちゃうんです。 厄介と言えば厄介ですが、これが趣味性ってものですかね?(笑)

あぁ~~~、ちなみに「何も出ません」から!(爆)
2009/ 02/ 25( 水) 10: 26: 42| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
marunouchiさん
もしかすると、無芸が出撃した日曜日では、今シーズン最高の晴天だったかも知れません。 やはり時の運ですね。
2009/ 02/ 25( 水) 10: 28: 39| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
reeさん
純白の雪化粧に紺碧の空と言うだけで、どんな風に撮っても「絵」になっちゃいますよね。(^^)

私も普段の運転では、雪国ナンバー以外の車には、特に注意しています。 慣れていないのですから仕方ありません。 私達にとっては日常の運転も、彼らにとっては非日常ですからね。

外車に突っ込む事故を起こしたら、こちらの方が余程寒気がしますわ(笑)
2009/ 02/ 25( 水) 10: 32: 51| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
やはり車から降りて地面に足を下ろさないと綺麗な景色はみれませんね~私昔から名所とか絶景を通り過ぎる癖がありまして、ルームミラーで見たりしてます。

車のナンバーでも分かりますが、危ないドライバーは、危険オーラを発してますね、たとえばリヤが流れても気付くのが遅い人、「おーいなんとかしろー」って言ってやりたくなります。
2009/ 02/ 25( 水) 13: 59: 36| URL| フォワード# -[ 編集 ]
 
フォワードさん
確かに車を駐めて、自分から歩み寄らねば、より素敵な風景には近づけませんね。 それとて、写真を撮るといった目的でも無ければ、やはり私もスルーしちゃうかも知れません。(笑)

危ないオーラ、分かりますよぉ~(^^;) 今時の車は、車自体が安定志向に自動操縦してくれますからね。 一線を越えたときには、既に手の打ちようが無いって事も…(^^;)

何せ無芸の車は4WDではあっても、ABSさえ付いていませんから、いつも路面情報を尻で察知しながら(笑)
2009/ 02/ 25( 水) 18: 26: 57| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/863-f97bd8b0