FC2ブログ

開祖の老舗 山宿 ~福島県郡山市山崎~

当地で初めて「支那そば」を提供したと言われる、開祖的な老舗「山宿」を初めて訪問致しました。(^^)

以前からじいさんが度々足を運んでいた形跡がありましたが、お店の場所が無芸の普段の立ち回り先から外れている場所だったもので、ついぞ食べ逃しておりました。

山宿

お店は二人の“昔のお嬢様”が仕切っておられました。 カウンター席が10席ほどと、小上がり席が8席X4と、失礼ながら意外とキャパは広めです。 店内は去年の春先に改装工事を施したばかりなので、まだ新品感が漂っていますが、何よりも清潔感のある雰囲気には好感が持てます。

メニューは基本的に、「支那そば」「チャーシュー支那そば」の2種類で、それぞれ大盛り指定が出来ます。 最初は看板メニューを頂いてみる事と致しましょう。(^^)

「支那そば 大盛 (600円+150円)」

山宿 支那そば 大盛

長ネギではなく玉ネギが散らされているのが珍しいかな? スープはやや濃い目の色合いですが、漆黒と言うほどではありません。 しっかりと炊かれたメンマは、飴色っぽいですね。 チャーシューはロースで、やや薄めながらホロホロに崩れるほど柔らかく、中小サイズが3枚載っています。

山宿 支那そば 大盛

多分、出汁は鶏ガラ+豚骨だと思うんですが、際立った味や香りは看取できないので、決定的にナニとは言い当てられません。 それぞれの味の組成が、良い意味でユル~くマッチしていて、とても優しい味わいになっていました。

多少化学の力もアリのようですが、最近「麺家 大須賀」さんで鍛えられたせいか、そんなに気になりません(笑) 天然出汁もステキですが、化学の力は否定していませんから。

山宿 支那そば 大盛

中細ストレート麺は、特に香りや食感に個性派感じられませんが、この塩梅の良いスープとは帰って良く合っている気がします。 スープとカエシが良い意味でバランスの取れたユルさで構成されていますから、麺も同様に中庸的で無いと、飛び抜けてしまう気がします。

時たまサックリとした食感の刻み玉ネギが当たると、丁度良いアクセントになりますし、シッカリと炊かれたメンマは、色合いから察するよりも、遙かに塩味は控え目で、とっても柔らかくてイイ感じです。

ほろほろチャーシューは、しっかりとした煮醤油の香りは伝わってきますが、これまた決してしょっぱい事はありません。 気付けば麺とスープを交互に口に運んでいるって感じで、これは見事に「バランスで食べさせる支那そば」であることが分かります。

お店を切り盛りする、二人の“昔のお嬢様”も、とても控え目で優しい口調。 小上がり席がこんなに沢山あるのは、きっと毎日食べても飽きないというファンが、沢山お出でになるからでしょうね。(^^) ダイナミックさとは無縁ですが、ほのぼのと美味しく、いつの間にか癖になるような、おいしい支那そばでした。(^o^)




山宿
福島県郡山市字山崎403-6
電話;024-935-9655
営業時間;11:00~21:00
定休日;不定休
駐車場;お店の前に3台分  

コメント

何度か食べに伺った事がありますが、シンプルで好みのお味です!
薬味のタマネギもいい感じです (^^)
2009/ 02/ 11( 水) 09: 13: 25| URL| のんびりっち# -[ 編集 ]
 
あれま・・・お初だったのですか?
私も先月、10年ぶりくらいに行ってきました。
昔は、もっともっと玉ネギが入っていましたよ(笑
残念なのは駐車スペースですね。
2009/ 02/ 11( 水) 10: 18: 59| URL| 小鉄# -[ 編集 ]
 
はははv-398 やっぱり「大盛り」なんだv-373
2009/ 02/ 11( 水) 10: 19: 20| URL| おかみっちょん# -[ 編集 ]
 
のんびりっちさん
こんにちは。(^^) 仰るとおりシンプルな味ではありますが、濃すぎたり薄すぎたりせず、所謂「頃合い味」を見事に表現しておられたと思います。

文中の通り、私にはとても優しい味わいに感じられました。 もしかすると、作っておられる「昔のお嬢様」のお人柄がそのまま表現されたものかも知れません。 とても素敵なことだと思います。(^^)
2009/ 02/ 11( 水) 13: 32: 14| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
小鉄さん
こんにちは。(^^) いやいや、お恥ずかしながら、ホントに初訪問だったんですよ。 でも行ってみて良かったです♪

方々で「昔は…」ってな声を聞きますが、現状でも充分にどなたにでもお薦めできる、かなりの優良店だと思いました。(^^)

年齢と共に人間の円熟味が増すように、きっと味も押しつけがましさが無くなって、まるで空気のような存在を醸し出すのかも知れません。
2009/ 02/ 11( 水) 13: 35: 29| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
おかみっちょんさん
アハハ(^o^) 何せ「大盛CALL」は脳髄反射みたいなものですから!
2009/ 02/ 11( 水) 13: 36: 32| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
昔のお嬢様って、いったいどのぐらい昔に遡るのだろう^^^。そっちの方が気になったりして^^。わはっはは。

支那そば、ってやつですね^^。うまそうだね、
化学調味料も、美味しければいいよね、別にね。
2009/ 02/ 11( 水) 20: 55: 45| URL| ララオ# -[ 編集 ]
 
支那そばって根強い人気がありますね。
当地では新潟ラーメンといえばあっさり系だったのが今ではラーメンといえば豚骨背脂系や濃厚新潟味噌なんかが人気があるようですがどっこい「元祖行列の出来る店」として有名な新潟支那そばの重鎮として未だ人気を誇っています。
私は意外とオールマイティーですが相棒が支那系や夜鳴き系が好きなのでこってり系は年に数える程度です。
ご来県の折は是非さまざまな新潟ラーメンをご賞味あれ。
2009/ 02/ 11( 水) 22: 47: 06| URL| nana# -[ 編集 ]
 
ゲオ行く時いつも気になってました。
今度ゲオに車止めて行ってきます。
この辺ですと、「鶏光」さんが僕のご用達です^^
2009/ 02/ 11( 水) 22: 54: 24| URL| t-mokkori# -[ 編集 ]
 
ララオさん
どれくらの“昔のお嬢さん”かは、どうぞその目で確かめてみて下さい(笑)

化調でお腹の具合が悪くなる方には由々しき問題かも知れませんが、私はまずは味が好みかどうかが優先順位です。

化学の力に頼らなくても、素晴らしく美味しいラーメンも沢山あるのは、それはそれで素晴らしい事ですよね。
2009/ 02/ 12( 木) 10: 15: 36| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
nanaさん
こんにちは。(^^) そうそう、御地を訪問させて頂きますと、ついつい美味しいものが目白押しで、なかなかラーメンまで辿り着けません(笑)

仰るとおり、御地のラーメンには、様々なスタイルが確立されていますよね。 お仲間Bloger様方の記事を拝読しながら、いつも感心することしきりです。
2009/ 02/ 12( 木) 10: 19: 00| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
t-mokkoriさん
「鶏光」さんは知りませんでした。 どんなかな?(ワクワク♪)
2009/ 02/ 12( 木) 10: 20: 27| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/850-8b59c4dc