FC2ブログ

ボージョレ・ヌーヴォを愉しむ♪

11月20日は、今年のボージョレ・ヌーヴォ解禁日でした。 この日は無芸も、いつもよりちょっと早めに閉店して、ボージョレ・ヌーヴォを愉しみました。(^^)

実は、去年・一昨年と、手配しておいたボージョレ・ヌーヴォが、解禁日当日に売り尽くしになってしまい、自宅で飲む分さえ残らなかった…(^^;) 正直な話、他所から買ってきて飲む気にもなれず、ただ目の前を通り過ぎて行ったボージョレ・ヌーヴォ…

ところが今年は、無芸大食妻が普通に食材の買い回りをして来たら、その中に「鶏手羽もと」が潜ませてありました。 そんでもって、何気にCOOKPAD(URL)で、「鶏肉の赤ワイン煮」を検索している… そう、彼女は今年こそ飲む気のようです。(笑)

と、言うわけで、宅飲み用を1本KEEPしておいて。(*^_^*) 折角なので、無芸も調理に参戦! 早めの閉店は、鳩スーパーへの買い出しの為。

ボージョレ・ヌーヴォの解禁日

ちょうど当地では、会津名産の「身知らず柿」が旬を迎えていて、当家にも食べきれないほどの在庫が…(^^;) 甘さの秀でた、大変美味しい柿でして、皇室への献上品にもなっている、由緒正しい名産品なのです。

これを前菜の一皿にする“秘策”を思い浮かびましてね。 仕立て方は極めて簡単なのですが、初めてのチャレンジでした。

「無芸作 柿の生ハム巻き セルフィーユを添えて」

無芸作 柿の生ハム巻き セルフィーユを添えて

ステック状に切り揃えた身知らず柿に、セルフィーユの葉を載せて、生ハムで巻き込みます。 ちょいと馴れるまでは手が掛かりますが、コツを掴めば単純作業です。 柿は出来るだけ固めの方が作業し易いです。

柿の濃醇な甘味に生ハムの塩味、セルフィーユのほのかなエグ味がマッチして、これは成功作でした。(^^) ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォの中でも、かなり出来の良い品を飲みますと、適度なタンニンと、今年の特徴であるキレイな酸味、そして青リンゴを思わせるような清々しい香りと共に、マッチングも良好でした。

「無芸大食妻作 鶏手羽もとの赤ワイン煮」

無芸大食妻作 鶏手羽もとの赤ワイン煮

赤ワインとコンソメで煮込み、ケチャップ、デミグラスソース、トマトピューレを加え、更に粗挽き黒コショウ、各種香辛料で味を調えました。 ソースが美味しいので、ペンネを添えて、最後まで成仏させましょう(^^) ボージョレ・ヌーヴォとは相性の良い一皿です。

更に、林檎の薄切りの上にカマンベールチーズを乗せた前菜。 たまたま取り置いてあった、モツァレラチーズの味噌漬けなども一緒に愉しむ。

子供達のオカズ用に、おろしポン酢のハンバーグも作っちゃった(^^) 意外にもボージョレ・ヌーヴォと合うので驚き(^^;) 多分柚子ポン酢が功を奏したのでしょう。 ワインの酸味とマッチしていて、なかなか良かったですヨ。

無芸グラスに2杯、無芸大食妻1杯で、もう沢山になっちゃった…(^^;) 夫婦揃ってお酒に弱い酒屋さんです(笑)  

コメント

うわっ、レストランみたい。
ワインより、こっちが気になります~。
ボージョレ・ヌーヴォってもしかして安いのから高いのまであるんですか?
ここじゃ見かけないので、未だに幻のワインです。
無芸さんに雪情報を教えて頂いた夜、実家に電話をしたんですよ~。
初雪・・・どんどん寒さが厳しくなりますね。
お体に気をつけてください。
2008/ 11/ 22( 土) 01: 00: 54| URL| ree# nJDHedgo[ 編集 ]
 
1年以上前から読み逃げしていましたが、初めてコメントします。よろしくおねがいします

柿と生ハムの組み合わせは、思い付きもしませんでした
手羽元の赤ワイン煮もそうですが、想像しただけでおいしそうです^^

2008/ 11/ 22( 土) 01: 06: 09| URL| タオルマン# ssipyxQM[ 編集 ]
 
こんにちは、はじめてコメントします。現在ドイツに住んでいる郡山出身の39歳♂です。
故郷を遠く離れて暮らす日々に少し疲れると、癒しをもらいにしばしば訪問させてもらってます。
実家は馴染み桜の基準木の後ろ。警察アパートのもう少し後方でしたが、区画整理で今は立ち退いています。
定点観測の橋は毎日毎日通った道です。
高校生の時、大雨が降ってそれから車が通れなくなったんですよね。
桜の写真、安達太良山、いつも勇気づけられます。
我儘なお願いですが、できる限り続けてもらえると本当にうれしいです。
ラーメンの記事はなるべく見ないようにしています。食べられないのがとても悔しいので(笑)。
またお邪魔します。
2008/ 11/ 22( 土) 03: 58: 56| URL| ずきちゃん# -[ 編集 ]
 
reeさん
こんにちは。(^^) レストランの足許にも及びませんが、宅飲み用としては合格点を頂けそうですか?(笑)

ボージョレ・ヌーヴォの価格は、航空便で今年の平均価格は2,500円前後だったと思います。 造り手の大きさや、ワイン自体のクォリティーによって、2,000円前後の価格差があるんですよ。
2008/ 11/ 22( 土) 13: 24: 38| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
タオルマンさん
こんにちは。 初めまして。(^^) ご訪問・コメントを頂き、ありがとうございました。

ブリー・ド・モーをホール買いなさっているとは、恐れ入りました…(^^;) 私よりもお酒に造詣が深いのでは無いかと、冷や汗タラタラですよぉ~

ダートラなんて、遠い昔に見たっきりでした。 モンスターは、今も昔もスタアですね。(^^) 何やら色々と趣味性が近い気がします。 こちらこそ宜しくお願い致します。
2008/ 11/ 22( 土) 13: 29: 26| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
ずきちゃんさん
こんにちは。 初めまして。(^^) ご訪問・コメントを頂き、ありがとうございました。

ご実家のあった場所は、無芸宅にかなり近いですね。(^^) と、言うことは、小中と学区も同じですね。 こんなに遠くからご覧頂いていて、嬉しいです!

あの土手道の桜は、今ではすっかり落葉しまして、いよいよ冬木立の様相になってきましたヨ。(^^) 最近では鴨だけでなく、小鷺なんかの姿も見るようになりました。

折角2年半も続けてきたBlogですので、皆様方の温かいご支援にすがらせて頂きながら、これからも大切に育てて行ければと思います。(^^)

ドイツは東西統一の翌年1990年に訪問した切りです。 約二週間滞在致しましたが、良い思い出ばかりが思い出されます。 ドイツの様子などが伺えたら嬉しゅうございます。 どうぞこれからも、宜しくお付き合い下さいね。(^^)
2008/ 11/ 22( 土) 13: 41: 38| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
タオルマンさんも見ていたんですね(^o^)


レストランだと思ったら自宅ですか?

夫婦そろって料理が上手ってうらやましいです。


2008/ 11/ 22( 土) 14: 25: 53| URL| marunouchi# 0esaa46Q[ 編集 ]
 
本格的ですね!(゚д゚)ウマソー

柿と生ハム
確かに合いそう♪
セルフィーユってのが不明ですがw
パセリっぽい???

赤ワインて苦手です^^;
エグ味が・・・
ワインは
白ワイン
それも安いドイツの白限定ですw

なので赤もらったら料理にー
価値もわからずエライワインをワイン煮にしたら
思いっきり文句言われました^^;
2008/ 11/ 22( 土) 18: 19: 11| URL| ほっぴーほるもん# -[ 編集 ]
 
marunouchiさん
タオルマンさんのBlogを訪問させて頂いたら、あまりの博識に圧倒された無芸です。(^^;) そして、タオルマンさんのBlogからは、marunouchiさんへリンクが張ってあり、あらら、お繋がりが…と気付いた次第です。

レストランなんて、とんでもありません。(^^;) プロの足許にも及びませんから…
2008/ 11/ 22( 土) 19: 49: 48| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
ほっぴーほるもんさん
こんにちは。(^^) 何を飲むかが先に決まっていると、メニューも定まり易いものでして。

セルフィーユはパセリの親戚(?)みたいなもので、パセリよりも薄く、風味や味わいも繊細なハーブです。 普通に鳩スーパーで売っております。(^^)

どうしても口に合わない飲み物や食べ物ってあるものです。 無芸は梅干しが大の苦手でして…(^^;) 一度「苦手」と刷り込まれてしまったものは、なかなかもう一度向き合うキモチにはなれませんよね。

高級ワインでこさえた赤ワイン煮は、さぞかし美味しかったのでは?(笑) お料理用のお酒だって、向き向きはあるモノの、しっかりとした良いものを使えば、ちゃんと味に反映されますもんね。(^^)
2008/ 11/ 22( 土) 19: 58: 30| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
いやいや色々やちゃいましたね、うちは、ヌーボとスパゲティーナポリタン(うわー文字にするのが難しい)(爆)でした。なんの脈絡もないメニュウーです。
しかもかみさんが買ってきたのは白ワインでした。(--)


2008/ 11/ 22( 土) 22: 06: 46| URL| フォワード# -[ 編集 ]
 
ボジョレーヌーボーに鶏の赤ワイン煮と柿の生ハム巻きですと・・・?
お洒落すぎます、無芸家!
ボジョレー早く飲みたいけど、は何種類もでているので、どれにしようか迷ってます。

そんなわけで、うちでは日本酒「副将軍」をすき焼きでやっつけました。
これもまたなかなかでしたよ♪
2008/ 11/ 24( 月) 00: 01: 09| URL| 和# Xqd.HNrY[ 編集 ]
 
フォワードさん
そう、いろいろと作っちゃいました(笑) 白ワインのヌーヴォとは、これまた一興ですナ(^^)

最近はヌーヴォも様々なヴァリエーションがありますから、無理をしないで飲みたいものを選ぶも佳しでしょう。
2008/ 11/ 24( 月) 11: 32: 32| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
和さん
オサレでしたか?(^^;) ただ、食い意地が張っているだけとの見方も…(爆)

ボージョレ・ヌーヴォは、この先12月20日頃になると、常識的な価格の船便もやって来ます。 まぁ、慌てなくても、正月くらいまでは手に入るかと(笑) おせち料理と気軽に合わせるのも楽しいかも。

清酒「副将軍」、どこかで聞いたと思ったら、“梅酒日本一”の称号を持つ「百年梅酒」で知られる、水戸も明利酒類さんのお酒ですね。(^^) すき焼きと清酒、素敵なコンビネーションです♪
2008/ 11/ 24( 月) 11: 42: 14| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
食通は、料理も上手なんですね^^。
見しらず柿の生ハム巻き、うまそう^^^^。
あと鶏手羽料理もうまそうだ^^^^^。

ワインに合うような逸品です^^^。
2008/ 11/ 24( 月) 21: 27: 51| URL| ララオ# -[ 編集 ]
 
ララオさん
私は食通なんて高尚な人ではありませんが、どうせ口にするなら、出来るだけ美味しく楽しみたいものです。(^^;)

何かテーマを持って調理するのは、楽しいものです。
2008/ 11/ 25( 火) 02: 29: 39| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/789-554f847d