FC2ブログ

もの悲し…

「猿楽そば食堂」のすぐご近所を通りすがりに、ポンと目に入ってきた建物がありました。 一見してそれが校舎である事は判りました。 校庭があるんだから当然ですが…(^^;) どうしても気になったもので、帰り足に立ち寄ることとしました。

下郷町立旭田小学校旧落合分校

どうやら小学校の分校のようです。 失礼ながら分校と言うと、ちょいと薄汚れた風情がイメージの中にあったのですが、この建物は適度にメンテナンスが行われていたようで、遠目に見るとロケハンにも使えそうなロケーションでした。

現実的に近づいてみると、校庭には雑草が茂っていて、とても「現役」のようには見えません。 もしや「廃校」??

下郷町立旭田小学校旧落合分校

今にも校舎から元気な小学生が飛び出してきそうなんですけどね…(^^;) 帰宅後に調べてみると、「下郷町立旭田小学校旧落合分校」でした。

案の定、2005年の3月末をもって、本校と併合になり廃校となっていたようです。 校舎自体は荒廃していませんので、地区で何らかの活用が図られているのかも知れません。

忘れ去られたサッカーゴールが校庭の片隅にあったり、校門の近くには桜の樹が植えられていたり… 子供達の元気な声は聞こえることはなくなっても、毎年その桜は花を咲かせるのでしょうね。

インターネットで調べを進めてゆくと、無芸と同年代の卒業生の方が、この分校の思い出を綴られていました。 最も多いときは51名の児童を擁していたそうですが、廃校時には5名になっていた事。

この地を離れて遠く都会で暮らしながら、自分探しの旅で訪れてみると、懐かしき同窓生と再会出来、ご高齢となっておられた担任教師の先生と思わぬ再会を果たした事。 写真を介しながら書き綴られたホームページを拝見しているうちに、彼の母校と郷里への思いが切々と伝わってきて、不覚にもジワッと来てしまいました。(^^;)

小さな分校詰め込まれた、卒業生達や地区の皆様方の沢山の思い出。 きっと時の流れと共に、伝える人も少なくなってきて、やがては忘却されてしまう事でしょうけど、確かに今そこにある分校。  

コメント

私が小学校に入ったのは もう昔過ぎていつの頃か覚えてませんけど(あれ?)
たしか1クラス45人くらい児童がいて7組までありましたよ。
教室が足りなくて校庭にプレハブ教室を建てたんです。
でも卒業する時はそれが5組にまで。みんなどこ行った~v-405
自分が通った学校が廃校になるなんて 想像したこともなかったですが
都会の人間は地方の静かさを羨ましく思い、なのに都会は故郷を遠くに持つ人で常に満タン状態。
おかしなバランスです・・・

2008/ 11/ 06( 木) 21: 58: 40| URL| おかみっちょん# -[ 編集 ]
 
きれいな校舎ですね。
なんかもったいないです。

聞いた話ですが羽鳥のあたりに廃校になった学校を会津の写真家の五十嵐さんのグループで
ギャラリーとして使っていると聞いたのですが、そのような形で誰かが使ってくれるといいのですが・・・。
2008/ 11/ 06( 木) 23: 10: 59| URL| marunouchi# 0esaa46Q[ 編集 ]
 
こんばんは!しかしいつも尊敬しますが、出かける度にいい発見してきますね^^、映画に出てきそうな風情です。この分校を卒業された皆さんはきっとこの学校での思い出を胸に社会でご活躍のこととおもいます、僕なんかが通ったごく普通の小学校よりも小人数でしか培えない他人への思いやりや団結力・・みなさんきっと卒業生、いや、在校生みんなの顔を覚えてるまま卒業できたんでしょうね!これって素晴らしいことですね。心の財産ですよね?
2008/ 11/ 07( 金) 00: 08: 59| URL| tatsu-mokkori# -[ 編集 ]
 
おかみっちょんさん
こんにちは。(^^) 私の世代も、ほぼ同じく1クラス40人くらいでした。 現在では地方都市でも中心市街地の空洞化が進み、一時は2クラス編成にまで児童数が減少しておりました。 まさに隔世の感がございます。

文明と財が集中する大都市に職と生活圏を求めて集まるのは、当然の摂理なのでしょう。 私達は地方に住む者として「置き去りにされた田舎」にならないように、存在をアピールし続けねばなりません。(^^;)
2008/ 11/ 07( 金) 10: 09: 24| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
marunouchiさん
こんにちは。(^^) 何故か気になる吸引力のあるロケーションでした。 多分、marunouchiさんも通りかかったら、思わずUターンしちゃうかな?(笑)

羽鳥あたりでも同様に、分校の統廃合が進められていましたね。 言われてみると、確かに写真家・五十嵐さんのお話、聞き覚えがございます。

廃校の所有と維持管理を考えると、そう簡単に地域活用も進められないかも知れませんが、廃墟にするも文化発信点にするも、やはり最終的には人次第なのですね。

自分の母校が廃校になったうえ、廃墟や取り壊しになったら、やはり寂しく思えるでしょう。
2008/ 11/ 07( 金) 10: 15: 14| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
tatsu-mokkoriさん
お願いです。 私に「尊敬」なんて言葉は重すぎます。(^^;) 私、そんな立派な大人には成長していませんから(大汗) 普通に対等の仲間って感覚でお付き合い下さいネ。

さて、この風景、何となく惹かれるものがございましたでしょうか? 実際に目の当たりにすると、なかなか素敵な校舎なんですよ。(^^)

全校児童の顔が思い浮かべられるほど、小さな小学校っていうロケーションも、今では少なくなりつつあるでしょう。 否、大小は関係なく、やはり思い出は誰の心にも残っているものですけど。

大都市圏の皆さぁ~~ん! 故郷納税で郷里を支えましょう!(笑)
2008/ 11/ 07( 金) 10: 24: 36| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
いやあ、なつかしいな、こういう校舎。うちの方でも
これと似たような校舎ありますよ^。鉄棒があって、
桜の木があって、なんかドラマの撮影に使用されたとか、しないとか、、。みんなそれぞれいろんな思い出が刻まれているのでしょうね^^^。

分校というと、「二十四の瞳」を思い出すのは、おれはやっぱり、じじいだね^^^ワハハ
2008/ 11/ 07( 金) 20: 45: 05| URL| ララオ# -[ 編集 ]
 
ララオさん
「分校」と聞いたときの心象風景に限りなく近いロケーションでした。(^^) ララオさんも通りかかったら、きっと思わず目を奪われると思いますヨ。

「二十四の瞳」名作中の名作と言われながら、未だ読んだことのない無粋な無芸です。(恥) 司馬遼太郎なら…(^^;)
2008/ 11/ 07( 金) 22: 05: 49| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/772-4f884af2