FC2ブログ

ライフライン

昨日に増して寒さ際立った本日、多分当地の最高気温は16℃程度だったと思います。 長袖のシャツだけでは寒いくらいで、薄手のジャンパーも繰り出して過ごしました。

前述の通り、当地では今日から三日間、安積国造神社の秋の大祭が始まりました。 朝のルーティーン配達の為、駅前周辺に出てみたら、駅前大通りの歩道には、既にズラッと出店が立ち並んでおります。 食べ物屋台からは、香ばしい匂いが「これでもか!」ってくらい立ち上っておりましたよ。(^^)

午後も3時を過ぎると、そろそろ子供達が乗ってお囃子を奏でる山車の巡行も始まり、ますますお祭りムードが高まって来ます。 小さな子供の手を引いたお母さんや、各町内会の半被を纏ったおじさん達。 このおじさん達が、何とも粋なんですヨ。(^^) そりゃあその道60年以上、毎年半被を纏っているのですから、フィット感抜群で(笑) いつも普通に顔を合わせているおじさん達が、何とも輝いて見える瞬間でもあります。 ハハハ、でも孫の前では笑顔を崩す好々爺ですヨ。(^^)

さて、今朝からちょっとしたトラブルが発生。 午前10時くらいから、突然水道水が濁ってきて、とても炊事や飲用には使えない状態。 当家だけのトラブルかと探ってみると、どうやらご近所様方も同じようです。

むむむ、これはどこかで水道管でも破裂したかな? 水道局の電話番号を調べてCALLしてはみるものの、全く繋がらない… て事は、相当な問い合わせが殺到しているのか? まさか週末だから問い合わせをクローズしているって事は無いでしょう。(^^;)

2時間経っても、一向に電話は通じませんし、市役所や水道局のホームページをチェックしても、一切トラブル情報は挙がっていません。 さて困った… とにかく現状がどのようになっているか、全く情報が無い訳です。

お仕事柄、ミネラルウォーターの在庫は潤沢にありましたので、飲み水に困ることはありませんけど、炊事にはさすがに支障が出てしまいます。 とにかく現状把握を試みようと、配達序でに水道局に立ち寄ってみました。

すると水道局の本庁には職員の姿がないどころか、「本日休業」の立て札があって、ドアもロックされている!Σ( ̄ロ ̄lll) えっ、何で?? と思いつつ、敷地内を職員さんの姿を求めて彷徨ってみると、本庁の裏口に守衛室があり、先客に年配のご婦人様がおられました。

何やら守衛さんにお小言を申されているようです。 察するにどうやら分かり難い対応にお腹立ちの様子。(^^;) 確かにお役所仕事って、市民にとっては分かり難い事が沢山あります。 まっ、今回の事象も似たり寄ったりです。

ようやく守衛さんとお話しが出来ました。

「朝から水道水が濁っているんですけど…」

「ええ、実は○○町付近で、水道管の本管が壊れておりまして、市内の広範囲でご迷惑をお掛けしています。」


あぁ、やっぱりそうだったんだ… その間も、守衛室の電話は鳴りっぱなし。 中にはかなりお腹立ちのお客様もおられるようです。 たった二人の守衛さんで1回線の電話では、繋がる訳も無いわな…

その様子を垣間見ただけで、とても気の毒になっちゃいましたよ。 ウチのじいさんと同年代と思われる守衛さん、あくまでも丁寧に対応してくれています。 ウチのじいさんが電話対応の代理をしたら、絶対に逆ギレしちゃうだろうな。(爆)

それにしても肝心の職員さんの姿がやはり目に入りません。 こういった対応って、本来守衛さんのお仕事なんですか?? 大規模な障害なのに、職員さんの緊急招集ってやらないの? 別に週休二日でも何ら問題はありませんけど、こういった不測の事態に対応する為の準備ってされていないのでしょうか?

私は仕事柄、外歩きをしているから、こうして情報を得ることが出来ましたが、小さな乳飲み子を抱えたお母さんや、自分で外出することもままならないお年寄りなどは、きっとジリジリとした気持ちで原因さえも判らぬままに時を過ごすしか無いですよね。

ちなみに水道局や市役所の広報車などは一度も見受けませんでしたし、マスコミを使った情報提供も無かったようです。 このような不測の事態を捉えて、トラブル自体を糾弾しようって気は全くありませんが、お役所が掌握しているライフラインなのですから、市民を不安にさせない為の情報提供って必要なんじゃ無いですかね?

今回のトラブルで情報が無い事の歯がゆさを痛感しましたが、せめて市のホームページにでも「緊急情報」のページがあっても良いと思います。 今回はたまたま水道のトラブルでしたが、一括して告知できるページを作る事くらい造作もない事でしょう? システムを作ってしまえば、携帯電話からだって記事の更新くらいは出来る訳ですから、即時情報の提供も可能なハズです。

この程度のトラブルに充分な対応が出来ないようでは、万一予期せぬ自然災害などが発生したら、市の行政機能はマヒしちゃうんぢゃ無いかな?とちょっと不安になりました。

何て思っている内に、17時半くらいにようやく水道水の濁りが失せました。 工事を請け負っていた民間の業者さん、お疲れ様でした。  

コメント

初めまして。
流石はお役所仕事って感じですかね┐(´ー`)┌

という感想なんですが、この対応は郡山市だからのように思います。

私の古い付き合いの友人は小さな町の水道課にいましたが、水道水が濁ったや出が悪いと、直に電話を入れると夜中だろうが早朝だろうが休日だろうが、直ぐに召集がかかり浄水場に飛んで行って原因確認や修理をしていました。

ん~、ハッキリとは断言出来ませんが行政の姿勢の問題ですかね(__;)
2008/ 09/ 28( 日) 09: 08: 58| URL| メンジャミン# -[ 編集 ]
 
私は役所ごと・会社ごと・学校ごと・土日休みって変だと思います、別に週休2日はいいんですが、皆仲良く休まなくても、ローテーションでうまくやり繰りできないんでしょうか。
ゆとり教育、誰の為のゆとりでしょうか。
教員です。
うちの次男はすっぽりゆとりにはっまって、土曜に高校に行ってます。
学校なんて年中無休にしたらいいのに親の休みも色々だから。
2008/ 09/ 28( 日) 21: 20: 32| URL| フォワード# -[ 編集 ]
 
ベンジャミンさん
こんにちは。 初めまして。(^^) 今回の水道管事故では、およそ3,500世帯の水道水に被害が出たとの報道を、翌朝の新聞で知りました。

水道局のホームページに情報が掲示されたのは、何と本日(29日)10時ですよ!Σ( ̄ロ ̄lll) そんなバカなハナシは無いですよね。 事業主体者よりもマスコミの方が先に記事が出る何て…(^^;)

人口33万人の街としては、危機管理能力が疑われちゃいますよ。 今回はガッカリしましたけど、これを機会に真剣に改善策を考えて欲しいものです。
2008/ 09/ 29( 月) 12: 40: 13| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
フォワードさん
むむむ…(^^;) お休みの取り方が画一的と言うのは確かですね。 最も注意を払わねばならないのは、官民を問わず「公共サービス」に従事している業種ですよね。

電力、ガスなどは、民間が請け負っていますけど、勿論年中無休24時間対応ってのが普通ですよね。 ライフラインの重要性が故の、当然の帰結です。

困ってしまうのは、実際に障害が発生した際の対応の不備ですよね。 今回のお話は、情報の伝達が不十分過ぎる事。 情報がないと言うのは、大変な不安を与えるばかりか、時としてデマの流布にも発展しかねませんし、最悪パニックへ発展する事もあり得ます。

事故による不便は仕方有りませんが、復旧のメドや代替案が見えてこないと、受給者はストレス受ける事となります。

「ゆとり教育」が生み出して、学校教育の週休二日導入は、善し悪しがあるので何とも判断の難しいところです。 「ゆとり教育≒自立心の育成」が、思った方向に向かわなかったのでしょうか?
2008/ 09/ 29( 月) 12: 56: 18| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
初めまして。
いつもウンウンてうなづきながら拝見させていただいております。
なにかしら対応はしていたんでしょうが、まず、市民への情報提供をしなきゃですよね。当県でおきた中越地震の時も情報がかなかな来なくてとっても困ったそうです。フォワードさんも書かれていますがデマが一番怖いですよね。郡山市は今回の事を教訓にしていただきたいと思います。
るるぷぅさんのブログを拝見して何度かお邪魔して公園もいっぱいあるし、なかなか良い街だなぁと思っていたので・・・・。
2008/ 10/ 01( 水) 11: 08: 27| URL| 小白竜# -[ 編集 ]
 
小白竜さん
こんにちは。 初めまして。(^^) 気ままに書き綴っているBlogですが、お目に止まって嬉しゅうございます。

今回の出来事は、ほんの端緒的な事象でしか無いと思います。 素人が考えても改善手段が思い浮かびましたので、難関の公務員試験をパスできた方々が、なぜ一歩足を踏み出さないのかが疑問です。(^^;)

まさか“TOPからの指示待ち”なんて寒いハナシでは無い事を祈りたいです。(苦笑) 市政提言しちゃおうかなぁ~(笑)

住民本位の行政が行き届く街になってくれる事を、市民としても願っているところです。
2008/ 10/ 01( 水) 20: 15: 16| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/732-e03225ca