FC2ブログ

思い出イッパイ

無芸大食娘が二泊三日の宿泊訓練(?)から戻ってきました。 都合三日、いつも賑やかな娘の声が聞こえない生活は、何とも違和感のあるものでした。(^^;)

那須連峰の登山、野外炊飯、キャンプファイヤー、お友達と一緒の入浴など、初めて尽くしの三日間。 楽しい思い出をいっぱいリュックに背負って帰宅しましたヨ。(^^)

普段は炊事のお手伝いもする機会の少ない無芸大食娘。 出発の二日前、メニューとなっていたカレー作りの予行練習をしましたヨ。(^^) じゃが芋の皮むきで、大分時間を要したりしていたようですが、グループの中にはお料理が得意そうなお嬢さんもいるようですし、あまり心配は要らないでしょう(笑)

グループ単位での野外炊飯なので、男の子達はもっぱら「焚き火係」だったりします。 そうそう、無芸大食倅もそうでした。(^^) ところで待てよ… 今時の男の子って、薪に火を付けられるのか??(^^;)

無芸大食娘に聞いてみた。

「同じグループの男の子で、ボーイスカウトに入っている子っている?」

「はぁ? お父さん、何言ってるの? そんな子、いるわけ無いじゃん!」ゲラゲラヾ(@^▽^@)ノ


おいおい(^^;) 笑い事じゃ無いぞ。 竈の作り方から、火のおこし方、これが出来なきゃ炊事は出来ないんだから… 親バカ無芸、チト心配。(^^;)

「ご飯はどうすんのさ?」

「うん!薪の火で飯ごうで炊くんだよ♪」


あぁ… 益々心配(^^;) スイッチぽん!で出来るご飯ぢゃ無いんだぞ。 無芸、親バカ全開!(自爆)

そっか… 今時はボーイスカウトに入隊している子って、ほとんどいないんだ… 薄々気付いてはいたけど、ちょっとショックだなぁ~ と、言いながらも、ウチの子供達もそういった活動には参画していなかったけど。。。

無芸大食娘曰く

「ねぇ、何でキャンプファイヤーなんてやるの?」

「あぁ~~ん? 何言ってるの! キャンプファイヤーをしないキャンプなんて、ソースを掛けないコロッケみたいなもんだぞ!」


「ワケわかんな~~い! でっかい焚き火の周りでフォークダンスなんて、ダッサ~~~!」ヘ(^0^)ヘ

無芸返す言葉無し…―(T_T)→

それを聞いていた無芸大食倅、ぼそぼそっとこう言っていた。

「キャンプファイヤーは楽しいんだから…」

ハハハ、そうかそうか(^^) やっぱ男の子は違うナ。

そんなこんなで、無芸大食娘は宿泊訓練へ出掛けました。 そして同日、無芸のお友達から、今年も「オヤジキャンプ」をやりますよぉ~ってメールが来ました。 去年も使ったサイトを抑えたらしいのですが、トレーラーハウスなのでちょいと手狭なんです。 今年はロッジの方かと思っていたら…

「野外で火が炊けるのはトレーラーハウスだけだから、当然コッチね!」

あぁ… そっか。 焚き火は男の本能だったのか(爆) そう言えば無芸のお友達、みんな焚き火が大好きだったワ(^^;) 女性はそんなタルいこと、願い下げってところでしょうか?

そんなワケで、無芸大食娘の宿泊訓練がどんなだったか興味津々の無芸。 いろいろと娘に聞いてみましたヨ。

カレーはんまく出来たぁ~! ご飯もオケイだった! キャンプファイヤーは、予想外に楽しかった♪

そっか、そっか(*^_^*) ほっとする無芸。 野外最悪!と言われなくて良かったヨ。  

コメント

あはっはは、焚き火は男の本能か、、なるほど!!
我輩も焚き火は大好きであります。火をみると興奮するな^^^ウホウホ^^。
(わたしは、放火魔じゃないです^^笑)。

キャンプファイアー、中学の時、やりましたな^^。
懐かしい^^。娘さん、楽しい野外授業でなによりでした^^^
2008/ 09/ 19( 金) 22: 17: 55| URL| ララオ# -[ 編集 ]
 
おぉ~~キャンプですか。
うちの息子、貸し出ししますよ~!
うちもね、来月キャンプなんですよ。
でも薪じゃなくガスですが・・・。
薪を使用するの、そのキャンプ場では禁じられてるんですよ。
ここでは普通に焚き火をするにも、郡の許可が必要なんです。
飯盒も手に入らないから、鍋でご飯を炊くつもりです。
メニュー?やっぱりカレーですよ!!
2008/ 09/ 20( 土) 00: 00: 12| URL| ree# -[ 編集 ]
 
娘さん、アウトドアデビューですね。これからは一家揃ってキャンプもOKじゃないですか。
私も、キャンプで焚き火ははずせないと思いますよ~。
フリースの焦げ跡は勲章です!!
アルコール片手にマシュマロ焼いてみたり、大人になってもワクワクしちゃいます。

そして昼の焚き火は冬の風物詩。
狭いお庭の落ち葉で焚き火をする時には、バケツに水と焼き芋用のお芋がかかせません。
こっちの焚き火は女性の憧れです♪
2008/ 09/ 20( 土) 23: 03: 56| URL| 和# Xqd.HNrY[ 編集 ]
 
i-179ご無沙汰しています。
遠く数十年前の記憶ですが、Hちゃんの気持ち、私、良く解りますi-229
出掛ける前は楽しみ半分・・でも確かに、わざわざ火を起こしたり、焚き火やフォークダンスはちょっとねぇ・・という気分でしたよi-232
いざ、行って帰ってくると愉しい思い出になるのですが・・。
やっぱり、火起こしなどは、頼もしい殿方の(本能的な)お仕事なのでしょうか?
2008/ 09/ 21( 日) 00: 02: 07| URL| キャサリン# -[ 編集 ]
 
那須甲子自然の家ですか、うちの息子たちもこちらで宿泊でした。
男の子は、やはり焚き火係りが好きですね、私はいまだに好きですから。(川原とかキャンプ場でですが。)

遠い昔、自分が宿泊学習に行ったところは神奈川県の、足柄郡にある金時山でした(金太郎の発祥の地)登山がきつかったのと、大きなキャンプファイヤーのことはまだはっきりと覚えています。
2008/ 09/ 21( 日) 17: 44: 02| URL| フォワード# -[ 編集 ]
 
ララオ0181様
私のお友達はほとんど、焚き火が大好きですね。(^^;) 女性陣は後始末を考えただけでも、うんざりしちゃうのかも知れません。

私が体験したキャンプファイヤーって、遡って考えてみると、やはり中学生時代が最後だった気がします。
2008/ 09/ 22( 月) 19: 28: 27| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
reeさん
カブスカウトで鍛えられたチャー坊君にしたら、薪で火を焚く何て朝飯前でしょうネ。(^^)

こちらでも昨今は、キャンプ用の文明の利器がポピュラーになって来て、ホワイトガソリンやポータブルガスポンベで煮炊きするのが普通です。

キッチリと設備の整った場所で無ければ、地べたで直火を焚くのは許されていないようです。 阿武隈川の河原で直火炊きをしていたのが懐かしいくらいです。
2008/ 09/ 22( 月) 19: 34: 13| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
和さん
「キャンプファイヤーなんて、何が楽しいの?」と言っていた無芸大食娘ですが、理屈抜きに楽しかったらしいです。(^^)

落ち葉焚きで焼き芋ぉ~~~!! 随分とそんなシーンから遠ざかっておりました。(^^;) 焼き栗もイイですよね。
2008/ 09/ 22( 月) 19: 37: 47| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
キャサリンさん
こんにちは。(^^) 来月は恒例のおやじキャンプが控えており、仲間達は今から焚き火がしたくてワクワクしているようです。(爆)

でも、普段お買い物を手伝っていない奴らばかりなので、お買い物を任せておくと「オイ!こんだけの食材、一体何人で食べる気だ?!」ってくらい、しこたま買い込んで来ちゃいます。(^^;)

「どうせ無芸が食べるだろ?」って… 無理だっちゅうの!(爆)
2008/ 09/ 22( 月) 19: 41: 54| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
フォワードさん
ピンポンです。(^^) 良く整った施設だそうですね。 昔のボーイスカウトのキャンプとは、エライ違いです。(爆)

フォワードさんも、たまに焚き火しています?(笑)
2008/ 09/ 22( 月) 19: 45: 00| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/728-ba1da974