FC2ブログ

普通に出来る事

お盆の終盤から、ずっとぐずついた天気が続き、折角の日曜日も写真を撮りに出掛ける事が出来ません。 以前から「撮ってみたいなぁ~」、と狙っていた風景があったのですが、ついぞタイミングを掴むことは出来ませんでした。 来年のお楽しみに取っておきましょう。

じいさんの家庭菜園から、作物を失敬してゆく輩のハナシをしたのもつかの間。 今度は店先でも事件が発生しましたヨ。

先週末のこと、当地でも突然豪雨に見舞われるような不安定なお天気になっておりました。 雨が降れば店先の雨よけテントを引き出し、お店の出入り口には傘立てを出す。 何気ない普通の光景です。

この傘立て、普段はお店の外に出してあるのですが、ナゼかその日はお店の中に引き込んでありました。 永年、お決まりの場所があるにも関わらず、何でだろう? 無芸大食妻に聞いてみたら…

「傘立てをお店の外に置いておいたら、傘が盗まれた…」

はっ? 傘泥棒ですか?!( ̄□ ̄;)

持ち去られたのがお客様の傘では無かったので、これは幸いでしたが、ガッカリしちゃいます。 別に一言「傘を貸してください」と申し入れてくれれば、役に立てたかも知れないのに…(ー"ー )

断られたらイヤだから? それとも面倒だから? もしかして、傘立てにある傘は、誰でも自由に使える公共の傘だとでも? ウチはテーマパーク内の売店ではありませんヨ(^^;)

一方、これも同日のこと。 街中某所の交差点で信号待ちをしていると、とあるモニュメントの物陰で、ベビーカーを押した若いお母さんの姿がありました。 別に取り立ててどうという光景ではなかったのですが、彼女の視線と行動は、どうもベビーカーの我が子に向けられているようには見えませんでした。

前述の通り、私の車窓からは、それがちょうど物陰になっていて、彼女が何に向かって行動しているのかが分かりません。 歩道の信号が変わると、彼女はまるで後ろ髪を引かれるように、後ろを度々振り返りながらベビーカーを押して横断歩道を渡りました。

さて、その物陰には一体何が?(^^;)

ようやく信号が変わり、スルスルと前進し始めると、その正体が見えてきました。 何と70代後半くらいのおばあさんが、自転車で転倒していたのです!( ̄◇ ̄;)

おばあさん、ちょっと痛そう。 それでも何とか立ち上がろうとしています。 これはマズいなぁ~と思い、先に車を停めて救護しようかと思った矢先、一人の若いサラリーマン風の男性が駆け寄ってきました。

ドアミラーでその様子を確認していると、どうやらおばあさんに大事はなかったようです。 見るからに未だ痛そうなんですけど… 骨折のような大事にはなっていないようです。 それなら彼にお任せしておいても大丈夫でしょう。 今回はそのまま(^^)

傘泥棒も人助けも、共に普通に行われていた事です。 私達は当然、後者のような行いを普通に出来る人間であり続けたいところです。 出来ることなら、双方の親に会ってみたいですね(笑)

某店リゾット

何の脈絡もなく、某所のリゾット。 こういった飾り付けは、やはりお店ならではです。 うん、真似出来ん!(^^;) お味はちょいと微妙なので、ナイショのハナシ。(笑)

某店スパゲッティー

でもカップル様方で賑わっているんだよな…(^^;) オサレなデート向きのお店に迷い込んでしまったかな? 無芸も希に落とし穴にハマります。(自滅)  

コメント

>一人の若いサラリーマン風の男性が駆け寄ってきました。
・・・私かも^^;
でもサラリーマン風じゃない私ですけど・・・

(゚д゚)ウマソー
かっぷるだらけのお店は厳しいですよね^^;
2008/ 09/ 01( 月) 20: 45: 01| URL| ほっぴーほるもん# -[ 編集 ]
 
どんな様子だったのか、わかりませんが、倒れているばあさんを置いてきぼりにするようでは、情けないですね、、たぶん、ばあさんは、大丈夫ですとか言ったんでしょうけど、、、。

なんか、ほんとせちがない世の中になってしまいましたねえーーー。
2008/ 09/ 01( 月) 22: 03: 24| URL| ララオ# -[ 編集 ]
 
ほっぴーほるもんさん
えっ?!ホント?(^^;) 某地方銀行本店前での出来事でした。 もしそうなら、もちっと克明に出で立ちのお話でも(爆)
2008/ 09/ 01( 月) 22: 06: 14| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
ララオ0181様
うむむ(^^;) その様子は、本文の通り、無芸のアングルからは確認できなかったんですよ。 でも何やらゴニョゴニョと…

お年寄りの自転車って、結構危ないんですよね。 体力が減退して来ているお年寄りにとっては、その利便性も分からなくはないんですけど・・・
2008/ 09/ 01( 月) 22: 10: 50| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
普通にする事が、普通に出来ない人が、増えてるような気がします。あと人が見てなければどうでもいい人も、増殖しているような気もします。怖いです。
2008/ 09/ 01( 月) 22: 48: 26| URL| フォワード# -[ 編集 ]
 
私も若いサラリーマンに助けられた事ありますよ。
都内の駅の階段で、ベビーカーに乗せてた息子を当時妊娠してた私が、息子を下ろして抱えて上がろうかと思ってたら、ベビーカーごと息子を運んでくれたんです。
見て見ぬ振りをして通り過ぎるんじゃなく、手を差し伸べれるように自分もなりたいですね。
2008/ 09/ 02( 火) 00: 32: 07| URL| ree# -[ 編集 ]
 
某地方銀行本店・・・
じゃあたぶん違いますね (^_^;)

某スポーツジム向かいのベニマルの裏あたりですぅ

でも地方銀行本店・・・
どこにあるかわからないけどw
2008/ 09/ 02( 火) 02: 30: 24| URL| ほっぴーほるもん# -[ 編集 ]
 
私も傘盗まれました~v-406
先日四号線の「〇るまつ」に夫と出かけて、私の10年以上使った傘が帰りに見たら無くなってました。
女性店員に
私「傘が無くなったですけど・・・」って言ったら
店員「はぁ~・・・(無言)」
私「もし見つかったら、連絡ほしいんですけど」
店員「じゃ~こちらに連絡先書いてください」・・・
イヤイヤそれって私から「連絡ほしいんですけど」とか言う前に、店内で無くなったんだから謝罪とか店長を呼ぶとか無いのかよぉv-405って思っちゃいました。
今だに連絡ありません。
2008/ 09/ 02( 火) 02: 36: 04| URL| Gromit# -[ 編集 ]
 
フォワードさん
とても簡単なことのハズです。 そこに伏している人が、自分の大切な人だったら、という想像力を持って考えること。

自分の傘が持ち去られたら、どんな気持ちになるか、立場を入れ替えて考えること。

でも、本当はいちいち考えなくても、当たり前に理解できるのが“普通”というものでしょう。(^^;)
2008/ 09/ 02( 火) 12: 32: 06| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
reeさん
それは素敵な体験をなさられましたね。(^^) そのような手助けを、何気なく行える人こそ、本当の大人だと思います。 思わずその彼のご両親を敬服しませんでしたか? 私達も子供を持つ親として、そんな子育てをしたいものですね。

「ありがとう」の気持ちが繋ぐ「善循環」が、国境や人種を越えて広がる事を祈りたいです。
2008/ 09/ 02( 火) 12: 37: 20| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
ほっぴーほるもんさん
ナハハ(^o^) それでは私が遭遇した彼は、ほっぴーほるもんさんでは無かったのですね。 でも場所は変われども、そのように手を差し伸べる“紳士”がいた事は事実。 素晴らしいことです。(^^)
2008/ 09/ 02( 火) 12: 41: 28| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
Gromitさん
お気の毒な事でした。(^^;) 10年来の愛用品となると、きっとお気に入りの傘だったのでしょうね。

唯一の願いは、持ち去った方が故意では無く、自分の傘と見間違って持ち帰ってしまったのであれば、心情的には少し救いがあるのですが…

「〇るまつ」さんに限った事では無いと思いますが、正社員のほとんどいないお店は、どこかしら責任感が希薄な気がします。

全てが接客マニュアルに沿った受け答えである必要性は無いと思うのですが、やはり言葉を間違えて、職場での立場が悪くなることを恐れる保身が先に立つのかも知れません。

お腹立ちは良く理解できます。 折角の食事の楽しみも台無しになっちゃいましたね。
2008/ 09/ 02( 火) 12: 51: 37| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
ごめんなさい
こちらからコメントすればよかったんですね
早とちりなもんで

美味しいものの写真が沢山でダイエット中の私にはまずいかもと思いながら見てました
しかもお昼だし
2008/ 09/ 05( 金) 12: 21: 38| URL| すみちゃん# -[ 編集 ]
 
すみちゃんさん
こんにちは。 初めまして。(^^) メールをお送りいただき、ありがとうございました。

何せ食べる事の悦楽から抜け出せない無芸でございます。(爆) 目の毒は承知で、どうぞ宜しくお付き合い下さい。(^^)
2008/ 09/ 05( 金) 19: 24: 19| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/715-b7c51583