fc2ブログ

福島屋 ~福島県いわき市小名浜~

30年来の同業グループで、今年の新年会は当県で開催されることとなり、蔵元4軒の訪問を含み、二日間の開催がありました。 開催地幹事となる私にリクエストされるのは

“スケジュールを頼む”“ウマい飯を頼む”です(=´▽`)ゞ

久しぶりに開催する新年会ですので“ウマい魚をたらふく食べたい”なんてリクエストもありましたので、温泉付きのオーシャン・ビューなリゾーチホテルに宿泊して、宴席は無芸推しの「福島屋」さんで頂くことにしました。

ホテルに一度Check Inしてから、各部屋に荷をほどき、程なく借り上げていたアルファード号で「福島屋」さんへ移動。 お開き後は、直帰組は代行運転さんにお願いしてアルファード号で帰還するという、我ながら秀逸なプランです(ノ´∀`*) 小名浜の経済を回したいメンバーはそのまま繁華街に放牧致しましたが、翌朝はちゃんと肌つや良く朝食バイキング会場にお揃いでしたv( ̄∇ ̄)ニヤッ

さて、100年以上の歴史を刻む小名浜の老舗「福島屋」さんですが、現店主夫妻様の代になってから、いわき小名浜に行くたびに寄らせて頂いてますが、実は酒席を持てたのは今回が初めてでした(*^。^*) ようやく宴席料理を頂く機会を得ました。

福島屋 宴席

最初のお皿はこの二品からスタートです(﹡ˆᴗˆ﹡)

福島屋 常磐もの 穴子

お店で恒常的に楽しめる地元“常磐もの”「焼き穴子」です。 ツメはあまり濃すぎないようにチューンしてあり、前処理に手を掛けているので、クセの無い美味しいところだけが楽しめます。

福島屋 鱈菊のポン酢

こちらは鱈菊のポン酢ですが、シンプルに茹でわかめとキュウリ、紅葉おろしで頂きます。 鱈菊のクリーミーさと後味のキレの良さが巧妙に仕立てられてます。

福島屋 お造り四点盛り

刺し盛り四点には、鹿児島産のカツオ、むらさんのボラ、水揚げ地は聞き逃しましたが、ハマチとヒラメが盛り込まれます。

福島屋 焼き物 三点揃え

一同がドヨめいたのが焼き魚の皿。 何なと焼き魚で三種盛りというのは、驚きの他はありません。 鯖の一夜干し、鰆の西京味噌漬け、あともう一点が聞き逃してしまいました( ̄▽ ̄;) 太刀魚でしょうかね? 共に味わいの違いが明らかで、既にこの時点で飲み合わせた清酒は5品目に達してます。

福島屋 豚の角煮

ここで「豚の三枚肉の炊き合わせ」が登場。 時間を掛けて炊かれた三枚肉のコラーゲン分と、ホロリと溶けるようなお肉の仕立ても見事です。

福島屋 タラの芽の天ぷら

ここで油物に女将の実家から調達した春を呼ぶ「こごみの天ぷら」。アク味が無くてジューシーな甘味さえ感じさせます。

福島屋 牛肉の炙り焼き

更に押し込むように「牛肉の炙り焼き」が供されて、この辺で満腹でギブするメンバーが出始まります(⌒▽⌒;) キラー・パスを受けつつも美味しいもので二皿、三皿とペロリでございます。

福島屋 ホタルイカしとボラの炊き込みご飯

お食事は土鍋炊きの「ホタルイカしとボラの炊き込みご飯」でした。 これには一同思わず声が漏れましたね(>▽<)b

福島屋 ホタルイカしとボラの炊き込みご飯

富山産のホタルイカは、当然ながら生食で頂ける鮮度。 それを一匹ずつ目とクチバシをピンセットで取り除くという、果てしない前処理が施されています。 徳島産のむらさんのボラを炊き合わせて、旨味も引き出した炊き込みご飯は、ナント贅沢なことでしょう(ノ≧ڡ≦) 素晴らしい体験をさせて貰えました。




福島屋
福島県いわき市小名浜横町34
電話;024-963-7611
営業時間;【昼の部】11:00~13:00 【夜の部】17:00~21:00 (L.O.20:30)
定休日;木曜日
駐車場;店舗敷地内左隣15台分


Last Modified :

Comments







非公開コメント