FC2ブログ

目映いばかり…

午前中にルーティーンの配達をして来たら、お得意先の割烹料理店さんで、こんな光景が…(^^;)

本マグロ トロ山盛り


全て日本海で漁獲された、生本マグロ。 しかも全てトロです! コロから柵取りする仕事中でした。 見ているだけでもヨダレが出そう。(^^;)

柵取りしたのを、丸ごと一本喰いしてぇ~~~~!! まるでテレビのバラエティー番組のように(笑)

本マグロ トロ山盛り


お店のご主人様に伺ったところ、実は鳥取沖で穫れたもので、なかなかの豊漁が続いているそうです。 そう言えば、去年の年末あたりも、津軽海峡でも豊漁で、大間のマグロの価格が、前年よりもだいぶ安価だったと聞いておりました。

「このままでは日本の食卓からマグロが消える!」

と、再三テレビで報道されていましたが、このギャップは何なのでしょう?(^^;) 勿論、限りある海洋資源ですから、キチンとした漁獲管理をしないと、本当に根絶やしにされかねません。 早期に国際協調による漁獲制限の策定が望まれるところです。




マグロの中でも特に価値(人気)が高いのは、言うまでもなく脂の乗った「トロ身」です。 実は半世紀前までは、「トロ身」は食べずに捨てていたそうです。 

「脂がギタギタで、こんなもの喰えたもんじゃねぇ!」

と言われていて、魚の卸店でも値が付かなかったと言います。 野良猫でさえ食べなかったと言いますが、ホントかな?(^^;) その話の中で、先のご主人様から“新説”を伺いましたヨ

そのご主人様の所見では、半世紀前には冷蔵・冷凍のインフラが整っていなかった為、鮮魚の流通は今とは比べものにならないほど脆弱だったと言います。 木箱に魚を詰めて、氷で冷やすくらいしか出来ません。 勿論、卸店や小売店では、店頭・貯蔵共に、冷蔵設備は既に整っていましたが。 如何せん、輸送中の品質保持が難しかったらしいです。 ましてや高速自動車網などありませんでしたから。

その為、輸送中に魚が傷んでしまう事も珍しくなかったそうです。 そして、傷み始めは、必ず腹から始まる訳です。 赤身は“ある程度の熟成”で価値が高まりますが、脂質の多いトロ身は、あっという間に臭みが出てしまうそうです。

なるほど、ただ脂ギッシュだったからと言う理由だけでは無いのかも知れません。 ましてや野良猫さえも漁らなかったと言うことは、その説もある程度信じられるかも知れませんネ。  

コメント

なるほど~

昔は捨てていたのですね・・・。トロ。トロ大トロ・・・。

そういえば小さな子供だった頃、近所の魚屋さんには木箱がいっぱいありました。懐かしいです。
氷がたくさん入っていたんですよね、お魚と一緒に。

今はあの発泡スチロールの箱ですもんね~。
(あの箱、魚箱と呼ばれてました、以前働いていた資材やさんで)

そぅそぅ、子供の頃はトロ好きでしたが、
今は断然ひかりものです!!!!

いわし、サンマ、あじ、さば。このローテンションで私は進みます。もち、廻るお寿司です。笑


家族4人で60皿という時代もありましたが、
最近、家族の食欲は落ちているようであの頃が懐かしいくらいです。(内心ホッとしている)


無芸さん、柵どり丸ごと1本・・・意外と食べづらいかもしれませんぞ!
2008/ 06/ 15( 日) 15: 44: 43| URL| ベニー# npqL4zHc[ 編集 ]
 
銀座でこんな柵とりの本マグロ食べたら、どんぐらいなんだべ!わはっははは。

マグロが日本の食卓から消えるなんて話も出ていますが、どうなるんでしょうね?

大トロは、1貫ぐらいがちょうどいいですね。。
口の中がレロレロになってしまう、(そんなに食ったことねえけど、ワハ)
2008/ 06/ 17( 火) 00: 52: 19| URL| ララオ# -[ 編集 ]
 
うわぁ~これは息子に見せれないですよ~。
今ね、娘が横で写真を見てるんだけど 「Tsuna Sashimi?」って大喜び。
日本の食卓から消える?
そんな話が出てるんですね。
昔は一杯売ってたのにな・・・。
2008/ 06/ 18( 水) 00: 16: 51| URL| ree# nJDHedgo[ 編集 ]
 
ベニーさん
記憶を辿ると、昔近所の魚屋さんの店先には、氷の詰まった木箱に魚が詰められていました。 きっと発泡スチロール性の輸送箱が登場した時には、センセーショナルだったでしょうね。

ちなみにお酒の箱も、昔は木箱でした。 ビールは勿論の事、清酒用なんて、ほんの20年前まで木箱流通が残っておりました。

あの木箱ときたら、素手で持っていたら、度々棘が刺さるし、傷んだ木箱の場合などは、突然底が抜けて大惨事って事も…(^^;) 今ではご家庭用の酒類は、紙パックや缶入りが主流になっちゃいましたけどね。

回転寿司、ウチも好きですヨ。(^^) 意外なネタが思いの外マッチしていたりして楽しいです。 その昔ツナマヨの軍艦巻きが登場した時は、結構ハマりました。 子供達はここぞとばかりに鮮魚系に走りますが、親二人はキワモノ系にワクワクしたりして。

本マグロのトロ、一本喰いは、ある意味ロマンですかね?(^^;) 憧れの対象になる食べ物があるというのは、幸せな社会と言う事でしょうか。
2008/ 06/ 18( 水) 00: 23: 26| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
ララオ0181様
銀座ぁ~~~?(^^;) ララオさん、それはこぇ~~ヨ(爆) でもそれもロマン?

水産資源は世界中の人々が平等に恩恵に浴せると良いですね。 最近では本マグロも養殖出来るようになったそうですが、やはり大海を泳ぐ天然魚の美味しさは格別かと…(^^;)

大トロ、一貫で満足出来ますか? 無芸はすし桶一杯分食べたいなぁ~♪(*^_^*)
2008/ 06/ 18( 水) 00: 29: 05| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
reeさん
あれあれ…(^^;) にんにんちゃんの目に留まってしまいましたか… おいしいぞぉ~~~!!(^_^)

「鮪が日本の食卓から消える」と言う話題は、マスコミが騒ぎ立てております。 実際の所、燃料価格の高騰により、鮪の漁業が採算割れしているとか、経済発展の著しい国々での消費量が増えて、日本向けの輸入マグロが買い受け出来なくなるとか。 勿論、海洋資源の枯渇に対する警鐘の意図も含まれていると思います。

庶民のマグロと言われる、ビンチョウマグロでさえ、漁獲量の減少と価格高騰が起こっているそうです。 代替え魚として「赤マンボウ」なる魚が脚光を浴びそうというハナシです。(^^;) マンボウ… 確かに脂ギッシュだわ…
2008/ 06/ 18( 水) 00: 36: 41| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/683-72eb3c04