fc2ブログ

鹿島大神宮のペグマタイト岩脈

「高柴デコ屋敷」の共有駐車場から車を出そうとしたら、ガードレールに沿いかけた標識に、「ペグマタイト岩脈」なる案内表示が目に止まりました。

実はこの「ペグマタイト岩脈」という標識は、無芸の仕事場近くの、国道4号線にも案内標識があり、以前から気になっていたものです。

表示されている距離は約6Km。 無芸大食妻と顔を見合わせて、

「行ってみる?(^^;)」

「うん、いいんでない?」


と、言うことで、ちょいと寄り道してみました。 ところが、ところが…(^^;) 案内標識に従って進むも、主要な交差点に案内標識が備わっていない…Σ( ̄□ ̄;) 勘を頼りに車を進めるも、気が付けば目的地から遠ざかってしまったり、Uターンして戻ってもやはり案内標識はないし…

自分の街ながら、こんなに中途半端な案内標識に辟易としてしまいました。 結局、たった6Kmの道のりを、迷走に迷走を続け45分も掛かってしまったorz 観光課のホームページに掲載したり、一桁国道に案内標識を掲げておきながら、一体コレはどういう了見なのでしょうか??

これではごく一部の地元民以外は辿り着くことが出来ませんヨ。 しかも取り立てて目標物のない田舎道ですもん。 折角、国指定の天然記念物なのですから、もっと訪問者に優しい配慮が必要です。 案の定、ネット検索で下調べをしてみたら、多くの方々が田舎道で迷子になっていたようです。 早期の改善を強く求めたいものです。

鹿島大神宮


さて、ともあれ何とか辿り着いた「ペグマタイト岩脈」は、「鹿島大神宮」の境内にありました。

田んぼの中道を進んで、境内前にほんの2台ほどしか止められない駐車スペース。 先客様は誰もいないようです。 参道を分け入り、階段を登って行くと、どこかしら湿気のあるような重たい空気感と、杉林の落ち葉が堆積しして発するような香が漂って来ます。 何やら神々しい?(^^;)

国指定天然記念物 ペグマタイト岩脈


高さにすれば30mほどでしょうか? 登り切った所に本殿がございます。 その本殿の左後方に、白い色をしたペグマタイト岩脈が露出しております。 全く予備知識無しに訪問したので、呆気にとられてしまいました。

「あらら… こんなだったのね。(^^;)」

本来ペグマタイト岩脈というのは、地表に露出している事は少ないらしいです。 しかもこのような岩塊というのは更に珍しいらしいです。 どうやら大昔に地殻変化で隆起したらしいです。 この岩塊は、高さ40m、幅14mあり、更に地下には10mほどあるらしく、推定埋蔵量14,000tと言われております。

ペグマタイトは、光学レンズや陶磁器の原料として貴重な鉱物だそうで、阿武隈山地は大変多くの埋蔵量があったそうです。 それもほとんどが掘り尽くされてしまい、この岩塊は今に残る貴重な存在らしいです。 また、ペグマタイトにはトパーズなどの宝石類が含まれており、大変珍重されていたそうです。

ペグマタイト岩脈に食い込む杉


岩塊と摺り合うように育った杉の木。 当然、石の硬度に杉の木が勝る事は出来ません。(^^;) 刺さっている感じでした。

残念ながら「鹿島大神宮」の歴史と由来は調べが付きませんでしたが、その崇拝の素は茨城県の「鹿島神社」にあることは明白です。

光学レンズなど無かった時代からあったでしょうから、“白い奇岩のある小山”という事で、崇拝するに適していたのかも知れません。 また、この神社があってこそ、ペグマタイト岩脈はそのまま置き去りにされていたのでしょうね。 これも偶然の成り行きでしょうか?

杉の切り株に生えた蘖


境内には杉林がありますが、切り株から新芽が出ています。 この新芽は蘖(ひこばえ)と呼ばれています。




国指定天然記念物 ペグマタイト岩脈

福島県郡山市西田町丹伊田字宮作239
問い合わせ TEL:024-971-3276 (鹿島大神宮)
Last Modified :

Comments







非公開コメント
へええ、これまた珍しい岩ですね、トパーズも含まれている?それはやはり国天ですね^^^。

あまり有名じゃないのかしらん??地元の方も知らないのであればね。。
もっと、宣伝しないといけませんね^^^^
2008-04-09-22:19 ララオ
[ 返信 ]
すごいですね。
でもPR不足だよねぇ~。
無芸大食さんでも辿り着くのに苦労するんだったら・・・
他の土地から来た人だと分かりませんね^^;
2008-04-09-23:37 にゃん 
[ 返信 ]
ペグマタイト・・・地下深部でマグマゆっくりと冷え固まったものですね。
ゆっくり冷え固まるため大きな結晶になります。
早く冷えると花崗岩になるんですよ~。

ペグマタイト鉱床の中の「ガマ」と呼ばれる空洞の中には、無芸さんが期待していた(笑)トパーズや水晶などが結晶していることがあります。
鉱石オタクは、この「ガマ」をみつけると、興奮して心拍数が上がること間違い無しですね。(^^)

阿武隈山地には、こうしたペグマタイト鉱床が所々でみられるそうです。
今年はぜひ一攫千金狙ってみてはいかがでしょうか?
2008-04-09-23:54 和
[ 返信 * 編集 ]
何年も前に私も行きました! そして迷いました!! 辿り着いてがっかりしましたv-12

貴重なのはわかるんですけど、なんでもかんでも観光資源にしようというのはどうかなぁ…

ていうか無芸さん、春になったらやたら行動的になりますね~(笑) そろそろ撮影会の頃合いですよ(^_-)
2008-04-10-00:16 ZZT231改
[ 返信 ]
ララオ0181様
鉱物資源には無頓着な無芸でしたが、訪問を機会にちょっと調べてみました。 実は阿武隈山地には、火山はないとされていたので、単なる石灰岩が隆起したものかと軽く考えておりました。 ほら、阿武隈洞に代表される鍾乳洞があるじゃないですか。

きっとこの地を訪れる方々は、地殻の科学に興味のある方だと思うんですよ。 なかなか多くないですもんね。
2008-04-10-14:53 無芸大食
[ 返信 * 編集 ]
にゃんさん
いや、本当に案内標識を頼りに行ったら、必ず路頭に迷いますヨ。(^^;) 観光地化されていないだけに、官民共に目が向いていないんだと思います。
2008-04-10-14:55 無芸大食
[ 返信 * 編集 ]
和さん
アハハ、やっぱり釣れたぁ~♪ 火山や地層、鉱物に造詣のある方々には、結構気になる存在でしょう。 期待通りに、ペグマタイトの解説を頂きました。(^^)

水戸と須賀川を繋ぐ国道沿いにある石川町にも、ペグマタイト岩脈があった(?)そうです。 そちらでは実際にトパーズなどの宝石類も採掘されていたそうです。

> ぜひ一攫千金狙ってみてはいかがでしょうか?

天然記念物に手を出すなんて、恐ろしくて出来ません。(爆)
2008-04-10-15:04 無芸大食
[ 返信 * 編集 ]
ZZT231改さん
あらら…ZZT231改さんも引っかかりましたか…(^^;) 地図で見ると、簡単に着けそうなんですけど、カーナビなどがないと方向を見失いそうです。 無芸も反対方向に走ってしまいましたヨ(自爆)

多分、本気で観光誘客は考えていないと思うんですよ。 きっと観光課か教育課の事業計画の一端で、スタンド・アローンで進められて、放置されている気がします。

最終的にどうしいのか? そんなビジョンは伝わって参りません。(-_-;) 案内しきれない案内標識なんて“死に金”ですよ。 もちっと、先読みをして事業計画は進めて欲しいなぁ~
2008-04-10-15:13 無芸大食
[ 返信 * 編集 ]
初めまして
こんばんは いつもブログ楽しみに見ていますv-411
無芸大食さんの影響を受けて、昨日(10日)と今日(11日)、西田町へ夫婦で行ってきました。
昨日は雨で「梅ロード」が見つからず、本日リベンジしてきてやっと見つけました。
そしてその帰りに「ペグマタイト岩脈」を見つけて私達も、ウロウロしてやっと見つけましたが、なんか人が沢山いて何かのイベントの準備をしていて近づく事が出来ませんでしたv-406
本当に不親切な案内ですよね~
2008-04-11-18:54 Gromit
[ 返信 ]
Gromitさん
こんにちは。 初めまして! ご訪問・コメントを頂き、ありがとうございました。(^^)

拙のBlogをご覧頂いて、ご夫婦でご紹介先を訪問なさられたと言うことで、大変嬉しく存知ます。

「梅ロード」はなかなか分かり難い場所ですから、辿り着かれるのにご苦労なさられたようですね。(^^;) それにしても、翌日再チャレンジをなさる行動力には脱帽でございます。 今日は風が強く、厚い雲に覆われていた事でしょうけど、梅の花は更に咲き進んでおりましたでしょうか? 明後日は「梅まつり」が控えておりますので、最高の見頃を迎えると良いですね。(^^)

「ペグマタイト岩脈」は、やはり容易に辿り着けませんでしたか…(^^;) イベントの準備をしていたと言うことで、ちょっと調べてみましたところ、明日、明後日の二日間「鹿島様の太々神楽」なる催しが控えているようです。

ネットで調べても、ほとんどHITしない情報でした。 勿体ない話ですね。 でも無芸は好奇心を揺り動かされましたヨ。(^^)

誘導案内の件は、何とか解決出来ないものでしょうか? 折角の訪問者様方が凹んでしまうようでは、我が町の名折れですよね。(^^;)

市役所のホームページから投稿出来るようになっていますので、提言してみます。
2008-04-11-19:32 無芸大食
[ 返信 * 編集 ]
私も迷いました
無芸大食様、初めまして。

 わたしも20年来気にしつづけ、昨春ようやくこの地を探して当てました。皆さんも苦労されていたんですね。
 特段観光地化するほどのこともなく、周辺住民の信仰の場としてあった以上、やたらと踏み込まれ荒らされるよりは「必要以上に目立たずとも」という意識があったのでしょうか。
 今までのようなひっそりとした佇まいが、あの神々しさには相応しいような気もしています。
2010-01-25-22:28 Ar!
[ 返信 ]
Ar!さん
初めまして(^^) ご訪問、コメントを頂き、ありがとうございます。

とても分かり難い場所ですよね(^^;) また、ソレが何であるのかさえ、大多数の方は知ることもないでしょう(笑)

地元の皆様にとっては、「知られないまま」よりは、「知って欲しい」という気持ちの方が上回るのではないでしょうか?

観光地化の原資は、ほぼ無きに等しいと思いますが、現状の訪問者を推察するに、人が集まってくる事による弊害は、危惧するにあたらないと思います。

郷土の歴史や役割を知る事や、一部の地層マニア様の為にも、折角の「国指定天然記念物」です。 もう少し案内表示は整えた方が良いと思っています。
2010-01-26-10:21 無芸大食
[ 返信 * 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019-05-04-21:51 -
[ 返信 ]