fc2ブログ
Top Page › 日常 › うえんで 喜多方店 ~福島県喜多方市~

うえんで 喜多方店 ~福島県喜多方市~

2021-09-15 (Wed) 08:00
2021年8月2日に「うえんで」の3号店として新規開店した「うえんで 喜多方店」に初詣して来ました.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。 域内の朝ラ~店の一般的な開店時間よりも少し遅目な9時開店。 全くの新築店舗は真新しいのは当然ながら、高く取られた天井の開放感や、新型コロナ時代に合った対策や広めのスペースなど、安心して暖簾を潜れるのも嬉しいところです。

うえんで喜多方店

店主・佐藤さんは現在コチラでお店の運営にあたっておられ、その姿を見ただけど得も言えぬ安心感と期待感を覚えてしまうのは、私的なうえんで原体験を「うえんで 山鹿店」で受けたからでしょう。 その印象的な体験が未だにボクの中に刺さっているのです。

メニューのバリエーションは喜多方のラーメン専業店さんとしては画期的な多さ。 店主・佐藤さんが根城としていた「うえんで 山鹿店」で多くのファンに愛されてきたそれをそのまま移入した上に、“喜多方店限定”の濃い目の煮干しスープが据えられているのは極自然な成り行きでしょう。

「チャーシュー麺・極太ちぢれ麺 (1,000円)」

うえんで喜多方店 チャーシューメン

本当なら喜多方店だけの限定メニューを頂くのが筋と言えそうですが、店内に漂う強烈なニボシの香りと、メニューに記された『濃い目の煮干しスープ』という行でビビっちまいました( ̄▽ ̄i)ゝ

魚介テイストに鈍い割には、強烈なニボシに不得意意識が付いているんですよ(^_^;) まあ、不得意なものはいつか気が向いたら対峙するとして、折角の初詣ですから、絶対にウマいやつを所望した次第です。(←ヘタレ)

うえんで喜多方店 チャーシューメン

豚骨、鶏ガラをメインにニボシと節系素材を軽めに引き出した清湯スープに、至極高品位さを感じさせるカエシが効かされ、やっぱり「うえんで」の洗練された、そして緻密で押し味のある味わいは格別です(ノ≧ڡ≦)

そこに見事な豚バラチャーシューが敷き詰められていて、薄目だけれどチープ感のカケラもなく、素早くスープの熱が入り、唇で食んだだけでちぎれるような柔らかさが官能的です。 少しネギ臭さと辛味のあるネギもとても効果的に後味を良くしてくれて、隙きのない調律に感動させられます。

うえんで喜多方店 チャーシューメン

大変個性的な超多加水の極太ちぢれ麺は、滑らかでしなやかな麺肌と、噛めばコシのある食感と共に、モチッとした弾力を感じさせながら歯切れていくさまは圧巻です! そんな力強く印象的な麺に、見事なコンビネーションを見せる素晴らしい味わいでした。

うえんで喜多方店

駐車場のキャパシティーも喜多方市内のラーメン専業店さんの中では随一。 オペレーションも良好ですので客裁きも早く、訪問し易いと思います。 次の訪問がもう楽しみです(*>∇<)ノ




うえんで 喜多方店 (URL) (FACEBOOK)
福島県喜多方市上川向4488-1
電話;0241-23-8388
営業時間;7:30~14:50 (L.O.14:30)
定休日;火曜日
駐車場;店舗敷地内と指定駐車場に19台


Last Modified : 2021-11-02

Comments







非公開コメント
No Subject
以前本店でお聞きしたのですが、曽我製麺は手打ち麺は製造していないため、普通麺:曽我製麺、手打ち:小西製麺を使用していると聞いたことがあります。
念のためご確認ください。
2021-09-15-19:24 秘密の名無しさん
[ 返信 ]
Re: 秘密の名無しさん 様へ
ご指摘ありがとうございました。 誤解を招かぬように、本分を一部修正致しました。

また何かお気づきの際には、どうぞ遠慮なくご指摘を下さいませ。
2021-09-17-14:35 無芸大食
[ 返信 * 編集 ]