FC2ブログ

お供で訪問。 仁井田本家

今週半ばの事、昼前に温泉旅館支配人・伸ちゃんから携帯電話にCALLがありました。

「ははぁ~ん、さてはランチのお誘いかなぁ?(^^)」

と、思ったらさにあらず…(^^;) これから金寶自然酒醸造元・『仁井田本家』さんを訪問するから、無芸も出てこいとの指令。 あらら… ごはんぢゃ無かったのね…(笑)

仕事をかたずけて、集合時間に蔵元に参上。 程なく伸ちゃんも到着しました。 この日は地元福島県の地産地消に取り組む物産コーディネーター・横田純子さんもご同行でした。

彼女とは以前ご縁があって、互いに知る仲でした。 福島県で産出されている安全・安心かつ美味しい食材や二次加工品を、まずは地元に知っていただき、消費の拡大を図るアンバーサダーのような仕事ですね。

仁井田本家 蔵元と横田さん


『仁井田本家』さんが彼女の目に止まるのは、ごくあたりまえの流れだったでしょう。 全国に先駆けて先代が取り組んでいた、契約栽培による無農薬無化学肥料米を用いての純米酒造りは、あまりにも有名です。 現当主・穏彦さんは、更に自社田での取り組みに止まらず、地元・田村町を「取り残された田舎では無く、本当の日本の田舎にしたい」と、農家の有志の方々と先代のコンセプトを更に広げている最中です。

仁井田本家 仕込蔵


間もなく開蔵300年を迎える『仁井田本家』さんの蔵の中は、一見の価値在りです。 歳を重ねた木造の仕込み蔵は、キッチリと柿シブが塗り込まれており、得も言えぬ重厚な輝き放っています。

これには初見参の横田さんも驚嘆の声をあげておりましたね。(^^) 清潔である事が求められる酒造りの現場とは言え、あれだけ手入れが行き届いている蔵を私は他に知りません。 いつ見ても思わず足を止めて見惚れてしまいます。(^^;)

仁井田本家 櫂棒


貯酒蔵の二階は、酒造りの道具を管理保管する場所になっておりますが、ここがまた床に塗り込まれた柿シブが凄いんです。 どれだけ広いんだろう? 多分蔵コンでもしたら、優に100人は楽に入れるだろうなぁ~

屋根の木組みがそのままにされていて、今では入手困難と思われるような、かなりの太い梁に目は釘付けとなります。 その梁に掛けられていたのは「櫂」と呼ばれる、タンク内のお酒を攪拌する棒です。 タンクの深さよりも長いので、5mくらいあるのかな?

木の年輪が浮き上がるほど使い込まれた道具には、これまた心奪われる風情がございます。(^^)

仁井田本家


蔵の扉は木製で分厚く、これまた重厚な雰囲気を醸し出しております。 この扉から一歩蔵内に踏み入れると、酒造期特有の新酒の甘い香りが鼻腔をくすぐるのであります。(^^)




今日は2月22日なので「ニャン・ニャン・ニャン(=^. .^=)」「猫の日」だそうです。(^^;)

無芸大食妻は、飼い猫・ニャオのために、スペシャルな餌を買い求めて来て、プレゼントしたようです。

ニャオ


 

コメント

はあ~・・すごい仕込蔵ですね~。
この手入れの行き届いた清潔な蔵を見ただけで、この蔵元さんのお酒造りに賭ける意気込みが伝わってきます。
この蔵実際に見てみたい・・・無芸さんがうらやましいです。

猫の日、おめでとうございます^^
ニャオちゃん、ご馳走に大喜びだったのでは?(笑)
2008/ 02/ 23( 土) 08: 00: 49| URL| お月さま# ci/1z.E6[ 編集 ]
 
先日は付き添い?お疲れ様でした(^^)
それにしても無芸さんの写真は美しいですね~!
2008/ 02/ 23( 土) 08: 18: 21| URL| おん# -[ 編集 ]
 
お月さまさん
実際に見ていただくと、このお蔵の凄さが解ります。(^^)  その広さからも、手入れが一朝一夕では出来ない事がお分かり頂けると思います。

良い酒は、良き環境から。 蔵元様をはじめ、酒造りに関わる方々の、真剣な思いが伝わって参りますヨ。
2008/ 02/ 23( 土) 20: 13: 24| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
おんさん
過日はお邪魔いたしました。 まんまと釣られて、同行してしまいました。(^^;)

写真は素材の良さが命です。(笑)
2008/ 02/ 23( 土) 20: 14: 57| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
清潔な酒蔵ですねえ、、わたしは酒蔵には、そんなに入ったことありませんが、
ほんとうに酒造りに関して妥協を許さない意気込みが感じられます^^。

ニャオちゃん、ごちそうもらってよかったなあ^^^
2008/ 02/ 24( 日) 20: 26: 25| URL| ララオ# -[ 編集 ]
 
ララオ0181様
このお蔵様は、是非ともララオさんをお連れしてみたいですな。(^^) おんさんのお話しを聞いたら、かなり惹かれると思います。
2008/ 02/ 25( 月) 01: 24: 26| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/583-c58391fd