FC2ブログ

麺処 若武者 弐號店 みどり湯食堂 ~福島県二本松市~

久しぶりの早朝撮影の帰り道、二本松市の方に山を下りましたので、時間を見計らって国道4号線・二本松バイパス上り線沿いの「道の駅 あだち」施設内に出店する麺処 若武者 弐號店 みどり湯食堂」で朝食を摂りました。

「会津山塩物語 (朝ラ~価格 580円)」 ※毎日9:30~11:00までのタイムサービス価格

みどり湯食堂 会津山塩物語

シンプルな喜多方スタイルの塩ラ~に見えますけど、その中身はケシカランくらい凝りまくってます(>▽<)b そもそも朝ラ~価格ってのが、飛び抜けたご奉仕価格な訳で、通常売価の650円でさえ、充分以上に対価に見合うクォリティーなのです。

みどり湯食堂 会津山塩物語

見事にクリアなスープは、会津地鶏に6種の貝出汁(蜆、蛤、帆立、浅蜊、北寄、鮑)が合わせられ、世界一高価な塩と言われる会津山塩の甘味を帯びた柔らかでエレガントな塩味が余すところ無く活かされています。

鶏出汁のシックな、それでいて緻密な旨味に、貝出汁の華やかな旨味のトーンが行き渡っていて、何度スープを口にしても飽きさせない魔力があります。

みどり湯食堂 会津山塩物語

ネギ背油が散らされたスープに、ジャクジャクとした歯触りのちょいと辛クサな刻みネギ。 意図的に歯触りを残されたメンマに、喜多方を彷彿とさせる豚バラチャーシューが添えられます。

この豚バラチャーシューがまたケシカラン!(; ・`д・´)…ゴクリ…(`・д´・ ;)

クラシカルな装いのソレは、適度な歯触りを残しつつ脂身の脂質はちゃんと落とされており、ちょっとシャープに染み渡っているチャーダレの味香豊かな味わいが華を添えています。 見た目よりも遥かに充実した存在感! この抑揚の付け方は見事の一言です。

みどり湯食堂 会津山塩物語

ツルモチ食感の多加水縮れ太麺は、喜多方スタイルをより一層強くイメージさせます。 麺肌自体は滑らかだけど、強い縮れが舌の上で転がるように踊る。 噛めばしっかりとしたコシの強さが伝わって来て、最後までスープを濁らせることなく、そして好い食感を感じさせながら頂ける秀逸な麺です。

開店と同時に席が埋まるのも納得。 もうこの朝ラ~をご承知のリピーターさんは増える一方なのですヽ(*’-^*)。




みどり湯食堂
福島県二本松市下川崎上平33 道の駅あだち 上り線 施設内
電話;0243-61-3100
営業時間;9:30~19:00 ※9:30~11:00は朝ラーメンメニューのみ
定休日;準無休 (道の駅あだちの営業に準じますが、イベント出店等で臨時休業もあります)


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/5409-767609be