FC2ブログ

ふくしまラーメンショー2019 「熊本ラーメン専門店 黒亭」

本日「ふくしまラーメンショー2019」第1幕最終日で、15時までの開場となっております。 今回は「ビッグパレットふくしま」での初開催となり、風雨にも影響を受けない全天候型であるばかりか、広大な駐車場は受け入れ体勢も万全となっています。

ふくしまラーメンショー2019

今日は午前中のルーテイン配送の途中に、開場に立ち回って一杯手繰って参りました。 会場内はなかなかの賑わいで、飲食スペースに不安を覚えるほどでしたが、飲食スペースの大外側に、ふくしまラーメンショーが始祖(後に同種イベントのお手本となった試み)となった立食スペースが設けられており、そちらは回転率が極めて高いので安心でした(o^-^o)

ふくしまラーメンショー2019 黒亭

もう一度確かめておきたかったお店は熊本ラーメン専門店 黒亭 (熊本県)」さんでした。 会期中、常に筆頭レベルの行列ブースとなっていた出店社さんです。

「熊本黒亭ラーメン ねぎマシ」

ふくしまラーメンショー2019 黒亭

今回はねぎ増しトッピングです(o^-^o) 相変わらずマー油の香ばしい焦がしニンニクの香りが漂います。 

ふくしまラーメンショー2019 黒亭

渡し口にあったコショウも振ってみました。 豚骨の旨味がほんのり甘くて、豚臭さ無く品良く綺麗に引き出された豚骨白湯は、ほんのり微乳化程度で滑らかな舌触り。  そこにマー油の豊かな焦がしニンニク風味とゴマ油の少し重量感のある存在感がアクセントになり、美味しさはコッテリなれど、後味はアッサリの、言わばコッサリ仕立てのお手本みたいです。

ふくしまラーメンショー2019 黒亭

チャーシューはそれなりの厚みがあり、ちゃんと喰った感が味わえるし、細切りキクラゲのコリコリとした歯触りも楽しめて、一杯の丼の中に味わいの世界観が感じられます。

ふくしまラーメンショー2019 黒亭

特徴的な低加水中太麺は、コツコツとした歯触りに芯にしっかりとしたコシを感じさせながらプツッと歯切れます。 舌の上に少し粉っぽいニュアンスの味を伝えつつ、マー油豚骨スープで流されると少しクリーミーな印象に瞬間変化しますね。

カエシには地醤油の甘口淡口醤油が使われているそうですが、塩味は少しエッジが立っており、そこにマー油の少しビターな後味が絡んで来て、印象的な味筋を伝えて来ます。 この塩味バランスは特に個性的に思えました。 白飯喰わせろww

さて最終日も熊本ラーメン専門店 黒亭」さんは開場と同時に客並びとなっていたのですが、11:30前には持ち込んでいた麺も使い果たして、早々の売り尽くし閉店となりました。

この出店社さんは昨年の「東京ラーメンショー2018」にも出店している手練れです。 その手練れさえ読めなかったほど、本イベントで人気が盛り上がったと言う事です。 ボクはソレとは知らずに満喫させて頂いてきましたが、後着で楽しみに来場された皆さんにはお気の毒でございます。゚(´^o^`)゚。

さて、明日からは出店社総入れ替えで第2幕がスタートします。 また会場に出没致しますよv( ̄∇ ̄)ニヤッ  

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/5292-3cfb95b4