FC2ブログ

麺処 若武者 弐號店 みどり湯食堂 ~福島県二本松市~

桜の開花期を迎えて、夜討ち・朝駆けの撮影行を行っています。 この日の早朝は二本松市がターゲット。 陽の出前に出立して、前週にロケハンしておいた場所に狙いを定めて数時間。 一時帰宅の帰り足に、消耗した体力補給って大義名分で、国道4号線・二本松バイパス上り線沿いの「道の駅 あだち」施設内に出店する麺処 若武者 弐號店 みどり湯食堂」“朝のおやつ”を頂きました(*^꒳^*)

「会津山塩物語 (朝ラ~価格 580円)」 ※毎日9:30~11:00までのタイムサービス価格

みどり湯食堂 会津山塩物語

見事にクリアな清湯スープは、会津地鶏と六種類の貝出汁の旨味を、世界一高価と言われる会津山塩で調味しています。 なのにファーストインプレッションは

(あれあれ?豚さんも居ましたっけ(o・ω・o)?ホエ?)

と思わせる香り立ち。 どうもこれはスープの表層に仕込まれた葱背脂の仕業らしい事は、本稿を書いている時に気付きました( ̄▽ ̄i)ゝ

無粋者と思われるかも知れないけれど、スープだけを先に頂いてみる習慣はボクにはありません。 そんなボクが空腹を抱えているにも関わらず、ここでは先ずスープだけを口に含んでみました。

みどり湯食堂 会津山塩物語

うっ、うまい! Σ(゚д゚lll)

鶏出汁の緻密できめ細かな旨味に、華やかでインパクトのある貝出汁(蜆、蛤、帆立、浅蜊、北寄、鮑)が「会津山塩」の甘味を帯びた柔らかく旨味さえ感じさせる塩味で、すんなりと結合させられています。

充実した旨味が口中に広がるのだけど、貝出汁のテクスチャが全域に行き渡っていて、味キレ良く頂けちゃいます。

みどり湯食堂 会津山塩物語

またバラチャーが良いお味で、キリッとチャーダレが染み入ってますけど、軽く噛んだだけで簡単に歯切れる柔らかさ。 やはり脂身のトロプル感は特別で、舌の上で弄んでいる刹那さえも口福です。 このチャーシューの旨味のレイヤーを上乗せしてくるかの如く
です。

みどり湯食堂 会津山塩物語

麺は多加水平打ち縮れ太麺。 ピロピロと舌の上を撫で刺激するような動的食感が楽しい。 モチッとするような弾力のある噛み応えながら、優しくソフトな食べ応えです。 甘味さえ感じさせる会津山塩スープは、七味唐辛子を振るとディテールがより引き締まります。

美味しさは充実しているのに軽快感を失うことなく、食後の淡い余韻からも呼び戻される味の記憶。 胃袋に優しく、食後の味覚も支配しない。 まさに朝ラ~向きの味わいではないですか(*>∇<)ノ そして何よりも驚くべきは、このクォリティーのラーメンが、時間帯限定とは言え580円で供されていると言う事。 これは間違いなくバーゲンプライスだ!




みどり湯食堂
福島県二本松市下川崎上平33 道の駅あだち 上り線 施設内
電話;0243ー24ー7233
営業時間;9:30~19:00 ※9:30~11:00は朝ラーメンメニューのみ
定休日;準無休 (道の駅あだちの営業に準じますが、イベント出店等で臨時休業もあります)


 

コメント

是非、ご愛顧下さい。
このお値段に惹かれコチラでの朝食が多くなり、
他店へ伺う機会が減りました(笑
2019/ 04/ 24( 水) 21: 48: 02| URL| sachs# -[ 編集 ]
 
それはごもっともだと思います(〃^∇^)o彡☆あははははっ
2019/ 04/ 24( 水) 22: 36: 13| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/5266-19b02ad7