FC2ブログ

【2019年 桜巡り】 逢瀬川の堤桜 #4

この春で最期となる「逢瀬川の堤桜」ですが、10日夕刻から11日早朝に掛けて、春の雪に彩られました。 春の雪らしく水気の多い重い雪でしたので、県内中通り地方を中心に、倒木や枝折れも発生していました。

送り雪 #1
[2019/4/11 送り雪 #1]  <↑ Clickで拡大>

ここでは目立った枝の損傷は見られず、最期の雪景色に惹かれて、早朝からカメラマンも姿も多く見られたそうです。

送り雪 #2
[2019/4/11 送り雪 #2]  <↑ Clickで拡大>

ボクは仕事場前の除雪をしたり、車に降り積もった雪を払ったりしてから、午前中のルーテイン配送の後に立ち回ってみました。

送り雪 #3
[2019/4/11 送り雪 #3]  <↑ Clickで拡大>

もう花や枝に被っていた雪はほとんど落ちていて、堤の下草の上を覆う程度になっていましたが、少しずつ雲が薄くなって来て、時折陽射しも射し込んで着はじめました。

送り雪 #4
[2019/4/11 送り雪 #4]  <↑ Clickで拡大>

この日は逢瀬川の北岸側(久保田字伊賀河原)の堤道だけを辿りましたが、櫻の開花度は七分咲きから三分咲きと、早咲きと遅咲きでギャップがあります。

送り雪 #5
[2019/4/11 送り雪 #5]  <↑ Clickで拡大>

南岸側(桜木町)は三分から五分くらい。 気温の低さと日照時間の関係か、気付いてみたらここ10年では最も遅咲きになっているようです。

送り雪 #6
[2019/4/11 送り雪 #6]  <↑ Clickで拡大>

週末には気温も上昇して、陽射しも戻ってくるそうですので、ここで一気に満開へと突っ走るかも知れませんね。

最期の芽吹き
[2019/4/11 最期の芽吹き]  <↑ Clickで拡大>

最期の花模様まで追い続けたいと思います。  

コメント

桜の更新有難うございます。
また、先日のコメントへの返信ありがとうございました。
実は昨年ちょうど桜の季節に帰る事ができて、晴天の下で満開の逢瀬川を眺めることができたんです。30数年ぶりだったと思います。
改めて美しい故郷で育ったんだなと嬉しく感じました。
思えば伊賀河原側も我々が子供の時に植樹してた様な気がします。これから作り始めて何十年も経ればまた次の世代のためのきれいな景色を残してあげられるかもしれないですね。。
2019/ 04/ 14( 日) 10: 51: 45| URL| ずきちゃん# -[ 編集 ]
 
本当にこんなきれいな景色がなくなっちゃうんですか??って・・ただそれだけです。
2019/ 04/ 14( 日) 13: 39: 18| URL| カッパ親分# -[ 編集 ]
 
そうでしたか! きっと30数年ぶりなら、かなり様子の変わったところもあったでしょう。 まだ記憶に新しい景色が、そのままとどめられると良いですね(o^-^o)

仰る通り、伊賀河原側の堤は、比較的新しく植栽された桜もありましたね。 大重川と呼ばれていた頃からあった木々は、もう半世紀以上の樹齢になっていました。

次世代へのバトン渡し、本当に考えて行かなければなりません( ̄へ ̄|||)
2019/ 04/ 15( 月) 12: 18: 19| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
ただ記憶に止めて、機会あったときに伝えていくのみですね。
2019/ 04/ 15( 月) 12: 19: 44| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/5257-abcfb410