FC2ブログ

御食事処 不二家 ~福島県郡山市堂前~

1月の七日堂参りの日に突入を企てたけど、敢え無く暖簾落ちの刑に遭っていた御食事処 不二家」さんに潜入して参りました(〃∇〃)

「支那そば (550円)」

不二家 支那そば

小ざっぱりとした軽快な味わいの「支那そば」は、時折頂きたくなる、お手頃ながらも心の琴線に触れる味わいΨ( ̄∇ ̄)Ψ お昼時は毎日満席必至の、地元きっての老舗食堂は、多分今年で創業70周年となるはずです。

不二家 香物

たった一杯の支那そばの客にも分け隔てることなく供されるのが、温かいおしぼりと香物。 おしぼりは専門業者さんのリースではなく、毎日お店で手間暇かけながら用意されているようです。

不二家 支那そば

未だに確定的な摺り合わせは出来ていないのですが、多分鶏ガラと豚ゲンコツに、香味野菜と昆布で炊かれたスープではないかと思われます。 軽快感がありながら旨味は充分なスープには、独特の甘味が感じられます。

カエシは明らかに明るく淡い色へと変化しています。 訪問するようになった当初は堂々たる“漆黒系”だったし、麺も今とは異なるタイプでした。 暖簾の持つ伝統という縛りを自ら解いて、時代にマッチした“今の不二家”が表現されているのだと思います。

不二家 支那そば

この日のモモ肉チャーシューは白眉! チャーダレの良い醤油風味と味わいが染み入っていて、ほんのりとロゼ色の切り口が示すように、ソフトな歯切れの食感も伝わって来ました。 メンマの甘味のアクセントも口に優しく、青菜の瑞々しさも良い口直しです。

不二家 支那そば

中細タイプの中華麺は加水率がやや低め。 コツッとするような歯触りがあり、少しボソっとした食感です。 固さと言うよりも独特の硬質感が伝わってきて、存在感を感じさせるものです。

後味にスープの甘味が尾を曳きますので、卓上配置の粗挽き黒コショウを振ってやりますと、キリッと引き締まった良い余韻へと化学変化を起こしますよ( *´艸`)




御食事処 不二家
福島県郡山市堂前町14-1
電話;024-922-1150
営業時間;【昼の部】10:00~14:00 【夜の部】17:00~20:00 ※諸説あり確定はとれていません。
定休日;日曜日
駐車場;指定駐車場2台分あり


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/5222-bebf83e7