fc2ブログ
Top Page › 趣味の写真 › 晩冬の小野川湖

晩冬の小野川湖

2019-03-03 (Sun) 09:00
随分と久しぶりに入ってみた撮影ポイントです。 この日は単騎撮影行でしたので、もしも空振りになっても気楽だったのでした。 多分8年以上行ってなかった場所なので、ほぼ初めて行ったような新鮮味は満喫出来ました(#^.^#)

雪の湖上
[2019/2/17 雪の湖上]  <↑ Clickで拡大>

雪雲が掛際だったらしく、結構強く降ってきたと思ったら、いつの間にか止んでみたり、風も吹いたり止んだりの目まぐるしい天気でした。

風疾る
[2019/2/17 風疾る]  <↑ Clickで拡大>

ザザーーーーーっと雪の粒が薄氷に閉ざされた川面に風紋を描きます。

樹影
[2019/2/17 樹影]  <↑ Clickで拡大>

時折雪雲の薄くなったところから、もわぁ~~っとばかりに陽が射し込んでくるのです。

そんな光にも嬉々として反応してしまうほど、朝の光に飢えてました。゚(´^o^`)゚。

晩冬の水際
[2019/2/17 晩冬の水際]  <↑ Clickで拡大>

もう長瀬川河口付近の湖上にはワカサギ釣りの人影も無く、冬の帳も上がろうとしているようでした。

根開き(ねあき)
[2019/2/17 根開き(ねあき)]  <↑ Clickで拡大>

浅瀬の樹の根も、そろそろ根開きがみられました。 氷の薄いところからは、踏み跡にジンワリと湖水の水が染み出てきて、足の踏み場に注意しながらそっと歩きます。

氷弛む
[2019/2/17 氷弛む]  <↑ Clickで拡大>

今にも湖水が湧いてきそうな薄氷になっていました。 とても足を踏み入れる気にはなれません。 ってか、間違いなく踏み抜きますよ・・・(・∀・i)タラー・・・

薄氷の上に残るイタチの足取り跡は必ずしも一直線ではなく、樹の袂に寄ってみたり、行き先を変えてみたりと、イタチ目線まで残されています。
Last Modified : 2019-03-03

Comments







非公開コメント