FC2ブログ

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

定期巡回先の「郡山大勝軒」さんですが、実はお店の看板メニューの双璧は「らぁめん」「つけ麺」であるのは、創業時から変わりません。

ところがボクと来たら、「つけ麺」に惚れ込んでしまったもので、創業時に食べて以来、ずっと空白のままだったような気がします(。-`ω´-)んー そこで、原点帰りをしておきましょうかと言う事で、今回は「らぁめん」を所望してみました。

「らぁめん 並 (750円)」 ※味玉を振る舞って頂きました

郡山大勝軒 らぁめん並

取り調べに誤りがなければ、10年ぶりの「らぁめん」です(⌒▽⌒;) 我ながらすっごい偏重主義者だなww

郡山大勝軒 らぁめん並

「らぁめん 並)」の麺量は茹で前で200gとなかなかのもの。 スープも並々と注がれて来ますので、これだけでもなかなかのボリュームとなります。

スープは魚介系素材からのパンチ力のある香り立ちと旨味が豊か。 そこに豚ゲンコツや丸鶏、鶏ガラ、モミジなどの動物系素材の旨味がしっかりと下支えしています。 スープの表層には瞬く間にコラーゲン膜が生成されて、スープ自体も素材凝縮度の高さを示すようにトロリとする粘度が見られます。

郡山大勝軒 らぁめん並

載せモノは「郡山大勝軒」ならではの、豚バラ巻きチャーシューと豚モモ肉チャーシューの二種類が合い盛りとされます。 豚バラ巻きチャーシューは、豊かな旨味と脂身の悦楽を堪能出来るし、モモ肉チャーシューはしっかりと噛み締めるような緻密な繊維質が、気持ち良いくらいに歯切れてくれます。

郡山大勝軒 らぁめん並

細裂きタイプのメンマは、少しジャクッとした歯切れの食感があり、味のアクセントだけではなく、食感の多様さも楽しませます。

郡山大勝軒 らぁめん並

自家製太麺は、中加水タイプで噛んだ時のコシの伝わり方に個性があります。 つけ麺とは茹で時間も異なりやや固めの印象で、麺を咀嚼すると少しゴワつくくらいの反力があります。

先述の通りパンチ力のあるスープですが、そこにこれまたやや強めのカエシが合わせられます。 塩味の半味の強さがオイリーさを感じさせず、麺肌に絡むスープもまた程良く抑えられ、食べ進めて行ってもお冷やに手を伸ばすことなく頂けますよ(o^-^o)




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/5155-832bd455