FC2ブログ

【2018年 錦秋巡り】 山鶏滝渓谷

平田村と言う事になっているけど、石川町との境目にある山鶏滝渓谷は、石川町の「いしかわ桜谷」と称される桜並木の名所・北須川の上流部にあたります。 その流れは母畑湖を経て石川町へと更に流れます。

山鶏滝渓谷の秋
[2018/11/11 山鶏滝渓谷の秋]  <↑ Clickで拡大>

その存在は何年か前からは知っていましたが、場所を特定していなかった事もあり、今年初めて行ってみました。 現場までは狭い曲折路も通りますがアスファルト舗装は整っていました。 カーブを越えたら道路(と言ってもセンターラインのない道幅)の真ん中に雌の雉が2羽歩いてた(^◇^;) 流石は“山鶏”なんて笑いながら、雉になるべくプレッシャーをかけないようにソロリソロリと最徐行運転。

車を安全にデポ出来る駐車スペースは用意されていました。 巧く利用すれば都合8台くらいは駐められるハズです。 この日は到着した時には、既にかなり陽は傾いていて、渓谷は直ぐに陽射しが陰りました。 良く整備された遊歩道を辿り、およそ300mほど進めば「山鶏滝」が見えてきます。

晩秋の山鶏滝
[2018/11/11 晩秋の山鶏滝]  <↑ Clickで拡大>

紅葉は既に山を越えていて、少し淋しい彩りになってしまいましたが、初めて行く場所はやっぱり楽しいものです。 今年は軽く下見のつもりだったのですが、ついつい調査に時間を費やしました。

山鶏滝
[2018/11/11 山鶏滝]  <↑ Clickで拡大>

遊歩道が整備されて、アクセスはし易い場所ですが、あまり知られていないのかな。 平成9年に周辺環境の整備が行われていたようです。 水際に下りるルートもそこここにあるみたいですので、今度は時間を充分にとって探索してみたいですね(o^-^o)

宵闇の強滝
[2018/11/11 宵闇の強滝]  <↑ Clickで拡大>

大分薄暗くなった頃に鮫川村の「強滝」に到着しました。 月光が射すと言う事もなかったので、アッと言う間に宵闇に包み込まれてしまい、訪問記録にしかなりませんでした。 見頃だっただけに残念!
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/5095-9c492aef