FC2ブログ

満丸 ~福島県郡山市西ノ内~

西ノ内の「満丸」さんで、先週金曜日より夜の部営業がスタートしました。 蕎麦打ちの技能を持つ調理スタッフさんを迎えて、夜の部では手打ち蕎麦や自家製麺のラーメンが頂けるって事で、早速暖簾を潜ってみましたよ。

「盛蕎麦 (650円)」 ※小鉢はご厚意でご馳走になりました

満丸 盛蕎麦

蕎麦は外二蕎麦なのだそうです。 あまり耳に馴染まないところではありますが、打ち立ての出来映えが維持し易く、程良き食感との落とし所かも知れません。

満丸 盛蕎麦

麺線はキレイに整っていて、丁寧に仕上げられているのが分かります。 キリリと角が立つというほどでは無いですが、お手頃に夜でも頂ける蕎麦と思えば納得もの。

満丸 盛蕎麦

薬味は刻みネギにワサビ、大根おろしの3点。 仕切り無しの薬味皿が使われていたので、大根おろしの汁で洪水になっていたり、刻みネギがいかだになっていたりというあたりはご愛敬と言う事で(^◇^;) まあ、実務慣れすれば、何れ解消される事でしょう。

満丸 盛蕎麦

蕎麦粉は多分ロール挽き。 透明感などは求めるべくもありませんが、この時期の蕎麦としてはまずまずの香りです。 キリッと冷水締めされた蕎麦は、歯切れの食感は麺線に相応しいし、舌触りも良い意味でしなやかです。 喉越しの良さもヨロシイです。

満丸 盛蕎麦

蕎麦つゆは若干甘めでドップリと蕎麦を潜らせて頂くと丁度良い案配(o^-^o) カツオ節の旨味は充分ですが、あまり香り立ちは強く無さそうです。 まあ生成りに楽しめる良さもアリですね(* ̄∇ ̄*)

蕎麦自体のコシの強さはナカナカでしたので、変わり蕎麦や温蕎麦で良さが光る可能性大です。

さすがに「もりそば」だけではボクの胃袋は満足しそうもなかったので、少々タンパク質も摂ることにします(ノ´∀`*)

「油淋鶏 (600円)」 ※ライス、スープ付き

満丸 油淋鶏

へっへっへ( *´艸`) 藤田くんの油淋鶏、好きなんですよ♪ 衣がサクサクで油キレも良く、鶏肉もふっくらと仕上がり、そこにナイス・バランスな油淋鶏ソースが絶妙にマッチします。

満丸 油淋鶏

野菜もタップリと布かれていて、これは二杯目の飯じゃなくてチキンサラダですよ? と言い訳しながら箸がどんどんと進んでしまいます。 生姜とニンニク、みじん切りのネギの香味が、甘酸っぱいソースに華を添えます。 お酒を頂かなくても美味しく楽しめます。

で、本来なら白飯が来るハズなのですが、ナゼか小どんぶりが・・・w( ̄▽ ̄;)w

満丸 魯肉飯

しかも肉盛りだ!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

これ、最近日本でも流行始めた台湾のソウルフード「魯肉飯(るーろーはん)」じゃないっスか!ヽ(。>▽<。)ノ

まだ郡山で魯肉飯をレギュラー・メニュー化しているお店はほとんど無いでしょう。 これ、一度食べたらハマるヤツです。

満丸 魯肉飯

豚バラ肉が主原料ですが、脂身からの油分は調理の段階でほぼ抜かれます。 甘じょっぱく、そして八角などの中華スパイスで風味良く味付けされた具材。 これが白飯にマッチしないはずはありません。

藤田流では五香粉で複雑な風味が付けられ、辛子高菜が共盛りにされています。 うむむ、これはウマ過ぎだ!(((*≧艸≦)

さて、最後にちょっと残念なお知らせです( ´Д⊂ヽ

2017年4月27日の「満丸」開店以来、一人でキッチンを預かり奮戦してきた藤田くんですが、8月末をもって退社する事となりました。 後任は冒頭にも記しました蕎麦打ち技能を持つ田所さんが担うこととなります。 バトンを渡す為におよそ2ヶ月間にわたり、藤田くんが調理技能を伝授して来ました。

今後「満丸」がどのような方向へと向かっていくのかは分かりませんが、一先ず藤田くんにはその労を労い、美味しい食事を楽しませてくれた事に感謝したいと思います。




== 閉店しました == アーカイヴとして残しておきます
満丸
福島県郡山市西ノ内2-10-26
営業時間;11:00~21:00 注:準備の都合上、開店時間が遅れることがあります
定休日;日曜日
駐車場;店舗前の指定枠2台分のみ


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4982-f8686a47