ふくしまラーメンショー2018 「まぐちゃんラーメン」

山梨県と言えば、郷土の麺料理・ほうとうが浸透しきっていて、失礼ながらラーメン文化不毛地帯かと思い込んでいました( ̄▽ ̄i)ゝ 実はボク、山梨県甲府市で1年間の丁稚修行をしていた事があります。 飲み上げの〆はいつもほうとう。 真夏の熱帯夜でも、飲み上げは熱々のほうとう。 煮干しの出汁の効いた家庭のほうとうもあれば、お料理屋さんのカツオ節とニボシで凝縮した旨味のあるほうとうもありでした。

で、ラーメン専業店ってのはほとんど記憶になくて、食堂のメニューの中に見いだせたくらいで、ほうとうの専門店はありました(o^-^o) お陰でほうとうファンになったボクでしたが、郡山でほうとうの麺を落手するのはほぼ無理でしたので、修業先の女将さんが盆暮れの返礼にと送ってくれるのを楽しみにしていたほどです。

すみません、いきなり個人的な思い出話から切り出してしまいました(^◇^;)

ふくしまラーメンショー2018 「まぐちゃんラーメン」

時代は変わるのも当たり前で、前置きの話は今を遡る事30年前の話です。 すみません、旧すぎでしたね(;´^д^`)ゞ でも海無し県の山梨県では、海産物の流通はほぼ無理だったので、乾物文化が花開いたという食文化があります。 ちょっと会津にも通じるかも知れませんね。

さて南アルプス市から出店の「まぐちゃんラーメン」さんは、まさに山梨県の乾物食文化の代表格であるニボシを主軸にカツオ節、烏賊煮干しなどで出汁を引き、地醤油で味を調えた地域色を大切にしたラーメンを楽しませてくれます。

「炙り肉盛り甲州丸大豆醤油ラーメン」

ふくしまラーメンショー2018 「まぐちゃんラーメン」

ズドォ~~ンと器に横たわる豚バラ肉は、甘めの醤油ダレに漬け込んでおいたものを、提供直前に直火で炙り、香ばしくそして脂身の旨味をグイッと引き出して盛られます。 茹でモヤシに黒ゴマ、そして京都の九条ネギと、なかなか美しい仕立て上がりです。

ふくしまラーメンショー2018 「まぐちゃんラーメン」

スープのニボシテイストは、ちょっと想像を上回るパンチがあって、ビター感も(これ以上強いと苦手に感じる人もいるかな?σ(゚・゚*))と思う崖っぷちギリギリの間合いで寸止めされています。 烏賊の煮干しからの甘味やイワシのニボシとは異なる旨味成分などもあるお陰で、単調さなど全くなくて、海産物の乾物だけでここまで味幅を表現してしまう手腕は並大抵ではありません。

驚きは麺にも! まさか極太縮れ麺が合わせられるとは思いも因らず。 しっかりとした歯応えのある噛み心地で、そう容易く啜れません(゚A゚;)ゴクリ しっかり噛み噛みして頂く麺は、噛むほどに甘味が膨らんできて、選出のビター感のあるスープを含めば、ちょっと面白い美味しさの化学変化が楽しめますよ。
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4851-c15bcd90