FC2ブログ

檜原湖夕景

「磐梯山ゴールドライン」を抜けて、檜原湖エリアに到達した頃には、すっかり日が傾いてしまい、気温もグッと低くなってきました。

それにしても山々の木々、見事な色付きを楽しませてくれます。 思えば無芸、紅葉のハイ・シーズンにこの地を訪れたのは何年ぶりか??

檜原湖夕景

と思っていたら、道路に設置してある交通情報のインフォメーションパネルに

「渋滞4キロ 五色沼まで20分」

と、表示されていた!Σ( ̄ロ ̄lll)

そうだ、思い出した… オイラは渋滞が“大の苦手”だから、ハイ・シーズンを避けていたのだった。(^^;) あまりの好天に誘われて、すっかり名物・大渋滞の事を忘れていた。。。

道理で普段は閑古鳥の「磐梯山ゴールドライン」に沢山の通行車両を見た訳だワ。 あれらの車は、この渋滞を避ける為に、迂回していたのだった…

でもあま、これだけの紅葉を楽しんだのだから、文句の一つもありゃしない。 諦めましょう。

どのみち渋滞は避けられないのだから、途中で観光船着き場に立ち寄りました。

檜原湖夕景

ここも何年ぶりだろう? 周囲の様子は、昔の記憶のままです。 しばし展望台で景色を見物です。

檜原湖夕景

湖上には釣り船も見受けられました。 ここはバス釣りのメッカなんですね。 夕刻の食い入れを狙ってのフィッシングでしょうか。 釣り船を牽引している車も、少なからず見受けられました。

檜原湖夕景

この界隈、思いの外モミジが少なかったです。 ホテルの植え込みなどは、意図的に美しい色合いのバランスを考えた組合せがされています。 さすがリゾートホテルですね。

檜原湖夕景

小さな坊やとお父さんが、階段を一歩づつ確かめながら下りていました。 小さな坊やのモミジのようなお手々。(^^) 坊やの記憶にはどのように残るのでしょうか?

檜原湖エリアの紅葉写真。 以上で今期は終了です。 お付き合い、ありがとうございました。(^^)  

コメント

夕暮れのボートかっこいいですね。
2007/ 11/ 01( 木) 21: 08: 18| URL| 華ちゃんパパ# -[ 編集 ]
 
んだのよ、、いつも平日ばかりここらへん通るんで、
渋滞の渋の字も浮かんでこなかったけど、やっぱり
紅葉シーズンは、混むんですねーーー。
おれも、あのまま、国道をつっぱしっていったら、何時帰られるか、わかりませんでしたね^^^。

桧原湖の夕昏、、ボートがいいですね^^^。
無芸さんは、満喫されたと思いますが、奥様方は、
渋滞でげっそりでしたか?ワハッハハハ
2007/ 11/ 01( 木) 23: 05: 01| URL| ララオ0181# -[ 編集 ]
 
華ちゃんパパさん
どうもです。(^^) 逆光、難しいっス…
2007/ 11/ 02( 金) 00: 22: 46| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
ララオ0181様
そ、そ、そ、そうですよねぇ~(^^;) 無芸はいつもオフ・シーズンばかりに来ているから、「アワワ?なんだべ?」ってな具合になっちゃたのでありました。

無芸大食娘は「ほんじゃあ、ウチは寝るから!」と言って、2・3列目のシートを平にして、1BOX車の強みを存分に堪能していたようです。

無芸大食妻はと言えば、隣で無芸と話し込んで、それなりに渋滞タイムの暇つぶしでした。(^^;)
2007/ 11/ 02( 金) 00: 29: 17| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
福島は綺麗なところがたくさんあるんですね~。茨城とは雲泥の差です(笑)。ひょっとしたら、茨城も上のほうに行けばそういった景勝地がたくさんあるのかな・・・。無芸さんを見習って、僕も行動範囲を広げないといけないですね☆

後ろ姿フェチ(?)なので、1番最後のお父さんと息子さんが手をつないで歩いていく姿が微笑ましくて好きです(^^)。
2007/ 11/ 03( 土) 03: 27: 01| URL| コロ# -[ 編集 ]
 
コロさん
まぁ、当地の“持ち玉”と言えば、豊かな水資源、観光資源と、固い地盤に守られた耐震性抜群の土壌くらいですから…(^^;)

車で30分圏内でも、充分に見応えのある場所はございます。 当たり前と思っている風景も、レンズを通して切り出すと、結構楽しめる事が分かりました。

後ろ姿って、想像力を掻き立てますよね。(^^) 常に狙って探している訳では無いのですが、「あっ!コレ!」と思った瞬間に、丁度準備が整っているというケースは少ないです。
2007/ 11/ 03( 土) 10: 53: 36| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/485-ee483141