FC2ブログ

日本そば博覧会in会津・磐梯 ~福島県磐梯町アルツ磐梯~

昨日の台風一過。 昨日の荒天はどこへやら…といった青空の広がった日曜日。 『アルツ磐梯スキー場』で開催されている『第13回日本そば博覧会in会津・磐梯』へと出掛けて参りました。

今年初の新蕎麦を、よりどり22店の中から選べると言う、蕎麦好き垂涎のイベントです。

無芸大食倅が、午前中、部活動の練習があり、帰宅を待ち侘びての出発。 なのにあのバカ息子! 散々家族を待たせておきながら、

「オレ、やっぱり行かねぇ」だって…

あのなぁ~!お前のためだけに出発を見合わせていた家族の事を、どう思っているんだヨ!(-_-#) と、まあ、難しいお年頃と言う事でしょうか??

出発出遅れで、結局会場に到着したのは、14時過ぎ。 開催時間は、残り1時間しかありません。 しかし、凄い来場者数ですねぇ~(^^;) 前日の台風のお陰で、一日繰り延べしたお客様も多いのでしょう。

第13回日本そば博覧会in会津・磐梯

駐車場自体は、広大なゲレンデがありますので、何ら問題なく車のデポは出来ました。 若干、場内誘導が怪しい部分もありますが、混乱を招くほどではありません。

人気のブースには、長蛇の列が出来上がっておりました。 前日の雨で、会場の地面はぬかるんでおり、かなり歩き難い状態ですが、オーガナイザーも懸命に対応策を施しておりました。

第13回日本そば博覧会in会津・磐梯

磐梯山には雲一つ無く、紅葉で色付く山肌が艶めかしいほどです。 しかも思いの外温かい。 絶好のロケーションです。(^^)

さて、どこから攻めるかなぁ~ 長野県から出店していた『石挽そば そば処 小沢』には、ざっと見て50人以上が並んでいます。一番人気だったかな? 残り時間も少ないので、ここはパス。

ブースを覗きながら歩き進むと、『越前そば道場』が何やら心惹かれましたので、一軒目はココに決定。

第13回日本そば博覧会in会津・磐梯 越前そば道場

コチラの売りは、『越前おろしそば』。 挽きぐるみ蕎麦の芳醇な香りと、大根おろしの汁と出汁を合わせたぶっかけです。

第13回日本そば博覧会in会津・磐梯 越前そば道場 越前おろしそば

きざみネギと、花鰹が乗せられており、見るからに美味しそう♪ 一気に頬張れば、蕎麦の甘い香りと、出汁を合わせた大根おろし汁の甘くもスパイシーな味わいが広がります。

ハハハ、こりゃあ美味い!(*^_^*)

蕎麦の歯触りは、一種独特のネットリ感を伴いながら、スカッと歯切れもヨロシ。 舌触りも滑らかで、軽く三杯はイケそうでした。

第13回日本そば博覧会in会津・磐梯 江戸蕎麦

こちらは『江戸蕎麦』さん。 何でも『上野藪蕎麦』のご主人・鵜飼良平さんの指導で、江戸流技法に拘った蕎麦を修練なさっているそうです。

第13回日本そば博覧会in会津・磐梯 江戸蕎麦

蕎麦打ちの様子を見ていると、本当に素晴らしい技能をお持ちです。 綺麗に細く切り揃えられた二八蕎麦。 江戸前のタレもバッチリでした。

第13回日本そば博覧会in会津・磐梯 江戸蕎麦 もりそば

繊細で滑らかな舌触りと、しっかりとした歯応えのある蕎麦。 添えられたワサビはチューブ入りではありましたが、ちゃんと本ワサビのすり下ろしタイプでした。

蕎麦の上にちょいとワサビを載っけて、サッとタレに付けてすすり込めば、至福の美味さが口一杯に広がります。(^^) 多分、今回食べた中では白眉の一品でした。

またサービス精神も旺盛で、「お二人様で一人前をシェアして下さい! タレもちゃんと二人前ご用意しますからネ!」と、大変ありがたい限りでした。

詳しくは分からないのですが、メンバーの皆様は、まさにプロはだしでした。 もしも、単なる愛好家であったなら、コレはとんでも無く高次元の蕎麦打ちさん達です。

何となく食べてみたのが、『さいたま蕎麦打ち倶楽部』さんの「もりそば」。

第13回日本そば博覧会in会津・磐梯 さいたま蕎麦打ち倶楽部 もりそば

無芸の浅ましさで、傍目に見て、異様な盛りの良さに惹かれちゃいまして…(^^;) しかしながら、既に薬味のネギは無くなり、供されていたワサビは、小袋入りの「練りワサビ」と、かなりお寒い状況…

盛りの良さでカバーか? 蕎麦自体は、それなりに良好でしたが、如何せん「練りワサビ」はイケない… エゴ味しか感じられなくて、折角の蕎麦が台無しです。

たまたまお向かいに座られたご夫妻は、「かけそば」を召し上がったのですが、

「ネギは無いんですよね?」

とお店の方に問うたところ、

「ハイ、済みませんが、コチラのワサビをお使い下さい。」って…

こちらから見ていても、

「ヘッ? 温かい蕎麦に練りワサビですか?!Σ( ̄ロ ̄lll)」

と思ったのですが、案の定お向かい様、酷く気分が悪そうです… そりゃそうだ…(-_-;) 温かい蕎麦に練りワサビなんて。 アリですかね?

どうもここの皆様方は、愛好家の方々らしく、やはりお店で商いをしておられる方々とは大きな隔たりがあるようです。

無芸大食娘は、蕎麦が苦手なのですが、「無類のキノコ好き」なもので、『八尾のそば』で「きのこそば」を手に入れました。 富山県の名産「白海老」のかき揚げを載せた蕎麦もあったようですが、娘はキノコモード全開。(^^;)

第13回日本そば博覧会in会津・磐梯 八尾のそば きのこそば

いや、コレは美味かった! しっかりと打ち込まれた蕎麦もさることながら、温かい出汁が絶妙に合いました。 ちょっと甘めなんですけど、細打ちの蕎麦にはピッタリでした。

こちらは、「おわら風の盆」で、全国にその名を知られる、富山県八尾町からのエントリーでした。

4種類の蕎麦を楽しんだところで、時計は15時。 イベント終了時刻です。 あぁ、まだ食べたかったのがあるのに…(^^;) 残念!

と、思っていたら、主催者が場内放送で曰く

「会場にはまだまだ沢山のお客様がお出でです。 お蕎麦の用意が出来る出展者様は、そのまま出来る限りご提供をお願いします。」

ほぉ~~~~(^^;) 何とも粋な計らいですねぇ~ 無芸はまだまだ食べられそうでしたけど、家内と娘は、そろそろ「ご馳走様」のようでしたので、腹7分目くらいで会場を後にしました。

さて、このイベント。 以前から開催されていたのは承知でしたが、今年初めて行ってみました。 県内の数ある新蕎麦イベントの中でも、地元・出展者・行政が見事にリンクした、極めて完成度の高いものだったと思います。

天候に大きく左右される、屋外イベントである点だけが不確定要素ではございますが、今日のように絶景の紅葉と温かい日差しに恵まれた日には、心から楽しめるものがありました。  

コメント

きゃぁ~~~、私も行きたかった!!
るるぷぅさんのところでも読んで、なんて羨ましいイベントなんだろうと思って、今日のランチにお蕎麦を食べたけど、納得出来ませんでした。
2007/ 10/ 29( 月) 09: 54: 52| URL| ree# nJDHedgo[ 編集 ]
 
おっ!なんとか参加できたようですね。
帰りを待ち焦がれた息子さん・・・「オレ、やっぱり行かねぇ」 あらまぁ(^^;

それにしても、さすが日曜、そして唯一の快晴、すごい行列ですねぇ。
行列には並びたくありませんが、その晴れ渡った青空と
紅葉の磐梯山は是非とも眺めたかったです。。ウラヤマシイ。
2007/ 10/ 29( 月) 11: 08: 54| URL| るるぷぅ# b7M2v1Rk[ 編集 ]
 
reeさん
やはりちょっと“目の毒”でしたかねぇ~(^^;) “三たて”に勝る蕎麦は無いかも知れませんが、今時は乾麺でも相当美味しいものがあります。 お水さえ相性が良ければ、結構楽しめますよ。
2007/ 10/ 29( 月) 13: 07: 44| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
るるぷぅさん
ハイ! 食い意地を発揮して、何とか参上致しました。(爆)

前日の荒天で、参加を見合わせていた方々も多かった事でしょう。 凄い来場者数でしたヨ。 オーガナイザーに感謝です。

紅葉はまさに盛りでした。 これだけ素晴らしい色づきは、本当に久しぶりの事だと思います。(^^)
2007/ 10/ 29( 月) 13: 10: 38| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
いやいや、素晴らしい催しですね。
会津の蕎麦は美味しいですからねぇ。
くー、たまらん!
もり蕎麦もいいですが、おろし蕎麦も興味深いですねぇ。

ウチの方でも、来月あたり常陸秋蕎麦フェスやらないのかなぁ?
2007/ 10/ 29( 月) 22: 23: 19| URL| 和# Xqd.HNrY[ 編集 ]
 
うふうふ、絶対のこの催し、無芸さん行くだろうなと思ってましたよ、、アハッハハハ。
わたしも、土湯経由で、ドサ周りしてきましたが、
どえらい渋滞でね、行けども行けども、前に進みません、レークラインなんぞ、いつ着けるかもわからないので、あきらめて福島経由で戻ってきたんです。
トホホーーー。

そばまつり、盛況みたいですね、江戸そば、やはりうまそうです^^^。

うふふ、、無芸さんちの息子さんも、そろそろ始まりましたね、、ガハッハハ。。そんなもんですよ。。
娘は大事にしましょう^^^^^。男は駄目だ!苦笑。
2007/ 10/ 29( 月) 22: 36: 43| URL| ララオ0181# -[ 編集 ]
 
和さん
へっへっへ(^^) イイでしょ♪ 当地では、蕎麦の産地で来月くらいまで、毎週のように「新蕎麦まつり」が目白押しなんです。 しかも格安で。

このイベントでは、基本が一杯500円です。 食べ放題で、お一人様2,500円~3,000円って言うイベントもありますが、各地の蕎麦を腹具合と相談しながら食べ比べるのも一興ですね。

福井県の蕎麦は、前々から気になっていました。 まさか「おろし蕎麦」と言うカタチでお目に掛かるとは思いませんでしたけど、これがまた激ウマでしたよぉ~♪
2007/ 10/ 30( 火) 00: 29: 22| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
ララオ0181様
およよ?(^^;) どうも無芸の行動パターンは、簡単に見破られているようですナ(爆)

ララオさん、こちらに立ち回られていましたか。 もしかして秋元湖も? 日曜日は、県内の紅葉の名所は、どこも大変な人出になっていました。 実は無芸一家も、久々に渋滞にハマりましたヨ。(^^;)

「江戸そば」はメチャ美味かったです。 二八蕎麦の芸術を見せていただきました。 江戸っ子のメンバーさん達も、大変気さくで親切極まりない、NICE GUYでした!

無芸大食倅、親とのお出掛け自体が嫌な訳ではなく、自分の遊びたい事が明確になってきたようです。

倅とは結構話をします。 ガンダムネタなんかは、共通の話題ですナ。(*^_^*) どうも倅を見ていると、無芸と同じ趣味筋のようで…
2007/ 10/ 30( 火) 00: 39: 08| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/482-10349f79