石戸蒲ザクラ ~埼玉県北本市~

昨日、娘を就学先に送って行ったついでに、ちょっと早めに咲き始まった埼玉県の桜巡りをして来ました(o^-^o) 有名な川沿いの堤桜は、まだポチポチと開花し始めたばかりと言う事で、多少サーベイしてソソられたところを回ってきました。

東北自動車道から圏央道を経て、「桶川北本IC」から降ります。 ICからほんの1km圏内に、何ヶ所か見つけたところの一つに「石戸蒲ザクラ (カバザクラ)という一本桜があります。 この桜は樹齢800年だとかで、非常に珍しいヤマザクラとエドヒガンの自然交配品種なのだそうで、なんと大正11年に「国指定天然記念物」になっているそうです。

しかも天然記念物の指定を受けた折には“日本五大桜”の称号も受けていたと言うのですから、自他共に認める名桜の宝庫に住む写真愛好家としては、このチャンスを活かさない手はありません。

石戸蒲ザクラ
     <↑ Clickで拡大>

残念っ! まだ咲いてなかったぁ~!(●´д`●)

「光東寺」というお寺の境内にありました。 周囲のソメイヨシノはそこそこ咲いていたのですが、やはりヤマザクラのクローンなのか、それとも古桜だからなのか、また蕾が膨らんでいるって程度でした。

石戸蒲ザクラ
     <↑ Clickで拡大>

でも枝の張りは立派なモノで、この枝に満開の桜が咲いたなら、さぞかし魅力的であることは疑う余地もありませんでした。 樹の根を見ると、やはり数本の桜が束なって、大樹の幹となっているようです。 ただ、樹齢800年という時代考証に関しては、その幹回りの太さや環境と樹勢などを考慮すると、少々盛られているのでは無いかと思わないでもありません(;^ω^) まあ、その辺はご覧になった方が判断すればヨロしいかと。

石戸蒲ザクラ
     <↑ Clickで拡大>

どうもこの日はウォークラリーが行われていたようで、当然ここもチェックポイントになるでしょうから、徒歩客が引きも切らずに訪れていました。 無料駐車場は2箇所あるようで、今回は桜のすぐ近くがガラ空きだったので、容易にデポする事が出来ました。 多分この桜が満開を迎えたら、そこにデポするのは容易ならぬかも知れませんが、桜の南側に100台くらい駐められる駐車場があるようで、安全に往来できるように通路も造られていました。

ハナニラ
     <↑ Clickで拡大>

オマケ。 境内への階段下のソメイヨシノの袂に咲いていた花。 何だか分からないままに、その美しい薄紫の花の色に惹かれて撮影していました。 色々と取り調べてみると、どうもこれはハナニラらしいです。 確かに葉の形はニラっぽかったなσ( ̄、 ̄=)




石津蒲ザクラ
埼玉県北本市石戸宿3-119 東光寺境内
※観桜は無料で時間制限もありませんが、周辺は住宅地ですので、良識ある行動をお願いします。
駐車場;120台分ほど


 

コメント

信夫山のサクラも開花しましたが、福島市在住ですと気になるのは花見山でございます。
花見山は日の出が一番きれいだそうです。
2009年に午前五時前に花見山へ行ったところ凄いカメラマンの数に驚きました。
お話を伺ったところ日の出の光が稜線か差し込むのが最も美しいとのことでした。
この方は長野からお越しでいらっしゃいました。
ぜひ、このブログで紹介していただければなぁーと
思う次第であります。
2018/ 03/ 30( 金) 23: 14: 43| URL| BAK# ITReiWyo[ 編集 ]
 
過去ログを引いて頂ければ出てきますが、私も2009年の花見山を存知上げております(#^.^#) その後何度か撮影行を掛けております。

花見山に限らず、夜明け前から陽の出あたりにかけては、風景写真のゴールデンタイムです。

震災直後は信じ難いほど来訪者が居なくて、とても悲しい気持ちで撮影しておりましたが、年々客足が戻って来つつあるのは喜ばしい事でございます。

花見山は全国メジャーで良く知られております。 あまりに来訪者が多すぎて、写真撮影向きの場所とは言い難くなりましたゆえ、私はまだあまり知られていないダイヤモンドの原石を探し出して磨きたいと思います。

それが地元カメラマンの役目だと思いますし、喜びでもあります(o^-^o)
2018/ 03/ 31( 土) 19: 12: 29| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4797-6ad71279