FC2ブログ

日本そば 田村屋 ~福島県須賀川市下宿町~

須賀川市の人気蕎麦店「日本そば 田村屋」さんに初詣して参りました。 そのお噂はかねがね耳には届いておりましたが、日曜日の昼時に訪問するのはほぼ絶望的に無理ですので、ずっと諦めていたんですね。

つい先だってのこと、須賀川市内のお店に例によって遅い昼食を撮りに出掛けた帰途に、お店の前を通り掛かったら、「夜の部営業」をしていたんです゚+.(ノ。’▽’)ノ*.オオォォ☆゚・:*☆

大抵の自家製粉の手打ち蕎麦屋さんって、昼の部に売り切れ次第閉店ってところが多いので、夕方に暖簾が掛かっているところを自分の目で確認するまでは、この人気店も「夜の部営業」は“出来たらやるネ!”ってくらいかと思い込んでおりました( ̄▽ ̄i)ゝ

(これなら潜入出来るかも.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。 )

と、家内共々訪問する気満々でおりました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

日本そば 田村屋

そんな訳で今回は「夜の部」への訪問でした。 時節柄なのか「夜の部」はそんなに混み合うこともなく、落ち着いて食事を摂ることが出来ました。 人気の「十割蕎麦」は、どうも昼前には”完売御礼”となってしまうらしく、安定の二八蕎麦での提供です。 

「Aセット(せいろとミニ天丼) (1,250円)」

日本そば 田村屋 Aセット

お得な腹一杯メニューの中でも、きっとコレが人気上位でしょう。 二八蕎麦のせいろとミニ天丼の組合せです。 なんか「ミニ天丼」が立派でちょっと望外の喜びです(*´艸`*)ァハ♪

日本そば 田村屋 紫辛味大根

薬味は晒しネギはデフォで、ワサビか紫辛味大根から選べます。 これはちょっと佳き選択肢ですねΨ( ̄∇ ̄)Ψ あまり地元では見られない紫辛味大根を所望しました。

日本そば 田村屋 ミニ天丼

この「ミニ天丼」はグランドメニューの中あるものと同じだと思います。 セットメニュー用として何か引き算されている様子も無く・・・ 小さめの器とは言え、悠々と器からハミ出る天ぷら達。 ミニサイズとは言え、これも立派な“ハミ丼”ですね(>▽<)b

日本そば 田村屋 ミニ天童

タネ類はエビ、春菊、レンコン、茄子、大振りなシメジ、サツマイモ、カボチャといったところでしょうか。 もしかすると何か忘れているかも( ̄▽ ̄i)ゝ 丼ツユは墨色の如き漆黒系に非ず。 甘味と醤油の味わいなど、なかなかバランスが良く、濃すぎないところも上品です。

ごはんの量は器なりですので、だいぶ控え目にされていますが、メインのせいろがあっての名脇役ですので全く無問題でした。 お隣にお席を取られていたシニア女性は、これを所望して充分に満喫していましたよ(#^.^#)

日本そば 田村屋 せいろ

さてメインの二八蕎麦のせいろですが、ホール係の方からのレクチャーに従い、蕎麦の上に紫辛味大根おろしと晒しネギを適当に撒いて頂きます。 蕎麦は二八としては好く甘い蕎麦の香りが感じられ、コシの強さが印象的です。 紫辛味大根は辛味のアタリが柔らかく、適度に繊維の舌触りが感じられます。 辛味大根は摺り下ろしてから汁はある程度搾られていますから、瑞々しいとかジューシーだとかはありませんが、このマイルドな辛味は蕎麦の繊細な味香を損ねずに楽しませてくれるかも知れません。

日本そば 田村屋 せいろ

蕎麦つゆは昆布の柔らかな甘味と旨味、本枯れ節の豊かな風味が感じられます。 カエシはどちらかと言えば江戸前の辛口っぽくい特徴も感じますが、やはり地元の嗜好に合わせているのか、どっぷりと蕎麦を潜らせても辛くならない濃度と、ウマ過ぎない程度の甘味が表現されています。

蕎麦つゆに潜らせて蕎麦を手繰れば、ちょっとヌメツとするようなしなやかな舌触り。 噛めばしっかりとしたコシのある歯触りを伝えて来ます。 こりゃあ二八蕎麦の良いところ良く引き出されています( *´艸`)

蕎麦湯には小さな木べらが付いてきて、蕎麦湯を注ぐ前に器に沈殿している蕎麦粉を攪拌してからどうぞと嬉しい気遣いもあり。 なかなか好い蕎麦屋さんでございました(ノ´∀`*)




日本そば 田村屋
福島県須賀川市下宿町55
電話;0248-75-2652
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~19:00
定休日;木曜日
駐車場;15台
※全席禁煙


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4789-e347829a