FC2ブログ

洋食屋 Cocotte ~福島県安達郡大玉村~

大分前から訪問機会を伺っていた、大玉村の「洋食屋 Cocotte (ココット)さんに、ようやく初訪問出来ました(>▽<)b 実は昨年も潜入を試みるも、ご予約だけの営業となっていて、無念の撤退に遭っていました(^◇^;) 今回もダメでも仕方ないよねぇ~ってキモチで行ってみたのですが、入店出来て良かったです(o^-^o)

洋食屋 Cocotte

お店は天井が高く、フロアも低床エリアと高床エリアがあり、程良くパーソナル感と広がり感が演出されています。 ホール係の女性もセミオープンキッチンにいる店主さんも、にこやかで良い雰囲気を漂わせています。 カジュアルだけど、とても大切に接して貰っている気分になれましたよ♪

「スパゲッティー・ナポリタン (950円)」

洋食屋 Cocotte スパゲッティー・ナポリタン

最初から決め撃ちで、こちらを所望しました! 何せこの「スパゲッティー・ナポリタン」の評判がベラボウに良いのです。 これを頂かない事には、赤スパ・ファンとしての涸渇に関わるってくらいです(*>∇<)ノ

洋食屋 Cocotte スパゲッティー・ナポリタン

見ての通り、焼かれた鉄器に盛られて来ます。 そこに良く切られた溶き卵が流されていて、オムレットという訳では無いのですが、彩りも良くナポリタンの濃い目の味わいを和らげるように寄り添っています(#^.^#)

洋食屋 Cocotte スパゲッティー・ナポリタン

具材はソーセージ、玉ネギ、ピーマンとシンプルです。 ナポリタンに散らされる刻みパセリが、ドライハーブではなくフレッシュのあたりも、鉄器と共にお店スペックですね。

洋食屋 Cocotte 共添えスープ

共添えされるスープは、野菜入りのコンソメスープ。 具材の野菜の食感も良く、味付けはやや控え目に抑えられて、バランス良く楽しめました。

洋食屋 Cocotte 共添えサラダ

サラダは地元・大玉村の水耕野菜が使われているそうで、ドレッシングの白ワインヴィネガーの清々しいフレッシュさに、オリーヴオイルの香りの良さも相まって、大変美味しく頂きましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ

洋食屋 Cocotte スパゲッティー・ナポリタン

さて主役のナポリタンですが、1.9mmくらいかなぁ~? 太目のスパゲッティーがあしらわれており、“昭和の赤スパ”のナイデンテとは一線を画する、独特のコシの強い噛み心地と同時に、モチッとした弾力も持ち合わせています。 もしかして水晒しでしょうかね?σ( ̄、 ̄=)

ソースたっぷりで濃ゆ~い味わいに思われそうですが、決してそんなことはありません。 ケチャップと言うよりもトマトソースのフルーティーな美味しさに満ちています。 そこにバターの味香が加わってマイルドさや程良い濃厚さがミックスされた感じです。 手造り感が伝わって来て、極めて品の良い味わいを楽しめました。

洋食屋 Cocotte 共添えデザート

食後にはデザートまでセットされており、これは望外の事で驚きましたw( ̄▽ ̄;)w ベイクドチーズケーキ、リンゴの赤ワインコンホート、きな粉のババロアと、こんなにやっちゃって大丈夫なの?!ってくらいの大サービスです。

正直なところ、このお店が那須のリゾート地にあったなら、三割増しのお足でも話題になるに充分なポテンシャルだと思います。 素晴らしいお店です!O(≧▽≦)O また訪問してみたいです。




洋食屋 Cocotte (ココット)
福島県安達郡大玉村大山字大江田中131-5
電話;0243-48-1552
営業時間;【昼の部】11:00~14:00 【夜の部】17:00~21:00 (L.O.20:00) ※店内禁煙
店休日;水曜日、第2木曜日、第4木曜日
駐車場;店舗敷地内に4台分


 

コメント

いつもありがとうございます。

こちら、自分の同居のお袋様が、先日お友達とお邪魔しておりました。
確か、ハンバーグか何か頂いたような…

大変美味しかったと喜んでいたのを思い出しましたヽ(*´▽)ノ♪

俺も、負けずに行ってみっぺ❗
2018/ 02/ 27( 火) 09: 31: 19| URL| kuni# s/3avWyU[ 編集 ]
 
そうでしたか(o^-^o) 女性ウケも分かりますが、確かな美味しさと居心地の好さは、年齢性別関係なく楽しめると思います。

唯一の不安材料は駐車場のキャパですが、お店の方に尋ねれば、どこか教えて貰えるかも知れません。 お薦めです( *´艸`)
2018/ 02/ 27( 火) 21: 18: 20| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
お店の前を通過する機会は多いんですが、
小心者につき、一人で入店する
度胸がありません(笑
混んでいない時間外せば、大丈夫でしょうか。
2018/ 02/ 28( 水) 20: 41: 36| URL| sachs# -[ 編集 ]
 
確かに一人では気後れするかも知れませんね(^◇^;)

でもテーブル席の間隔が広く、通路も広く取られているので、周囲からのプレッシャーはあまり感じないと思います。

お互いに昭和テイストの食堂なら、ほぼ躊躇なしに暖簾を潜れるのにねぇ~♪(〃^∇^)o彡☆あははははっ
2018/ 02/ 28( 水) 23: 04: 15| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4765-840bccb9