FC2ブログ

中華そば 春木屋 郡山分店 ~福島県郡山市桑野~

どなただったか失念してしまったのですが、つい最近「中華そば 春木屋 郡山分店」さんで「しおつけ麺」を召しあがった方のBlog記事を見て、

(あっ、しばらく「しおつけ麺」を食べてなかったσ(゚・゚*) 美味しそう♪)

って思ったんですね(;^ω^) その記事がトリガーになって、端から決め撃ちで早々に訪問致しました。

「しおつけ麺 普通盛 (2玉・900円)」 ※味玉ご馳走になっちゃいました( ̄∇ ̄*)ゞ

春木屋 しおつけ麺

どんだけお久しぶりの「しおつけ麺」でしょうか( ̄▽ ̄i)ゝ 今回は麺量2玉であつ盛にして頂きました。 漬け汁には結構なラード油膜が張られていますが、そこを突き破って魚介素材の香りが伝わって来ます(〃∇〃)

「しおつけ麺」は鶏肉チャーシューがあしらわれています。 ふっくらとソフトな食感で、塩ダレ仕立ての漬け汁にフィットするように、これは塩麹でマリネして低温調理したものでしょうか?

春木屋 しおつけ麺

漬け汁は焦がしネギとゴマの風味が、刻みネギの香味と共にアクセントになっています。 以前の印象よりも旨味の押し出しか少し穏やかに感じられ、甘味と塩味の濃度も共に抑えられた気がします。 個人的な好みではこれでOKですね。 酸味は加えられていませんが、ニボシなどから取り込まれた仄かなビターテイストが、やんわりと漬け汁の味わいをディテールアップしているようです。

もしかすると冷や盛りとあつ盛りで、塩ダレの分量も加減されているかも知れません。 ってか、「春木屋」さんなら、それくらいあっても何も不思議ではありませんから。

春木屋 しおつけ麺

あつ盛の場合は、茹で上げられた麺にスープが張られてきます。 麺皿から麺を直に手繰って頂くと、スープに感じられるほのかな塩味(ニボシからか?)だけで、この麺が美味しく頂けちゃうのもある意味困りもの(^◇^;) ついつい麺を手繰る箸が止まらなくなる事しばしばです。

春木屋 しおつけ麺

低加水タイプの縮れ自家製太麺は、あつ盛にするとしなやかな啜り心地になりますが、コシのある歯応えが失せることはありません。 低加水らしく小麦粉の風味も漂わせるこの麺は、「春木屋」さんを代表する強烈な個性の一つですね(*^-^)

漬け汁に麺を潜らせれば、この麺の縮れがまた良き役どころで、漬け汁をしっかりと汲み上げて口の中まで運び上げるし、舌の上をくすぐるような動的なうねりが伝わって来ます。

春木屋 しおつけ麺

ある程度食べ進めてきたら、卓上配置の七味唐辛子を麺の方にちょいと振ってみて下さい。 ピリ辛って程度にしてあげると、またこの漬け汁の魅力が引き立ちます。 甘じょっぱく、そして出汁の旨味とバランスも取れた漬け汁の魔力も加わり、2玉の麺量もサックリと胃袋に収まりました。

ポットで供される「割りスープ」は、是非ともお楽しみ頂きたい♪ 実を言えば漬けダレを割りスープしたら、完汁してしまった(>▽<;; それくらい美味しく頂けちゃいますよ(*>∇<)ノ




中華そば 春木屋 郡山分店
福島県郡山市桑野2-16-13
電話;024-922-0141
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~20:00
定休日;月曜日
駐車場;店舗前他に指定駐車場あり


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4725-81aa03df