FC2ブログ

幻の名車 アルファロメオ モントリオール

今日、配達の途中で、とある外車のディーラーの前を通りかかると、ガレージに信じられないレアな車の姿を見つけました。 深紅のカラーを纏ったその車は、異様に低い車高と、特徴的なフェイスデザイン。 一見してソレと分かる姿でした。

しかしそのディーラーは、進行方向の反対側。 後ろ髪を引かれつつも、そのままパスせざるを得なく、次の配達先に向かいました。 配達を済ませて、どうしてもアノ車が気になる。(^^;) 私は今まで写真でしか見たことがありませんでしたし、この先もう一度見ることが出来る可能性は極めて低いと思えました。

そこでちょっと逆戻りして、件のディーラーさんを訪ねました。 無芸を惹き付けて放さなかった車はコレ!

アルファロメオ モントリオール

「アルファロメオ モントリオール」

見ての通り、ヘッドライト周りのデザインが、非常に個性的です。 生で見る現車は、現代の基準からすると、とてもコンパクトに映ります。 所謂5ナンバー枠に収まる全長・全幅に、車高は1200mmしかありません。

でもボンネットに収まっているエンジンは、V8の2,600ccで、200馬力を発揮する“珠玉の名機”です。 国産車でV8エンジンと言えば、4,000cc以上が普通ですから、相対的には小排気量と言えます。 このエンジンの生い立ちがまた凄い。 もともとレーシングガーに搭載されていたものを、路上で使い易いようにデチューンを施したものなのです。

まずはディーラーさんの事務所に出向いて、この幻の車を拝見させて頂きたい旨申し入れたところ、快く応じて頂きました。 「アルファロメオ郡山」の齋藤営業部長さん、ありがとうございました。(^^)

お忙しい中、無芸の個人的な興味の為に、ガレージまでお付き合い頂き、この幻の車についていろいろとお話しを伺わせて頂きました。 1973年製であり、この車自体が日本で確認されているのはたった10台ばかりであるとのこと。 道理で今まで現車を目にする機会が無かった訳だわ… 1970年~1973年までに、メーカーをロールアウトしたのは4,000台と言われていますが、そのうちたった10台だけがこの日本に生息しているんですね。

アルファロメオ モントリオール

当時の大学新卒初任給が4万円だった時代に、この車のプライスタグは770万円だったと言います。 価格もスーパーです。(^^;) しかしこの個体は、走行距離がまだ4万キロ台。 愛好家のガレージでひっそりと保管されていたそうです。

アルファロメオはイタリアで、スポーツカーやラクジュアリーカーを生産する、世界に名だたるプレミアム・カー専門のメーカーです。 そのラインナップの中でも、唯一無地のV8エンジン搭載のロード・カーがモントリオールなのです。 その排気音は、車好きの“心の琴線を激しく掻きむしる”と言われています。

アルファロメオ モントリオール

齋藤営業部長さんのお話しでは、この車は現在売り出し中との事。 えっ?売り物ですか!Σ( ̄ロ ̄lll) 現在2名のお客様から引き合いが来ているそうです。

「どうですか? 手許に置いてみませんか?(^^)」

“お誘い”を受けましたけど、絶対無理!(^_^;)

何せメンテナンスに多大なコストが予想されるし、ちゃんとしたガレージ無しでは、まともに現状維持さえ出来ません。 コレはしかるべきエンスージャストの手に渡って、永らく手厚く可愛がられるべき車です。

齋藤営業部長さんのお話しでは、あと一週間ほどで新しいオーナーさんを決めるそうです。 と、言うわけで、もしご興味があれば、「アルファロメオ郡山」にお出掛けになれば、あと一週間ほどはこの幻の車とご対面出来ます。




アルファロメオ郡山 (URL)
福島県郡山市安積町日出山2-103
電話;024-942-3711

アルファロメオ・モントリオールの詳細Blog (こちら)  

コメント

ゲットしたらいかがですか!
お似合いだと思われますが・・・?
2007/ 10/ 04( 木) 21: 20: 22| URL| 華ちゃんパパ# -[ 編集 ]
 
アルファは「男の色気」を醸し出す事のできる
唯一の車だというのが私の持論です。
フェラーリでもランボルギーニでも出せないモノが
あると思います。

しかも、それがクラッシックとなると…
想像しただけで、ダメです♪
2007/ 10/ 04( 木) 23: 17: 21| URL| とぉ# -[ 編集 ]
 
華ちゃんパパさん
いや… この車は、マジヤバいです。(^^;) 下手すりゃ、残りの人生全てを掛けてのお付き合いになっちゃいます。

何せたった4,000台しか生産されなかった、激レアな車です。 もう既に純正パーツ類が枯渇しているようです。 新車の1,000万円の車よりも高く付きますヨ。 かなり潤沢な経済力が無い限り、維持することは不可能でしょう。
2007/ 10/ 05( 金) 00: 46: 45| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
とぉさん
アレレ…(^^;) とぉさん、釣れた?!(爆) 普段は極力自分のマニアックさを出さないように心掛けている無芸ですが、とぉさんもちょいマニアでしたかナ?(^^)

確かにアルファの上級モデルには、妖艶な魅力がありますよね。 スポーツカーと言うよりも、GTカーって言うべきでしょうか? マセラッティやアストンにもそんなオーラがあるような気がしますけど、当地ではまず見かけません。

年を経て輝きを増す車ってありますよね。 来週末には、国内最大規模のクラシックカーのラリー「ラ・フェスタ・ミッレ・ミリア」が今年もやって来ます。

被写体としても最高ですけど、イギリスの1930年代のヴィンテージ・スポーツのサウンドは、凄く印象的ですヨ。(^^) 出張取材、如何ですか?
2007/ 10/ 05( 金) 00: 59: 56| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
無芸さん、またしても偶然!!
昨日近くのファミレスに夕ご飯に行ったら、隣の駐車場で、クラシックカーのオフ会をやってたんですよ。
カメラを持っていけばよかったな・・・って思ってたんです。
車には詳しくないけど、昔の映画に出てきそうな車ばっかり。
車の値段そのものよりも、維持(部品など)にお金がかかるんでしょう?
時々このオフ会があるみたいなので、機会があれば写真を、と思ってます。
2007/ 10/ 05( 金) 01: 09: 39| URL| ree# nJDHedgo[ 編集 ]
 
reeさん
うわぁ~~~♪興味あるなぁ~(^^) アメリカやヨーロッパは、自動車自体が「文化」として根付いているので、車齢の旧い車が、未だに沢山現役で走っているそうです。

加えて日本のような高温多湿に苛まれないので、車齢の割りに痛みが進まないそうです。 旧い車でも消耗してしまう部品はありまして、そのパーツが入手困難になっちゃうんですよね。 その点アメリカの偉大さと言うべきか、「無い部品は造る」という精神があるんですねぇ~(爆) 日本のエンスージャスト達も、アメリカ製のリペア部品にどれだけ助けられている事か…(^^;)

旧車マニアのオフ会、どんだけマニアックなお話しをしているか興味津々です。(^^)
2007/ 10/ 05( 金) 01: 57: 05| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
すごい車なんですね、世界に10台しかない、。
ほしい人は、のどから手が出るくらいなんでしょうけど^^^、維持するのは大変だね、、車を入れる車庫はうちにありますがーーーあはっはは。
2007/ 10/ 07( 日) 22: 32: 52| URL| ララオ0181# -[ 編集 ]
 
ララオ0181様
いやいや、日本に10台…(^^;) 大多数のモントリオールは、エンスージャストのガレージに眠っていますので、実動している車両は、強烈なとある有名な女性の青いモントリオール一台くらいでしょう。

ちょっと調べてみたら、那須の「スーパーカー博物館」にも1台展示されているらしいです。 やはりかなり貴重な車ですね。

しかしコレはかなりマニアックな車ですから、ララオさんにお薦めは出来ませんナ…(^^;)
2007/ 10/ 08( 月) 11: 05: 41| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/458-9a0877d2