中国飯店 なるき ~福島県郡山市富久山町~

先週末は好天が続いてくれまして、夕方になっても一時のようなヒンヤリとした風がなかなか吹きませんでした。 それでも季節は確実に秋。 ジメジメとした暑さではなく、爽やかな暑さですね。

さてこの日は週末で、一寸いつにも増して昼食を摂るのが遅くなってしまいました。 とっぷりと日が暮れてからの昼食は、軽く済ませておけば良いものを、ついつい空腹に負けてしまいまして「中国飯店 なるき」「味噌ラーメン」に手を出してしまいました(^◇^;)

「味噌ラーメン (850円)」

なるき 味噌ラーメン

野菜がドッサリと盛られた味噌スープは、豚骨(げんこつ&背ガラ)に香味野菜で炊き出されたベーススープに、濃醇な、それでいて品の良い甘味もある、自家調整の味噌ダレ(信州白味噌+仙台赤味噌)が合わせられています。 ちょっとスパイシーな風味は味噌ダレに仕込まれた五香粉から。 辛味はそんなに強く無く、野菜から引き出される甘味もあって、どちらかと言えばちょっと甘めの印象です。

なるき 味噌ラーメン

細裂きタイプのクラシカルなメンマは、濃い目の甘じょっぱい味付け。 刻みネギのシャクシャクとした歯触りと瑞瑞しさに、ちょっぴりの辛味が味噌スープを引き立てます。

なるき 味噌ラーメン

大きめのキクラゲのプリッ、コリッとした歯触りも好き(〃∇〃) 炒め煮された野菜は、しんなりとした食感で、とても食べやすい印象です。

なるき 味噌ラーメン

麺は自家製のストレート中細麺。 やや加水率低めの麺は、芯まで火が入るまで茹で上げられていて、ツルッとした舌触りの中にも、噛めばどこか粉っぽい風味が広がります。

麺量も大分多めで、並盛りでも200g近くあるらしいです。 最初はしっかりとしたコシのある噛み心地が伝わってきますが、時間の経過と共に、麺の表面からグルテン分がスープに溶け出し、麺自体のスープの味が染み入ると共に、味噌スープにクリーミーな舌ざわりの良さが加わります。 この時間経過と共に美味しさの軸が変化していくのも楽しみの一つなんですね(o^-^o)




中国飯店 なるき
福島県郡山市富久山町久保田愛宕86
電話;024(932)9642
営業時間;11:30~21:30
定休日;月曜日・第1火曜日


大きな地図で見る
 

コメント

かすかにカレーっぽい香りがして、まさにオリジナルですよね。

と言いつつ、いつもついタンメンにしてしまうボク^^;

今度は味噌をオーダーします!!
2017/ 09/ 13( 水) 12: 18: 32| URL| Meets# -[ 編集 ]
 
多分それは五香粉に由来するスパイス香だと思います(o^-^o) タンメンの魔力に魅せられたファンは、暖簾を潜ったらタンメン・スイッチが入っちゃいますからねぇ~( *´艸`)
2017/ 09/ 13( 水) 22: 52: 00| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4577-abc641ca