自家製麺 じゃじゃ。 ~福島県郡山市西ノ内~

この日は地元の夏祭り「うねめ祭り」の開催初日で、西部ショッピングセンター駐車場で開催される「ちびっこうねめ祭り」という、お子さん方が楽しめるイベントが行われていました。 後から思い返してみると、15年位前だったか、まだ幼かった子供達を連れて、これに行ったら、ヒーローショーの迫真のアクションに、子供がビビって引きまくってた事を思い出しました(>▽<)b

そんな祭事をすっかり忘れて、会場の裏通りに面した「自家製麺 じゃじゃ。」さんへ行ってしまったΣ(゜▽゜;) 渋滞にハマってからソレと気付いた次第(>▽<;; でも駐車場の心配のないスクーターだったので、少々渋滞の中に身を任せていたら、さしたるタイムロスもなく暖簾を潜る事が出来ましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ

「つけ麺(並)+肩ロースチャーシュー(2枚) (750円+100円)」

じゃじゃ。 つけ麺(並)+肩ロースチャーシュー(2枚)

並盛りでも迫力満点の「自家製麺 じゃじゃ。」さんの「つけ麺」です♪ ツヤツヤの極太麺が、丼の縁よりも渦高く盛られています。 この麺線を美しく見せる盛り方一つで、頂く前から「美味しい!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ」と確信させちゃいます。

じゃじゃ。 つけ麺

漬け汁は例によって器ごとアツアツ。 やや小さめの器にギタギタの油膜にネギが浮かべられています。 ネギは熱々の漬け汁でじんわりと火が入り、少し甘味さえ感じられるほど。 バーナーで炙られた豚バラチャーシューが角切りにされてゴロゴロと入っています。

“しょっぱさの極み”で食べさせる漬け汁は、少し乳化した鶏出汁をベースに、甘味、辛味、酸味などが混じり合い、濃ゆ~い味わいへと昇華されています。

じゃじゃ。 つけ麺(並)+肩ロースチャーシュー(2枚)

低温調理の肩ロースチャーシューは、1枚50円と破格のお勤め品(*>∇<)ノ これは頂いておかないね! 漬け汁でほんのりと温めれば、しっとりとした柔らかな食感と共に、お肉の美味しさが花開きます。

じゃじゃ。 つけ麺(並)

麺はまるでうどんの如き太さですが、麺肌はツルッとしていて、舌触り自体は滑らかです。 洗い締めされてコシの強さが一段と強調されていますが、熱々の漬け汁に潜らせるとモチモチとした食感へと変貌します。

ツルツルと喉越しで頂く訳には行きませんので、良く噛んで食べていますと、アッと言う間に満腹中枢が反応してしまいます(>▽<;; ついつい追いかけっこみたいになって、麺を手繰るピッチも早まりますが、結局はハライッパイの幸せを存分に堪能するのであります( *´艸`)

ああ、そうそう。 一つ朗報があります( *´艸`) この8月から“火曜定休”を取り下げまして、“ほぼ無休”へと変更されましたヽ( ̄▽ ̄)ノ 現在の処、火曜日は細麺のみの提供で、メニューも限定されるかも知れませんが、クォリティーは決して損なわれてはおりません! 火曜日にしか余暇が無い方々にも、これで訪問のチャンスが膨らみましたね!




自家製麺 じゃじゃ。(じゃじゃまる)
福島県郡山市西ノ内2-19-12
電話;024-954-8606
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】18:00~21:00頃 ※売り切れ次第閉店
定休日;ほぼ無休ですが、たまに休みます
駐車場;店舗敷地内に2台分


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4541-b02b8f7c