郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

2年ぶりに夏メニューの冷や中が復活したと言う事で、夏の暑さが戻ってきたタイミングを見計らって「郡山大勝軒」に潜入してきました(o^-^o)

「ゴマダレ冷やし中華 中盛 (800円+0円)」

郡山大勝軒 ゴマダレ冷やし中華 中盛

ぐわっ?!(;゚д゚) な、な、な、なんですか! このモリモリはっ!((ノ)゚ω(ヾ))

確か券売機では「中盛 300g」って表示されていたハズなんだけど、どう見ても茹で前麺量300gとは思えないですよ(゚A゚;)ゴクリ

思わずカウンター越しに、茹場の担当さんに聞いちゃいましたよ。

「ねえ、これって本当に中盛? 本当に300gなの?( ̄ω ̄;)」

「あっハイ! 中盛ですけど、郡山店は350gです(*>∇<)ノ」

どうも、仙台店は300gらしいけど、郡山店は独自の中盛らしいです( ̄▼ ̄|||) オーダーしちまったから、意地でも残せねぇ~なぁ~( ̄  ̄;)

ってな事で、初っぱなから“麺量テロ”で慌てさせられましたけど、載せモノのバリエーションとタップリ加減は、ちょいと見所ですよ。

郡山大勝軒 ゴマダレ冷やし中華 中盛

櫛切りレモンは何気に嬉しいナ 基本的にはこの冷や中の為だけに用意された食材は、プチトマトとキュウリ、あとマヨネーズだけですね。

郡山大勝軒 ゴマダレ冷やし中華 中盛

メンマもドサッと載っていて、辛味ネギにマヨネーズが寄せ盛りされているのは良い発想です。 バラ巻きチャーシュが1枚、ドン載せされて来ますが、やはり脂身が固化しますので、出来れば極薄切りにしたモモ肉チャーシューの方がマッチしそうな気がします。

郡山大勝軒 ゴマダレ冷やし中華 中盛

ゴマダレ仕立ての冷や中スープは、やや甘めに振られていて、ゴマ濃度は丁度良い位です。 味はちょっと濃い目ですけど、自家製太麺が合わされているので、絡み過ぎることもなくバランスしています。 辛味や酸味はやや控え目に感じましたが、テーブル配置のラー油や酢で、お好みチューンも思いのままですΨ( ̄∇ ̄)Ψ

郡山大勝軒 ゴマダレ冷やし中華 中盛

自家製太麺は、洗い締めされた上に、冷たい冷や中スープに漬されていますので、その食感は恐ろしいほどの力強さです(゚д゚lll) 言わばワシワシと噛み砕くように食べ進むもので、ツルツルと啜る事は不可能です(>▽<;;

確かに冷や中スタイルではありますが、どこかしら油そばとも通じる食べ方になると思います。 麺を噛んでいる内に、満腹中枢がシグナルを出すかと思ったのですが、何とかキレイに完食に持ち込めました( ̄▽ ̄i)ゝ

2年ぶりの再会メニューでしたけど、これは確かに個性的な冷や中です。 当然ながら大盛もありますので、ガッツリと行きたい方は、是非とも挑戦を!




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4 台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


大きな地図で見る
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4475-1e039113