そば処 追原庵 ~福島県西白河郡西郷村~

南会津へ写真撮影に出掛ける途中で、R289沿いの「西郷の里遊歩道・雪割橋」手前にある「そば処 追原庵」さんに初詣しましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ

ここは現在はBlogを終稿としてしまった、Fヲジさん(←古馴染みの読者さんしか知らないね(;^ω^))が、大変気に入って度々足を運んでいたお店で、お薦めを受けていたのです。 そのお薦めに従い、4年越しの約束を果たしに参りました。 と、実は昨年秋にも一度潜入を試みたのですが、開店時間前で暖簾が掛かっていなかったという前振り付きです( ̄▽ ̄i)ゝ

追原庵

お店はそば栽培の生産者組合直轄で運営されているそうで、暖簾を潜れば左側に麺場、右側が厨房となっています。 店内のしつらえはあくまでも質素。 お品書きも潔く、「もりそば」「ざるそば」「とろろそば」「かけそば」の4種類のみです。 お店にFBが有ったとは、後日気付いたのですが、今年は山菜の天ぷらも用意されていたって事でしたが、訪問時にはそれを知らせるものは何も見られませんでした。 まあ、そんな事はどうでも良いです(^◇^;)

「もりそば 大盛 (700円+200円)」

追原庵 もりそば 大盛

石臼挽きの二八蕎麦だそうです。 “大盛CALL”をしても、驚くほどの盛りっぷりではありませんが、成人男性が程良~くお腹が膨れるって程度です。

追原庵 もりそば 大盛

薬味も肩肘張らないヤツでしてww でも共添えされる香物の美味しさはホンモノ感アリアリです!((ノ)゚ω(ヾ)) ほえぇぇ 酢大根が美味しかったなぁ~♪

追原庵 もりそば 大盛

そばは挽きぐるみとされていて、この時節の二八としてはちゃんと香りが伝わって来ます(o^-^o) 石臼挽きならではの透明感が出ないのは、繋ぎ粉が濁らせているからでしょうか? まずは手繰ってみますと、弾力を伴った歯触りです。 角の立ったキレキレのそばではなく、ゆったりと気持ち穏やかに、ガツッと手繰って頂けるような気なりに楽しむタイプです。

追原庵 もりそば 大盛

そばつゆは宗田節の風味がちゃんと立っていて、昆布からの旨味と甘味も舌の上にサッと広がります。 カエシのアタリが穏やかで、醤油味のキレも控え目ですので、そばをドップリとそばつゆに潜らせて手繰る、田舎スタイル向きの誂えです。 程良いユルさも蕎麦の愉しみですね( *´艸`)

お店を後にしようとしたところで、お店の右手に変わった桜の花が咲いていました。 直感的に

「御衣黄桜か?!w( ̄▽ ̄;)w」

と思って、お店に引き返して尋ねてみました。 するとこれは「右近(鬱金)桜」というサトザクラの一種なのだそうです。 帰宅後に取り調べてみましたら、確かにこの両者は似ていまして、「御衣黄桜」が緑の八重咲き桜に対して、「右近桜」は黄色の八重咲きなのだそうです。

また、白河の蕎麦は大変有名ではありますが、その源流となっているのが、ここ追原で栽培されていた蕎麦であるとの事です。 知らなかったぁ~(。-`ω´-)んー




そば処 追原庵 (URL)
福島県西白河郡西郷村鶴生由井ケ原鶴生字追原山 1
電話;0248-25-7245
営業時間;11:00~15:00
定休日;水曜日 1月~3月は冬季休業
駐車場;店舗敷地内と隣接にあり


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4435-7b9bd4e1