支那そば 墨家 ~福島県郡山市安積町日出山~

この日は昼頃に郡山市の東部幹線沿いに仕事があったので、久しぶりに「支那そば 墨家」さんを訪問して来ました。 入り口横には黄色で目立つ“こだわりの地鶏ラーメン”ってPOPが埋め込まれていました。 確かにその通りで、お店の前身となる熱海町で「お食事処 武蔵亭」の時から、自然派の地鶏スープで自家製麺の漆黒系でした。

支那そば 墨家

交通量の多い東部幹線からほんの少し入った場所で、一度覚えてしまえば駐車場も広いし、お味も申し分無しで、大変使い勝手の良いお店です(o^-^o)

「支那そば (700円)」 ※味玉ご馳走になっちゃいました( ̄∇ ̄*)ゞ

墨家 支那そば

丼の1/3ほどを覆い尽くすバラ巻きチャーシューが、漆黒スープに浸っています。 濃厚な濃口醤油の香りと、厚削りの鰹節の華やかな香りが届きます。

スープを覆う油膜はそんなに厚くはありませんが、折角自然派仕立てにしているのですから、その良さを伝える為でしょう。 載せモノはオーソドックスですが、メンマも食感を残しつつ歯切れ良く頂ける、確かな技巧が生きています。

墨家 支那そば

やはり目を引くバラ巻きチャーシューの存在感はすこぶる強く、脂身はトロトロでお肉はホロホロ♪(〃∇〃) 染み入ったチャーダレの味加減も、やや控え目なスープの醤油テイストにマッチしています。

墨家 支那そば

地鶏の丸鶏と鶏ガラから引かれたスープは、ジリジリと口の中で旨味が広がり、自然派ならではの後味のキレの良さがあります。 旨味と醤油フレーヴァーには練れた柔らかみがあり、その色合いから思い浮かべられるよりもずっと塩味は控え目です。

墨家 支那そば

自家製ストレート細麺は、ニュルンとするほど滑らかな舌触り。 タップリと漆黒スープを掴んで口中を満たしてくれます。 麺を手繰る度に、口中が漆黒スープでジャブジャブになるほどスープの持ち上げは良好です。

パンチはあまり感じませんけど、スルスルと喉を通る麺と、いつの間にか最後まで飲み尽くしてしまう漆黒スープは、食後の余韻まで味の記憶が刻まれます(>▽<)b




支那そば 墨家
福島県郡山市安積町日出山2-16
電話;024-907-2072
営業時間;【昼の部】11:00~16:00 【夜の部】17:30~20:00 【日曜日】11:00~20:00
      ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日 ※月曜日が祭日の場合は火曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4368-61a49613