麺処若武者 草加分店 東北六縣堂 ~埼玉県川口市~

昨日の事ですが、埼玉県まで行ったので、目的地のすぐ近所に1ヶ月ほど前[2017/03/07]に開店したばかりの「麺処若武者 草加分店 東北六縣堂」を初詣して参りましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ

こちらのお店、その屋号から察して頂けるように、二本松市の名店「麺処 若武者」さんの分店となります。 分店って事ですので、支店ではなく独立経営店舗ですね。 当主の山本一平さんが初めて認めた暖簾分け店と言う事になります。 これが楽しみでなくて何でしょうか♪( *´艸`)

麺処若武者 草加分店 東北六縣堂

お店は県道103号線沿いにあり、住所こそ川口市ですが、草加市との境目になっていて、街はほぼ一体化していますので、境界線的な気配は何もありません。 店舗前の道路は2車線巾と決して広い訳ではありませんが、日曜日の昼下がりの訪問時には、渋滞が発生するほどの往来はありませんでしたので、忙しなさもなくお店に着けました。

店舗入り口の外に券売機が設置してあり、大きく分けて2系統のベーススープで合計4種類のメニューが用意されていました。 共にご本尊でも大黒柱となっている「青森シャモロック」の鶏出汁清湯と、福島三大地鶏による「濃厚鶏白湯」が楽しめます。

今回は初詣と言う事で、大量の原材料を用いて、仕込みの技巧や手間暇を尽くして仕立てられる、インパクトのある味わいのこちらを所望しました。

「濃厚福島鶏白湯 (880円)」

東北六縣堂 濃厚福島鶏白湯

結論を先に言ってしまえば「素晴らしい!」の一言です(*>∇<)ノ ちゃんと当主・山本一平さんの教えが届いています。 微妙な違いもあるのかも知れませんが、ボクにはソレとは分からないレベルで、ちゃんと“若武者の鶏白湯”がここで食べる事が出来ます!

東北六縣堂 濃厚福島鶏白湯

デフォで載せモノも充実の一言。 「麺処 若武者」にあって「東北六縣堂」で失われたモノは何もありません! 「伊達鶏」「川俣シャモ」「会津地鶏」の丸鶏や鶏ガラを大量に焚いて、鶏出汁の髄までギリッと引き出した上で煮詰められているのですから、鶏の旨味に不足があろうハズはありません!

しっかりとチャーダレの染み入った豚バラチャーシューは、ちょっと厚めのカットにされています。 脂身のトロトロ感よりも、やや肉の存在感を立たせているように思えます。 これは東北六県厳選素材として取り上げられていた、宮城県産のブランド豚「JAPAN X」の持ち味なのでしょうか?

東北六縣堂 濃厚福島鶏白湯

鶏チャーシューは低温調理がされているのか、噛んだ時にジューシーさを伴った弾力が伝わって来て、簡単に歯切れてくれます。 勿論、味香にクセはなく、美味しく頂けました。

鶏団子も加わっていて、これは伊達鶏の鶏団子だったでしょうか? ミンチにされて少しショウガの風味も感じられます。 勿論柔らかく歯切れて、鶏肉の旨味が良く凝縮しています。

麺は福島市の「羽田製麺」さんへの委託製麺とされていて、福島県産の小麦粉ユキチカラの全粒粉ブレンドで、加水率低めのストレート細麺が合わせられています。

東北六縣堂 濃厚福島鶏白湯

さて肝心の濃厚鶏白湯スープですが、最初の一啜りでは、思ったよりも軽目の乳化具合に思えました。 でも鶏の旨味と油分がちゃんと一体化していて、グイッと押してくる旨味を少しエッジの利かされたカエシで抑え込んでいる感じ。

麺を更に手繰り続けて行くと、俄然箸にスープの粘性による手応えが増して来ましたw(*゚o゚*)w

(なんだこれ?( ̄ω ̄;))

と更に麺を手繰り続けて行くと、その手応えが益々確かになって来て、いつの間にやらスープのトロミが増して来ています?

東北六縣堂 濃厚福島鶏白湯

麺のグルテン分が徐々に加わった分だけとは思えない斬新な変化に戸惑います♪((*゚゚∀゚゚*)) コラーゲン分も豊富さも特筆もので、唇を拭ったティッシュペーパーがいとも容易く貼り付いてしまった(;゚д゚)

もうこの辺りまで来ると、麺を手繰る度にドッと乳化した鶏白湯スープも口中に溢れるほど持ち上げられるようになり、(あわよくば替え玉っ!)とたくらんでいたのに、スープがもうあまり残っていないww なんてスープを焚いてくれたのよ(>▽<)b クソが付くほど真面目な仕込みをしてますね♪

「岳温泉卵丼 (250円)」

東北六縣堂 岳温泉卵丼

こちらは先頃二本松市のご本尊でも提供開始となった、ご当地温玉を合わせた、新しいサイドメニューです。 二本松市の岳温泉の豊富な湯量と高い原泉温度を活かして、この度製品化されたばかりの食材です。

東北六縣堂 岳温泉卵丼

そこに鶏そぼろと豚バラの切り出しチャーシュー、そして小口ネギをたっぷりと合わせています。 岳温泉温玉の濃厚な黄身の味わいと、至極滑らかな舌触りが、ちょっと濃い目の味付けの鶏そぼろを見事にコートしてくれます。

更には鶏そぼろとごはんをレンゲ乗せにして、濃厚鶏白湯スープを足しますと、超絶ウマウマ鶏そぼろ雑炊になりますのでお試しを♪ これだけ楽しめてこのお足は魅力的ですね! 美味しゅうございました(〃∇〃)




麺処若武者 草加分店 東北六縣堂
埼玉県川口市新堀町8-10
電話;048-420-9020
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~22:00
定休日;さしあたり無休
駐車場;店舗裏に2台分(お店のノボリ旗が目印)


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4367-b64e8d3c