旧堀切邸のつるし雛飾り

今日は雛祭り。 雛祭りと言えば、昔はお家の大きさは別にして、大小を問わず雛人形を飾る風習が根付いていました。 そう言えば手狭だったボクのウチでは、ばあさんのお家に飾られていたのを眺めに行ってた気がしますσ( ̄、 ̄=) 女の子も授かったわが家では、ガラスケース入りの可愛いスモールサイズがありますよ(o^-^o) ってか、いつの間にか箱に入れてそのままどこかに収納したままになってるか・・・( ̄▽ ̄i)ゝ

近年県内の方々で「つるし雛」のイベントが行われるようになりましたが、飯坂町の観光文化交流施設「旧堀切邸」でも催されていると言う事で、こちらはお初の訪問です。

旧堀切邸
[2017/2/26 旧堀切邸]  <↑ Clickで拡大>

飯坂町には公共施設利用者用の無料駐車場が用意されており、歴史ある温泉町にありがちな駐車場の不便を全く感じさせません。 「旧堀切邸」自体を良く知らなかったのですが、初訪してみたら充実した施設とホスピタリティに驚きました。 入場・観覧は無料で、駐車場も無料。 場内には足湯&手湯もあり、驚くばかりの充実ぶりですw(*゚o゚*)w

旧堀切邸のつるし雛飾り #1
[2017/2/26 旧堀切邸のつるし雛飾り #1]  <↑ Clickで拡大>

さて、つるし雛ですが、こちらは飯坂婦人会の皆さんが、一針毎に心を込めて手作りされたとの事。 その数がハンパなくて、いったいどれだけの長い間準備を進めていたのかと驚きました(。-`ω´-)んー

旧堀切邸のつるし雛飾り #2
[2017/2/26 旧堀切邸のつるし雛飾り #2]  <↑ Clickで拡大>

つるし雛自体も大変多様なスタイルがあり、それらが所狭しと展示されていました。 ちょうどメディア関係者も取材していたり、街の案内ツアーの参加者が来たりと、なかなかの盛況でした。

旧堀切邸のつるし雛飾り #3
[2017/2/26 旧堀切邸のつるし雛飾り #3]  <↑ Clickで拡大>

かなり豪壮な旧堀切邸ですが、江戸時代から続く豪農・豪商の旧家を移築、復元し一部は新築されたそうです。 1,230坪もの敷地に主屋、蔵、使用人の控え部屋など、沢山の建築物があります。 つるし雛ばかりに気を取られて、隅々まで観て来なかったのは不徳と致すところです。

旧堀切邸のつるし雛飾り #4
[2017/2/26 旧堀切邸のつるし雛飾り #4]  <↑ Clickで拡大>

そんな中、やはり目を惹くのは主屋の作り込みの良さでした。 ただ移築して修繕、公開するだけではなく、種々のイベントの開催への柔軟な対応と、9時~21時までとされている公開時間などは、とても官製運営とは思えないものがあります。

旧堀切邸のつるし雛飾り #5
[2017/2/26 旧堀切邸のつるし雛飾り #5]  <↑ Clickで拡大>

有名な温泉地という場所柄を良く考えた運営スタイルは、立派なモデルケースだと思いました。

旧堀切邸のつるし雛飾り #6
[2017/2/26 旧堀切邸のつるし雛飾り #6]  <↑ Clickで拡大>

窓辺に挿された花モモの枝は、戸外から窓越しに見たらてっきり生花かと思ってました。 これも布地を一針毎に縫い上げられた手作りだと分かって驚きましたw( ̄▽ ̄;)w

旧堀切邸のつるし雛飾り #7
[2017/2/26 旧堀切邸のつるし雛飾り #7]  <↑ Clickで拡大>

この「つるし雛飾り」の公開は、3月5日までとなっていますので、まだ間に合いますよヽ( ̄▽ ̄)ノ  

コメント

こんなにあるとすごいですよね。
うちはにゃんずが破壊する可能性大なので、今年は出しませんでした。
2017/ 03/ 04( 土) 02: 44: 07| URL| ree# -[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4342-9b56467c