中華料理 蘭々亭 ~福島県郡山市本町~

前々から訪問機会を伺っていた、郡山市本町の「蘭々亭」さんにようやく初詣しましたo(*^^*)o 実は先月上旬にも一度潜入を試みましたが、夜の部が貸し切り営業に当たってしまい、固く再訪を決意しておりました。

お店の裏手に2台分だけ駐車スペースが用意されており、ここにデポして暖簾を潜ります。 「蘭々亭」さんは、地元の古参食堂愛好家には知られている通り、今は伝説となってしまった「すいらん亭」「東々亭」さんと実の兄弟です。 三兄弟がそれぞれ中華食堂で身を立てたという、ちょっと珍しいストーリーも絡んでいます。

中華料理 蘭々亭

お品書きはなかなか豊富です。 後から気付いて気になって仕方ないのは「コロッケカレー丼」w( ̄▽ ̄;)w カレーコロッケではなく、コロッケカレーですから、カレーライスのコロッケ付きなのか? カレーライスと同価格ってところも、謎を深める一因です( ̄ω ̄;)

何を頂くかを決めていなかったので、お店の方に尋ねながら理解しました。 「五目焼そば」はあんかけではなく、醤油味の焼きそばだと。 あぁ~、確かにアリますね。 伝統店では、あんかけタイプでは無い事は珍しくありません。

「天津丼は甘酢餡仕立てですか?」

と尋ねたら、ちょっと想定外の答えが返ってきました(゚ロ゚屮)屮 決めた、それにする! 楽しそうだもん♪ヽ( ̄▽ ̄)ノ

「天津丼 (850円)」

蘭々亭 天津丼

出てきた時から我が目を疑いましたΣ(゜▽゜;) 丼盛りでも皿盛りでも無く、重盛りってのは、中華食堂では希有なものじゃないでしょうか? 天津卵焼きも器用に重折りのカタチに合わせて、ピッタリとパズルがはまっているようです。


具材は椎茸、タケノコの水煮、ネギがメインで、薄目に下味の付けられたそれを、タップリの溶き卵で包み込まれるように焼き上げられています。

蘭々亭 天津丼

大変個性的な特徴は、典型的な白餡や甘酢餡ではなく、ナントかつ丼の丼ツユが掛け回されていると言うのです!(〇o〇;) 確かに甘じょっぱい丼ツユが程良く天津卵焼きに掛け回されており、また白飯にも丼ツユが回っています。

口に運んでみると、天津卵焼きのからの軽い香ばしさや、ネギの香り、椎茸の旨味成分と食感は丼ツユと違和感無くマッチしちゃってます。 しかも意外とこの重折には白飯が詰め込まれていて、なかなかのボリュームになっています。

蘭々亭 天津丼

このやや濃ゆい味わいの組合せを、共添えの中華スープと冷や奴が支えてくれて、これまたなかなか好きパートナーです(〃∇〃)

玉子丼は丼ツユで煮ますが、これはそれに非ず。 天津丼に独自の解釈を加えたオリジナリティーのある天津丼です。 食べ進めている内にふっと卓上配置のウスターソースに気付きました。

(この甘じょっぱい丼ツユなら、もしかしたら・・・)

蘭々亭 天津丼

と、ちょいとウスターソースをかけてみたら、想像した通りの面白い相性が出現しました! 喜多方の有名ラーメン店さんのかつ丼の如くに、甘じょっぱい丼ツユにスパイシーなウスターソースは見事にマッチしちゃいました♪ 喜多方のかつ丼を好きな方にお薦めする楽しみ方です(#^.^#)

それにしてもこのハライッパイはどうしましょ(|||´Д`)ゞ 夕食は自然と軽目にしたくなるかも。 楽しかった! また訪問したいと思います(>▽<)b




中華料理 蘭々亭
福島県郡山市本町2-20-1
電話;024-934-7300
営業時間;不明 ※夜の部は17:00からの模様
定休日;不明
駐車場;店舗東隣の敷地内に2台分


 

コメント

天津丼!?∑( ̄∀  ̄;) これが?(笑)
お重にびっしりなんてめちゃ変わってますね(笑)

無芸さんでも満腹になるんですね(^^;) 
私だったら食べられないな…(;´∀`)

街の中華屋さんは面白いメニューを揃えてますねw
2017/ 03/ 02( 木) 22: 47: 48| URL| ハートペンギン# -[ 編集 ]
 
こういった独自性のあるメニューに出会えると、とても楽しいもんです(*^▽^*) きっとハートペンギンさんも、多くの伝統店さんを楽しんでおられますから趣味性はアリなのでは?(((*≧艸≦)

食べ切れない? シェア食すれば大丈夫っスよ♪v( ̄∇ ̄)ニヤッ と、何気に背中を押してみるww
2017/ 03/ 03( 金) 11: 13: 12| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4341-3700d4d0