あまの食堂 ~福島県耶麻郡猪苗代町~

今週の日曜日に、ようやく今年の初撮りに北塩原に出掛けました。 檜原湖畔の奥に入り込んでいたので、朝食を摂る場所も無く、いつの間にか帰途に就く時間になりました。 当然すっかり腹ペコです(>▽<;; 先輩カメラマンお二方と、とにかく何か食べたいね!って事で、先立って初訪していた猪苗代駅前の「あまの食堂」さんを推薦しました。

あまの食堂

「ソースかつ丼が食べいたね!」

その一言で決定ですv(o ̄∇ ̄o)♪ 最近テレビ番組でも紹介され、とみに脚光を浴びている「あまの食堂」さんですから、先輩カメラマンさまもその名は承知してました。 まだ開店間もなくだったお陰か、先客様はお一方だけ。 おでんを肴に昼酒を楽しんでおられます。 あぁ~~、これも良いもんですね(*^-^)

さて、この暖簾を潜ったからには、やはりボクもお目当ては「ソースカツ丼」ではありますが、店内にはニボシの香りがフワ~~っと漂っていて、前回は「ソースカツ丼」とのダブル・オーダーを自重して諦めた「中華そば」のスープの香りであるのは明白な訳でして・・・(。-`ω´-)んー

「中華そば (500円)」

あまの食堂 中華そば

店内に漂っていたニボシの香りは、やっぱりこのスープの元でした(*^▽^*) 載せモノはバラ肉チャーシュー、ホウレン草のお浸し、ナルト、刻みネギと“食堂ラーメン”の定石を踏んだモノです。

あまの食堂 中華そば

驚きはこのニボシの使われ方です(;゚д゚) スープの表層に、ニボシの銀鱗が浮いていて、スープ自体にニゴリが見られるほどの使われようです。 失礼ながら“食堂ラーメン”でこれだけ思い切りの良いニボシの使われ方をしているお店には初めて出会いました。

スープの味わいは、やはりニボシの風味と旨味がグイッと押してくるもの。 ちょっとトロミさえ感じられるほどの凝縮度があって、昆布や野菜、シイタケあたりからなのか、甘味が舌の真ん中に広がります。 動物系素材は、ちょっと掴みきれなかったのですが、豚ゲンコツあたりじゃなかろうか? チャーシューの下茹でも、ニボシ投下前にベーススープで行っているかも知れません。 醤油ダレはベーススープの甘味を削がない程度の利かせ方で、角の立たないマイルドなもの。 塩味も穏やかに感じられます。

あまの食堂 中華そば

バラチャーシューは、ちょっと小振りでそんなに期待していなかったのですが、これがとんでも無い大穴でしたΣ(゜▽゜;)

ウマいっ!w( ̄▽ ̄;)w

ナリは小さいけれど、脂身トロトロで、しっかりとチャーダレが染み入っていて、ちょっと甘口仕立てのスープに、キリッとした醤油テイストで味覚を楽しませてくれます。 油分が控え目なスープに、この脂身はまたとない絶妙なコンビネーションです(>▽<)b

あまの食堂 中華そば

麺は加水率が高そうな中からやや太目の熟成麺。 ツルッとした舌ざわりで、食感はあまり印象的とは言い難いですが、喉の通りが良くて、旨味豊かでちょっと甘めのスープと共に、スルスルと箸が進む大らかさがあります。 ちょっと自分の地元には無いタイプの「中華そば」でしたので、その強い個性がキラリと光るように感じました(o^-^o)

尚、「あまの食堂」さんの「中華そば」をインターネットで調べてみたところ、過去の記録とはスープが全く異なっていました。 もしかすると、リニューアルしているのかも知れません。 今後更に変化していく可能性もありますねσ(゚・゚*)

「ソースカツ丼 (800円)」 (味噌汁、香物付き)

あまの食堂 ソースカツ丼

今回は「ソースカツ丼」も食べちゃった(〃∇〃) 前回から繰り越しのダブル・オーダーですΨ( ̄∇ ̄)Ψ 今回は店主さんの手になる調理でしたが、丼蓋が帆掛け立てにされて来ました。

「蓋に寄せて食べて下さいね」

って、女将さんから一言添えられます。 最初からソノ気で添えられてくる蓋なんですね。

あまの食堂 ソースカツ丼

細挽きのパン粉で包み揚げられた豚ロースのトンカツは、ちょっと粘性の高い自家調整ソースに潜らせてから、切り分けして千切りキャベツの布かれた丼に載せられて来ます。 衣剥がれも無く、きれいに揚げられたトンカツは、およそ150g程度だと思われます。 ごはんの分量に対して、やや大きめのアタマですね( *´艸`)

あまの食堂 ソースカツ丼

厨房から肉を叩く音は聞こえていましたが、高級ブランド肉で無くても、お見事な柔らかさで美味しく楽しめました。 自家調整のソースは、右隣の“伝説の名店・かくだい食堂”さんからの直伝。 甘味と酸味、スパイシーさ、そして濃ゆい味わいがキッチリと継承されています。 味のバランスとしては、やや酸味の押しに特徴がありますが、そこが飽きさせずに食べさせるキモになっているみたいです(* ̄∇ ̄*)

あと今回知ることになったのは、カツ丼の調理は2杯ロットでしか行わないと言うこと(゚ロ゚屮)屮 「ソースカツ丼」を3人前オーダーしたら、二人前しか出てこなかったので、てっきりボクのダブル・オーダーが通らなかったのかな?と思ったら、次のロットで大きく遅れて供されました。 ボクの次のお客様は二人組み。 お一方だけに供されて、もう一人前は次のロットで10分待ちといった、全く想定外のオペレーションです。

しかも、配膳の折にそのことは伝えられないので、初めて来店したお客様はキョトンとなる事請け合いです(^◇^;) 蓋の使い方よりも伝えなきゃならないのはソッチなんだけどなぁ~ その代わりと言っては何ですが、衣付けの前に肉を叩くところから再始動する手順を踏みながら、丁寧にトンカツを揚げていますので、大目に見てあげて下さいヽ( ̄▽ ̄i)




あまの食堂
福島県耶麻郡猪苗代町千代田扇田12-15
電話;0242-62-2064
営業時間;11:00~18:30 ※売り切れ次第閉店
定休日;不定休
駐車場;なし


 

コメント

先日はありがとうございました。
二八の蕎麦焼酎はまだ飲んでおりませんが、牛タンなどをあてにして飲みたいなと企んでおりますよ。(笑)

で、このラーメン
これは絶対食べておきたいですね。
ぶらっと西線で行ってみるのも良さげですね。
もちろん、ワンカップ持参で・・・
2017/ 01/ 25( 水) 10: 33: 53| URL| 近所のオヤジ# DL7C8m6w[ 編集 ]
 
いえいえ、とんでもございません。 ご来訪・御用達を頂き、ありがたく存知ます(o^-^o)

この中華そばが、果たしていつまで同じ仕様になるかは分かりませんが、なかなか個性的で心惹かれる味わいでした( *´艸`)

どうも昨年の「農林水産大臣賞」を受賞した、板下町の「キンタカサゴ醤油」が用いられているみたいなんですよσ(゚・゚*) 「ますや本店」さんも、この醤油らしいんです。 意外と侮れないかも知れませんよv( ̄∇ ̄)ニヤッ

お店では猪苗代町の銘酒「七重郎」も供されていて、何かとチグハグな面白さがあります。
2017/ 01/ 25( 水) 14: 37: 51| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
生パスタで気をよくした私は、娘のハイスクールバスケシーズンが終わったら、中華そばに挑戦しようと思ってます!!
2017/ 01/ 26( 木) 02: 25: 23| URL| ree# -[ 編集 ]
 
おぉ~~!w( ̄▽ ̄;)w 遂に、遂に、伝説の名店の血統が一肌脱ぎますかっ!O(≧▽≦)O 味の記憶、手繰りましょう(*^▽^*)
2017/ 01/ 26( 木) 19: 22: 12| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4298-504f61e2