生江食堂 (なまえしょくどう) ~福島県大沼郡会津美里町~

日曜日は久しぶりに朝から写真撮影に出掛けました。 あいにくな事にお天気はイマイチでしたが、前々から撮影してみたかった構図を試す事が出来たのは良かったです。

次の撮影地へと移動する途中、何だか見覚えのある景色が目に映りましたσ( ̄、 ̄=) 会津美里町の名店「生江食堂」さんの近くに立ち回っていたんですね(ノ゜ο゜)ノ 丁度時刻も開店間際。 ご同行の先輩カメラマンさんに、

「朝ラ~しちゃいませんか?(ノ´∀`*)」

ってお誘いしてみたら、二つ返事で同意してくれました♪

生江食堂

ってことで、この日の「生江食堂」の一番釜は頂きだぁ~!と、お店の前で開店を待ってたら、開店5分前になったら、次々と降着のお客様も列に加わり、流石の人気店の貫禄を見せつけられました(;゜∀゜)

「中華そば 中盛+豚ほぐし (600円+100円+150円)」 ※朝メニューの中盛無料サービスは終了の模様

生江食堂 中華そば 中盛

コントラストの高い、華やかな色合いの中華そばです。初っぱなから芳醇なニボシの香り立ちが鼻腔にを直撃します。

明るいアンバー掛かった醤油味スープは、スープの表面油膜こそ平均的に思えますが、キラキラとニボシの銀鱗が見えちゃうほどの高濃度ニボシテイストです。

生江食堂 中華そば 中盛

チャーシューは豚バラとモモ肉かな? どちらも柔らかくて、チャーダレの味が程良く染み入ってました。

生江食堂 中華そば 中盛

メンマは筋っぽさも無く、でも今風と言うよりも伝統的な昭和スタンダードの雰囲気です。 刻みネギはそれなりに臭辛いハズですが、ゴリコリのニボシ風味の中では、ほぼ気にならないと言うよりも、ガンバレ、負けるな!と応援したくなるほどスープのパンチが上回っています。

生江食堂 中華そば 中盛

自家製の多加水熟成麺は、平打ちタイプでしっかりと手揉みで縮れが掛けられています。 ツルッと滑らかな表面に、不均等に施された縮れの舌触りが、とても変化に富んでいて楽しい食感。

やや濃いめの醤油ダレは、塩味にシャープさがあります。 ニボシの甘味とビターさを伴った押しの強い旨味が無かったら、塩辛い!と思っちゃうでしょうけど、このメリハリの利いた味わいこそが、生江食堂の中華そばです(*^^*)

生江食堂 豚ほぐし

「豚ほぐし」は、まさにその名の通りに、チャーシューの端っこなとをほぐしたもの。 口に入れた瞬間から肉の旨味が花開き、ニボシ味で満たされた口の中を、スパッと染め直してくれますよ(o^-^o)




生江食堂
福島県大沼郡会津美里町高田甲2835
電話;0242-54-3068
営業時間;8:00~13:30 ※グランドメニューは11:00より。 売り切れ次第閉店
定休日;木曜日


駐車場;店舗向かい側に契約駐車場あり
 

コメント

撮影の途中で立ち寄る朝ラーは、良いですネ!
自分もバイクで経験しましたが、このスープが最高です♪出汁の濃さにブレがあることも承知の上、好きです(笑
2016/ 12/ 22( 木) 20: 14: 58| URL| sachs# -[ 編集 ]
 
そうそう、スープの旨味がギュギュッと濃いんですよね。 若干しょっぱいけど、これも他には無い「生江食堂」の持ち味でしょう。
2016/ 12/ 23( 金) 18: 43: 08| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4265-1f416976