第1回 ふくしまラーメン祭り2016 『BASSO DRILL MAN』

「第1回 ふくしまラーメン祭り2016」の三杯目は、店主さんの2号店となる「中華そば しながわ (東京・池袋)二年連続“ミシュラン東京 ビブグルマン”獲得「BASSO ドリルマン (東京・西池袋)さんの「定休日の味噌そば BASSO HOLIDAY」を頂きました(o^-^o)

ふくしまラーメン祭り2016 BASSO DRILL MAN

店主・品川さんの故郷秋田県産の味噌を使っているそうです。 この味噌そば、こういった屋外イベントではなかなか手こずる、スープと具材をその場で炒め合わせて調味するという手法を執ってます。

ふくしまラーメン祭り2016 BASSO DRILL MAN

味噌の味わいは、最初の印象では想像していたほど押して来ませんでした。 それよりも、しっかりとした弾力と、滑らかな舌触りの角の立てられた中太麺の存在感が先行しました。

ふくしまラーメン祭り2016 BASSO DRILL MAN

食べ進んでいく内に、徐々に麺表面のグルテン分がスープに独特の一体感を醸し出し始め、そこからがこの味噌そばの真価が輝きを増してきた印象です。

ふくしまラーメン祭り2016 BASSO DRILL MAN

最後に控えていた、トンデモ鶏白湯に警戒して、チャーシュー増しにしなかったのはボクの失策でした(;>_<;) だって品川さんの低温ロースチャーシューったら、舌に絡み付くようなしっとりとした舌触りにジューシーさに加え、外側をバーナーで炙ってくれたお陰で、力強いスモーキーさとちょっぴりのビターさが、上品な味噌スープに絶妙にマッチしてたんです!

いや、これも凄かったなぁ~(*^^*) 高次元バランスはインパクトを感じさせない中に、ちゃんと凄みを効かせているんですね( ̄▽ ̄;)

ふくしまラーメン祭り2016 魂麺

自分の胃力の無さで、残念ながら食べる事を断念した「魂麺 (千葉・市川)さんでしたが、お店の人気メニューとなっている「大分のからあげ」が販売されていたので、こちらでその片鱗を楽しませて頂きましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ

ふくしまラーメン祭り2016 魂麺 大分からあげ

うめぇ~!!(;゚д゚)

なんじゃ、このからあげ?!w( ̄▽ ̄;)w 見た目は何の変哲も無さそうなのですが、唐揚げの隅から隅まで旨さにムラがない? ジューシーさは勿論だけど、この“どこから食べても美味しさ不偏”って、実はスゴイ事だと思いました。

出待ちの間に、丁度このからあげの仕込みが行われていて、どうも下処理の丁寧さにそのカギはあるように思えました。 あまりの美味しさに「たなつものSHOKUDO」の廣田さんも、そのヒミツを手に入れたと言いますから、もしかすると再現されるかも知れません♪
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/4251-b188d356