FC2ブログ

枡はん ~福島県郡山市本町~

ここ二年前ほどから、とても気になるラーメン屋さんがありました。 その名は「枡はん」

かなり歴史を感じさせるお店ですが、ココの「濃口ラーメン」ってのが、漆黒スープに中細ストレート麺を組み合わせた、郡山の伝統的なラーメンを今に伝える、非常に希有なものであると言われております。

誰が言い出したか「郡山ブラック」。(^^;) 無芸にとっては、この漆黒のスープのラーメンは、今は無き名店「ますや分店」のスタイルであり、また物心付いた頃から喜んで食べていたラーメンそのものであります。

今から40年前くらいでしょうか。 母方の実家が「ますや分店」の直ぐ近くにあり、質素だけれども楽しい毎日(日中はそこに預けられていた)を母方の実家界隈で過ごしておりました。

勿論、その「ますや分店」のあたりは、無芸の遊び場であり、お店の周囲にはいつもチャーシューを煮る、香ばしい濃口醤油の香りが漂っておりました。

毎週日曜日ともなると、両親と共に母方の実家に行って、昼食に「ますや分店」の漆黒ラーメンを出前して貰い、美味しく食べてから「うすいデパート」に行くのがお決まりのコースでした。

幼稚園の時には、既に一人前のラーメンを完食しておりましたな…(^^;) ハハハ、思えば昔から大食らいでしたわ。(自爆)

ラーメン 枡はん


そんな思い出の詰まった「ますや分店」も、今から4年くらい前に廃業してしまい、思い出の漆黒ラーメンとは“生き別れ”となっておりました。

「枡はん」さんだけは、昔からそれと同じく漆黒スープでラーメンを供し続けている、極めて希な存在です。 お店の界隈には駐車場が無く、なかなか出向く機会を逸しておりましたが、たまたまスクーターで近所まで出向いたので、思い立って初めて立ち寄りました。

「間違ってもデート向きのお店ではありません。」

その情報の通り、旧い町の食堂がそのまま40年前からタイムスリップしたような感じ。(^^;) 店内のお客様は、どう見ても常連客ばかりのようです。

カウンターの隅っこに席を取り、「濃口ラーメン」をお願いしました。 還暦過ぎと覚しきおばさまが二人で切り盛りしており、その手さばきは昨今のラーメン専門店さんのようなキレはありません。 麺上げなんかも、「ハハハ、そんな風で大丈夫?」ってなくらい、のんびりしたもの。(^^;)

一遍に五人前くらいを茹で上げ、のんびりとしたペースで仕上げております。(^^;)

「濃口ラーメン (500円)」

枡はん 濃口ラーメン


どうですか? これが噂の「郡山ブラック」! ハハハ、本当に漆黒ですねぇ~

出汁の味が分からない…(-_-;) と言うのは、カエシがチャーシューの煮汁だと思うんです。 ショウガのフレーヴァーと、生醤油独特の酸味、そして微妙な甘味が渾然一体となっており、出汁の組成が全く掴めませんでした。

おばさんがカウンター越しに「しょっぱくない?」と声を掛けてくれましたが、無芸的にはセーフ。 やや固めに茹でられた中細ストレート麺は、湯切りも緩かったけど、全然OKでした。 食べ進む内に、漆黒のスープが麺に染みこんで、段々色が移って来るあたりは、「ますや分店」と同じでした。

不思議な味だわ。 「ますや分店」のソレとは、絶対違うのに、どこかしら懐かしさを感じてしまいます。

エアコンの無い店内で、大汗を掻きながら、スープも最後の一滴まで完食。 一体何なのだろう? この得も言えぬ満足感は… もしかして、郡山ジモティーのDNAに訴えかけるテイストなのでしょうか?




枡はん
福島県郡山市本町1-14-3
電話;024-922-6279
営業時間;11:00~15:00(月~土)、11:00~14:00(日、祝)
定休日;不定休
駐車場;なし  

コメント

うわっ・・クロ・・・。
チャレンジしてみたいようなi-271
しかし、このところ・・・
夏休みだけに、ご家族揃われての美味しそうなお店のご訪問の連続。
ブログご訪問させていただく時間を躊躇するほど、目にも満腹中枢にも毒ですi-229
2007/ 08/ 25( 土) 01: 46: 44| URL| キャサリン# -[ 編集 ]
 
うちの近所にもこういうらーめんあります。
超混雑らーめん店ですが、わたしも高校の通学で
よく食べていた店です。
以外と、色の割合よりしょっぱくない感じなんですね

昔は、エアコンがないなんて当たり前でしたが、
最近は、ないと堪えますねえーーアハハハあっぢ!
2007/ 08/ 25( 土) 07: 14: 05| URL| ララオ0181# -[ 編集 ]
 
枡はんさんはお店もラーメンも素朴で、そして懐かしさがあって好きです。
駐車場ナシが痛いのですが、スクーター圏内の無芸さんが羨ましい(^.^)

地ラーメンのような、この手の真っ黒いスープのお店って郡山に他にあるんですかね?
2007/ 08/ 25( 土) 07: 57: 44| URL| ウーロン# -[ 編集 ]
 
キャサリンさん
この漆黒のスープ。 今の時流では“反体制”と言えるほど“危なそうな雰囲気プンプン”かも知れません。(^^;)

多分、醤油の指定ブランドに因る処が大きいと思います。 色合いからは想像できないくらい、塩気はノーマルなのです。

しっかりと熟成の掛かった醤油は、色合いと旨味は濃さを増しますが、反面塩分は旨味成分へと化学変化を起こして、天然の減塩醤油と化して行きます。

子供達は月曜日から学校が始まります。 只今、夏休みの宿題と格闘中です。(^^;)
2007/ 08/ 25( 土) 12: 57: 48| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
ララオ0181様
チャーシューの煮汁をカエシにしたラーメンって、昔は普通にアリアリでしたよね。 これが肉汁の旨味がたっぷりで、得も言えぬ美味さなんですけど…

多分、塩分はチャーシューに相当移ってしまっているのでは無いでしょうか? 因ってカエシの量が増える→色合いが漆黒に… といった連鎖ですかねぇ? そんな訳か、決してしょっぱいラーメンではありません。

お店の前に立った時、入り口が開け放ちになっていたので、「エアコン無しですよね…」って覚悟致しました。(^^;)

年季の入った壁掛け扇風機が一台。 小上がりにはブラウン管のテレビが据えられ、高校野球甲子園大会の準決勝が流されていました。 ハハハ、何か凄くない? まるで「三丁目の夕日」の世界だわ。
2007/ 08/ 25( 土) 13: 05: 09| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
ウーロンさん
確かに懐かしいと言うか、郷愁を誘われると言うか、不思議な吸引力のあるお店でした。

ウーロンさんもご存知の、復活なった「ますや本店」ですが、コチラはやはり「分店」の伝統テイストとは違いますネ。 お孫さんがレシピノートを元に、味の記憶を辿って復活させたと言いますが…

やはり「ますや分店」の大きな特徴は、醤油にあったと思います。 昭和40年代前半に、初代から二代目に代替わりしましたが、時を同じくして醤油屋さんが廃業してしまい、二代目は常連客から「味が変わった」とか「二代目は下手だ」とか散々言われました。

気の毒な背景でしたけど、20年くらいかけて、何とか「ますや分店の味」を固定なさったようです。

この手の「漆黒ラーメン」は、無芸よりもウーロンさんの方がお詳しいのでは無いでしょうか…(^^;) ただ色合いだけなら他にもありますけど、中細ストレート麺という、もう一つの要件を満たしているのは、現状ではやはり「枡はん」さんだけしか知りません。
2007/ 08/ 25( 土) 13: 14: 55| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 
こんな色のスープのって始めてみました。
私もしょうゆ味が好きなので興味あり、です。
私的にはこう言うところにデートで一緒に行ける仲っていいな♪と思いますよ~。
2007/ 08/ 25( 土) 22: 12: 53| URL| ree# nJDHedgo[ 編集 ]
 
reeさん
確かに他ではあまり見ないかも知れませんネ。(^^;) ハハハ、こんだけ黒いと、健康に悪そうですけど…

醤油の濃ゆいフレーヴァーが、たっぷりと堪能出来る事、請け合いですヨ♪

それでもそれでも… ヤッパリ、このお店はデート向きではありませぬ。(大汗) 彼女がドン引きする事は、まず間違いありません。
2007/ 08/ 26( 日) 13: 27: 39| URL| 無芸大食# KVUpfCRI[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://est61.blog60.fc2.com/tb.php/423-cac9f947